エルムSの傾向 2015
札幌ダート1700mで行われるGⅢ「エルムステークス」。


昨年は開幕週の7月末に行われたが、97年からは9月上旬、