信長の野望・嵐世記…
安くなっていたので、『PS2版』の「信長の野望・嵐世記」を買ってやってみました。
(PC版とは違うトコがあります)


※追記が点在する、表記がマチマチなど乱雑だったので、少し修正してみました。下にまとめましたが、以前と違うので、ご迷惑をおかけしております。o(_ _)oスミマセン。


随分、前に「烈風伝」をプレイしたのですが、そんな記憶が無くなるくらい久しぶりの「信長の野望」。リアルタイムの戦闘に加えて、当時あまり良い評判では無かったし、途中からかなり長い期間「太閤立志伝Ⅳ(4)」に入り浸っていたのでパスしていました。

さすがにそんな評判も気にせず楽しめる年齢になったか?と思っていましたが…

Σ(゚д゚lll)ガーン

がっかり…orz。

初めに選んだのが「諸王の戦い」という架空シナリオの今川氏真で、配下にジョン欠地王と劉禅だけで、難しかった…というのもありますが、別の所ではこれが逆に良かったと思うくらいで…。



まず一番印象的なのは、「一向一揆?」で『史実で強かった大名が消える消える』。

かなり大きな勢力だった織田信長、上杉謙信が、一向衆などに国を奪われて、家臣が離れ、滅亡。
(土地の減少→小隊数減=減報(減俸)→出奔・寝返り)

たしかに弱小大名でプレイしていると助かる部分があるんですが、その後もいきなり兵力が多い武将を多く抱える強力大名として居座る始末。

「か、架空のシナリオだから、そんな事があっても問題ないネ…」と自分に言い聞かせるも、他のシナリオでも同じことが起きるのが目に浮かぶ…。

コレは他のシナリオに手は出さない方がいいかも。
まだ、信長が生まれる前とかのシナリオだとあまり知らないので、まだ思い入れが無くて大丈夫そうですが…。

さらに、滅亡した有力大名本人や配下の武将が、強い勢力にさっさと登用されていくのが痛いっ!
ひとりくらいウチに来てくれよ…強い勢力がさらに強くなる始末。

劉禅唯一の特技「登用」に全然引っかからない。
名声の低さも気になったが、見つからない事自体は関係ないかと。

ちなみに、知人はゲーム開始次の月に「ウィルウォレス(ウィリアム・ウォレス)」が劉禅の登用で家臣になったそうです。

そのウォレスや知識書が無いので井伊直政に振られているワタシ。数年後に姉小路自綱が来てくれるまで、能力60を超える人材はジョン欠地王しかいなかったのに。

結局は運か…。



次に『諸勢力』の影響力が強すぎる。

先ほどの一向一揆などもそうですが、敵に回られると困るので、色々と渡して懐柔しておく必要が。
弱小の今川家では必須だと思いますが、普通の大名でもおそらく有利に働く事間違いなし!

鉄砲や馬を買う余裕や使えない武将の知行を与える余裕があるなら、貢いで「親密」を保たねば。

オープニングが「忍者衆」、「水軍衆」、「商人(自治都市)」、「寺社衆」なので、もう他も「国人衆」としか見えません!力を入れたのは分かりますが、ちょっと左右され過ぎた感が。

コレは『諸勢力の野望』と言っても良さそう…。




『リアルタイムの戦闘が…』。

スピード抑えればある程度やれますが、操作がし難い。
それに、建物を避けずに迷ってウロウロして退路を断たれるとか、戻って来ても自陣に全然入らずに追いつかれて敵に壊滅させられるとか、無いよ…。
ほとんど自動戦闘の「源平合戦」の方がまだ良かったかと。

「1部隊のみ選択しても複数選択」されて指示できなかったり、敵がいないのに「城に入る指示を聞かない」とかはPS2版のバグでしょうか?

部隊(修正)を一度倒しても兵(小隊?)が残っていると拠点に戻って復活しますが、壊滅?して退却時に追撃して殲滅する事も。ただ、追撃して相手の城付近に移動したがために囲まれる事もあり、その辺りに気を付けたい。

後、水軍衆(7以上?)の鉄甲船の砲撃する所が決まっているのが…。内陸なら分かるが、海に面した城でも攻撃する所としないトコロがあり、固定砲台になっています。知っていたら、もう一つの城から落したっちゅうねん!面倒な大きな城から落し、楽な方残したにも関わらず、水軍衆見てるだけ(休憩所としては使えますが)って…。後述の問題もありますし…。



開墾もあまり必要にならないかと。

(弱小大名では)開発できる土地が少ないし、なかなか開発できないので、兵糧収入はそんなに多くならない。攻め取らないと「土地不足」になるし、「序盤」にじっくり開墾やっても、それほどのリターンは無いかと。

後で出てきた内政と統率が高い武将に、勲功を稼がせるのにおいておくという事も考えられますし…。



というのが、ひとまずやってみて思ったところ。

(「諸王の戦い」の今川氏真で)5年やって、武将の能力、兵力の違いが大きくジリ貧で、「三河」「駿河遠江」と「南信濃」の2城で足踏み。相変らず、德川家を倒した時に捕まえた井伊直政くらいで、有能な武将はほとんどいない…。

他が滅亡した大名武将を家臣にしていき、強くなっていくのに対して、自国は足踏み。武将の質だけでなく、兵士数が圧倒的に足りていないのも問題です…。

もう少しいろいろとやってみれば、何かしら糸口が見つかるのかもしれません。
ただ、時間がかかるので、暇になった時にでも頑張ってみます。




追記、修正部分


<諸勢力>
・他の大名と親密である勢力は、いくら貢いでもコチラとは友好止まり

忍者などで評判を下げたり、国人衆が大名家に仕官?などで親密度に変化もありますが…他にも親密でも一向一揆が起こった時に攻め込んでも国人衆が守備側につく(あちらの判定が先?)、親密な大名が無く、コチラと友好でも相手側につくという事(相手との親密度も)があり、「友好=味方や不戦、親密=必ず味方」という事ではないようで…。海を渡るのに船で送ってくれた「友好」の水軍衆に、戦場で敵になられるという事も。(下に追記)。


2015年8月5日追記+2017月6月22日修正

・水軍は友好で同じなら、守備側につく?

C家と親密な水軍がいて、1つの国にA家とB家がいた場合、A家とB家の戦闘だったとしても、A家が攻め込むとB家につき、B家が攻め込むとA家に味方する。コチラ(仮にA家)で最も高い友好にしていても、攻め込むと相手側(B家)につき、攻め込まれるとコチラに。海を渡るのに協力した水軍衆が直後に敵に回るので、そういう仕様なのかと…。

※国人衆と寺社衆は「中立の立場をとる」ので、水軍と修正しました。


2014年9月17日追記

・規模が小さくても頼れる

本願寺家がいなくなった「本能寺の変」シナリオ(姉小路家)で、何度か貢ぐと規模1でも「一向宗」が味方について、武将3人中2人「鉄砲隊」になってくれると、織田家が相手でも戦力としてかなり助かります。


2014年12月18日追記

・仕官してくれるのは嬉しいが…

諸勢力と「親密」の時、諸勢力出身武将がいると仕官を促す事ができたり、勝手?に仕官しにくる事が。ちなみに忠誠度は親密度とは関係なく、大名との「相性」や「義理」によって決まるようで。
コチラから頼んだ時は分かりますが、向うから仕官してきた時に忠誠度が低く、すぐに裏切られるとツッコミを入れたくなります…。
ある程度対策が出来ないのなら、有能な諸勢力武将は「仕官させずに戦場で味方として使う方がいい」。



・『商人の常駐』に「自治都市と親密」が条件という話もあるようですが…

シナリオ1の上杉憲政家では「親密」になって翌月から2カ月は商人が来ていなかった。「商業の高さ」とのサイトも(「都市の規模」や「都市との距離」なども影響があるのかも)…。

なお「商業」を持った武将が可能な「ふっかける」と「値切る」は知略の高さが成功率に繋がっているようで…2割ほど有利になる。
2人以上「商業」を持った武将がいるのなら、売って買って利益を出す事も可能です(修正…大砲、家宝以外)。ちなみに「兵糧」は「商業」がないなら「6月と7月に売る」「8月や9月に買う」のが良さそう…。
他にも「都市によって買える物の数」が違った(中央の方が数が多い?)り、「年によって鉄砲の価格」が違っていた(年代が後半になるほど安くなる)かと。「規模」や「友好度」も「取扱い数」や「金額」などに影響があるようで。※他家と親密で、「同じ友好でも、より親しい方が価格が有利」に。

2017年1月24日追記

・所持金通りの買い物はできない?

同じ月の同じ自治都市の商人でも、「持っている金の多さで物資の購入上限が異なる」。例えば、金9024と軍馬2489を持っている場合は兵糧3418(金4060分)までしか買えないが、軍馬を売って金11214だと兵糧4247(金5045分)が上限となる。家宝などを買って金5045以上あっても兵糧は2000ほどしか買えない。
兵糧は「所持金の半分ほど?」という感覚。多い方が買える数は多い場合もあるが、物資は無限に扱えるわけではないようで、馬などは早めに上限があるようですが…。

2017年2月9日追記

・「値切る」や「ふっかける」では、茶会は起きない?

(友好以上?で)茶器を持っている武将が、商人と取引すると「茶会イベント」がランダムで発生することがある。金200必要で、茶器がもらえたり、他の大名の情報が得られたりする。
ただ、「商業」持ちで交渉が成功した時に、「茶会」が起きた経験はない。ロードを繰り返してみたが、「通常売買の時のみ」起こる可能性があるのかと…。



2015年4月10日追記

・「暗躍」は「友好」がライン?

自治都市や忍びの里に頼んで、「諸勢力との関係」を左右する「他家への暗躍」や「当家の宣伝」。「友好」になると可能になるようですが、「暗躍」は時間の経過とともに使えなくなる事が…。ゲーム開始時には可能だった大名家を選べなくなったり、最終的には暗躍の選択肢自体がなくなるというケースも。

少し試してみたのですが、おそらくは「その諸勢力と「友好」の大名家には暗躍が使用不可」になるのかと。上級では「親密」にするのが難しい部分があるので、出来れば「他からの暗躍」は避けたい所。


・国人衆の開墾が先?

石高に余裕があったので「開墾」を選んでいたが、「開墾できるところありません」と言われ、全く上がらず。対して、国人衆は規模が上がって石高も増えていた。


2015年6月3日追記

・朝廷から資金援助

たまに公家が来訪している時に茶器や軍資金を提供して官位を得たりする事が可能な朝廷勢力。軍資金が1000未満だった場合、朝廷から1000を賜る事が…(1ターン前に下向が決まっている?)。親密度が疎遠よりも上である必要があるのかもしれないが、軍資金が増えた上に少しだけ親密度も高まる?


2015年7月21日追記

・本願寺はランペルールのスペインか?

攻め込まれて迎撃を繰り返し、忍びも送り込んでおり、兵が少なくなった事も確認して本願寺に攻め込んだのだが、相手の兵士数が一気に増えていた…。
回復月でもない上にフル回復のようで、武将数が多いだけに影響があり過ぎる。義勇軍イベントでもあるのか、たまったモノでは無い。

向うが攻めてくる分には回復はしない模様…。



<戦関係>

2016年9月23日追記

・初歩的な所から…合戦ではまずは「士気」。

まともに当たれば、今川氏真では5部隊フルの状態でも、能力の高い徳川家の1部隊の武将に苦戦し、ほとんど相手になりません。相手が3、4人にもなると…。ただ、相手の「士気が低い状態」だと、通用します。この時を逃さないようにしたい。しかし、士気が0になると退却を始め、城で回復を図ろうとしますが、「退却する部隊に追いつけない」という事があるので、タイミングが難しい。それに鼓舞?されて士気が回復するという事もあるので…。出来る限り相手の拠点より遠い所で戦いたいトコロ。

序盤からでも士気が下がるのが、「城への攻撃」。多勢だったり、防御力の低い城の場合は難しいですが、ある程度の城なら「籠城」して攻め込ませるのが常套手段かと。後は部隊の壊滅、援軍や加勢、裏切りなどによっても上下します。


2014年10月5日追記

・城ごとに士気?

「総大将」を壊滅すると、「その勢力の他の武将」の『士気』が一気に下がります。
それ以外の「武将」が壊滅した場合もそれなりに下がるかと。ただ、「士気が下がる武将のくくり?」は「出陣した城」によって分かれているような…。
相手勢力が複数の城から出陣した場合は、「所属城の武将毎」に倒して行った方が、効率がいいかもしれません。


2015年3月28日追記

・将を射んと欲すれば先ず馬を射よ!

攻撃時に「敵総大将を壊滅する」と、「敵の士気が一気に下がり」、「城の抵抗(居城?)の回復がなくなる」かと。

いかに総大将を速く倒すかがポイント。ただ、PS2版では武将部隊?を倒しても城に敗走するので、追撃が必要(武将のアイコン?を中心に見ていたワタクシだけかもしれませんが…)。城などに逃げられ、他に兵(小隊)が残っていれば、残り分で復活。さらに敗走する部隊を追撃して殲滅する事もあるのですが、なかなか上手くいかない(騎馬隊なら上手くいくのか?)。しかも、部隊数が少なくなると城から出てこない…。

そこで先に「他の部隊」をある程度叩いておきたい。細かい指示ができなくなるPS2版の仕様?(バグ?)では非常に面倒ですが、1つずつ見て「総大将ではない部隊(小隊)」を攻撃。部隊数を減らしてから、総大将を!

簡単に「総大将ではない部隊(小隊)」を倒せるという事でもないんですが…。


2016年3月29日追記

・総大将がいない城は、抵抗の回復がない

知らない方もおられるようなので…。城に総大将がいると、攻撃を受けていない時に「抵抗」が回復します。大名がいる場合は大名ですが、いない場合は他の武将が総大将になっているかと。その武将が場外に出ている時に壊滅させれば、城を落としやすくなります。または、敵が複数の城を支配している場合は、大名がいない方の城を攻める方が落としやすいはず。

逆に自軍の城に総大将がいれば回復するので、粘れそうな場合には、まったく攻撃されていない城に総大将がいるよりも、移動して回復した方が耐えやすいかと。


2016年3月30日追記

・固定砲台の弊害から敵に回る?

水軍衆の鉄甲船が固定されているという話を上げましたが…攻撃できる範囲に国人衆らの拠点がある場合、有無を言わさずに「中立」でも砲撃してしまいます。国人衆との親密が別家で、自国と敵国ともに友好でのMAXと思われるので、中立でも戦闘が有利になっているとコチラに味方する可能性があるのですが、開戦直後に敵に回られる…。開始すぐに依頼をしても砲撃は止められない。

ちなみに水軍衆が「敵についた時の砲撃」でも、「味方につけての砲撃」でも「国人衆は相手側」に。コチラが攻撃側でも守備側でも「砲撃で相手側につく」という事で、もう『仕様』としか思えない…。

さすが上級?といった所か(苦笑)。


2017年6月22日追記

・漁夫の利が可能な攻城戦

大名が自家と相手だけの場合は問題ないが、複数の大名家が絡んだ場合には注意が必要。いくら城の抵抗を99%以上自家が減らしていたとしても、最期の一撃が味方(同じ攻撃側か守備側)の他家の攻撃だと、その家の所属となる模様。特に士気が下がりやすく回復のために続けて攻撃が難しいと他家に奪われる可能性があり、タイミングが求められる。
なお、味方についた諸勢力の場合は、大名家1対1ならついた大名家のモノになる。複数の大名家の場合は下記で。

・戦闘時の味方諸勢力は、名声が上の大名家の手下?

1つの国で3つ以上の大名家が入り乱れた戦闘になった場合、諸勢力が味方につくと「名声がより上の大名家」の旗下となるようで。旗下の「諸勢力」が落した城は、その名声トップの家の所属となる。
ただし、「一揆」の場合の諸勢力は大名家扱いになるらしく、こちらが味方についても、自ら落さないと自家の城にはならないので、気を付けておきたい。



<内政>

2016年3月28日追記

諸勢力で前述しましたが、国人衆が開墾を行っており、総開墾高が決まっているようなので、開始直後から「国人衆との土地の取り合い」が始まっているかと。国にある城をすべて支配して、検地をすれば国人衆の土地を奪う事も可能。開墾は国人衆にやってもらうというのも一つ。特技の「検地」が必要になりますが…。



<武将>

・浪人は流浪する

「浪人」はある程度「移動」しているようで、滅亡後などに少し離れた大名家に仕官している事も(日向や土佐で滅亡した武将が周防長門で登用されるなど。)。大名だった武将を登用している場合に、浪人(その大名の旧家臣)の方から仕官しにくる事も。自分が滅ぼした場合はどうなのか分かりませんが…。


2015年1月27日追記

・武将の忠誠度を決めるのは…

上記の諸勢力の所でも書いてますが、どうやら忠誠度を決めるのはまずはマスクデータ?の「相性」。諸勢力と仲がよかろうが、他国での忠誠度がいくら低かろうが、自国の武将になって忠誠度が高くなるという事ではないようで…。諸勢力からの仕官や、隣から出奔してきた武将の忠誠度が低いという事は多く、気をつけないと「お荷物」になりかねない。元服した石川康長にその月のターンが来る前に裏切られた今川氏真…。

史実でも家臣だった武将や、遠方だが相性が近いという武将を知っておくと、グッと楽になる。

次は同じくマスクデータ?の「義理限」で、高いほど忠誠度が上がりやすいのでは?「義理限」が低く、「義理」が同数になると、それ以上は「褒美」を与えられない、あるいは「家宝」を与えても上がらないかと…。
ただ、同数でも加増したり、月々仕えている(義理限に達していなくても1月になると上昇?)とそれ以上にも上がっていく様子。

2015年7月9日追記
軍団長で忠誠度を上げる裏技でも義理限までなので、「加増」は「忠誠度を義理限まで上げた(上がらなくなった)後」にするのがいいかと。


2015年7月4日追記

「相性」では

「織田信長」と「足利義昭」が最も離れており悪く、同じく信長と離れている本願寺顕如と足利義昭との相性はいい。家臣も同じようになるが、「明智光秀」は義昭や顕如に近い…。「武田信玄」と「上杉謙信」もほぼ対極に位置している。

身内でも相性は違っている場合もある。ちなみに上杉謙信の養子である「上杉景虎」は実父・北条氏康と近くなっている。

諸王の戦いでは、三国志同様に「曹操」、「孫策」、「劉備」がそれぞれ同じ距離感で三つ巴。「信長」で考えると「武田信玄」、「毛利元就」が似たような位置関係。「曹操と信長」、「孫策と信玄」、「元就と劉備」は相性がいい。


2015年8月1日追記

忠誠度100でも出奔して浪人に…

家臣の中には相性がよく、早い段階で忠誠度が100になる場合が。しかも統率が低かったり、兵種が「荷駄」だったりすると加増する必要がないように感じる。ところが、ずっと加増せずに放っておくと出奔して浪人になる事が…。

使えない武将はともかく、政治や知略が高かったり、「荷駄」を任せていた武将に去られると痛い。


2015年8月27日追記

・勢力の拡大よりも序盤の武将?

上級でも諸勢力や他家を使ってある程度勢力拡大が出来るのが嵐世記かと。ただ、ある程度「勢力が大きくなる」と、よってたかって「忍者による物資強盗?」や「武将の引き抜き」をしてくる。能力の高い大名や武将がいる勢力は問題ないだろうが、弱小大名からスタートした場合にはかなり厳しい。持って行かれ放題に、忠誠度下げられまくり。物資もこたえるが、やはり「弱小から」の場合は武将が痛い。ただでさえ、なかなか配下に加わらない上に、忠誠度を上げにくい。さらに義理限が低い武将だと目が当てられない。説得で引き抜かれないようにしながら来たのに、あっさり出奔された日には…。

序盤に能力の高い武将を確保して、ある程度で勢力拡大を止め、時間をかけて忠誠度を上げていくのを優先すべきかと。武将を得るのは戦場でも可能なので、「敢えて国を取られる」という選択肢まで見えてきます。

「人は石垣、人は城」


2016年1月30日追記

武将から要人へ?

シナリオ「諸王の戦い」の「森田浄雲」プレイでの事。戦闘中に願証寺の『要人』に「鈴木重秀」を発見…。鈴木家が滅亡して浪人になっていたので探してはいたのに見つからず、戦死か?と思っていたら、まさか寺社衆に…。さらに「津川義冬」が代表要人?で「分部光喜」までも所属。重秀は出自から可能性はありそうですが、後の2人はシナリオ開始時は織田家所属で、特に寺社などの出自でもなかったのだが…。

イベント「願証寺炎上」が起きており規模は1に。本願寺家と親密になっており、配下を送り込んだかのように…。光栄だけに『「源平合戦」の朝廷』と同じ仕様?それともバグ?

ただ、コレが確認できたのは1回だけなので、架空武将の増加の影響からくる処理の影響かも。確認するにしても上手く織田家がイベントを起こしてくれるとは限らない。願証寺イベントには比叡山延暦寺も絡んでくるだけに…。家臣として登用できるかを確認するにしても、寺社出自がいない事やすでに統一した国だけに親密に出来ておらず、上級という事もあって本願寺家を倒せない現状では何とも…。




<外交>

2015年7月10日追記

「友好度」って…

今作は「同盟」が無い。かといって「友好度」が高くても、忍びを使って邪魔をしてくるし、ある程度になると引き抜きをかけてくる。特に「高いから友好的」というワケでは無い。隙を見せればすぐに攻め込んできたりもする。

さすがに他国すべてと友好度が低いのは問題だろうが、期待しても裏切られる事の方が多いような…。



<その他>

2014年8月22日追記

・上級に関して

少し序盤をやってみたんですが、初級とは「戦闘での違い」などは、あまり実感できず(諸王の戦い・今川家という事もありますが…)。

「奉行数が少ない」「敵の諸勢力の取り込みが早い」というのが感じた所。敵に先に親密になられる事が多いので、友好止まりで不戦→敵」なら後に回すという事で、意外と物資が手元に残りました。ただ、「戦力としてアテに出来ない、或いは敵が増える」という意味では、中途半端な物資が残る事よりも痛いかと。

序盤だけですが、他国の攻略自体は出来なくもないようなので、攻略速度が落ちるのが一番大きい違いでは?

2015年6月9日追記

上級では「敵の諸勢力の取り込みが早い」という事で、一度親密から下がると自国が親密にしにくい。初級で容易(たやす)かった諸勢力にお願いする…兵士数を回復する「徴兵」、さらに「諸勢力にいる武将の勧誘(特に複数)」が難しくなる感が…。他家の親密を下げる事がうまくできればいいのだが。




このブログの嵐世記関係の記事は…「カテゴリ別の信長の野望 嵐世記」で…。


[PR]
by a_doctrinaire | 2012-08-18 16:20 | 信長の野望・嵐世記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/16655295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 札幌記念の予想候補 2012 北九州記念の傾向 2012 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク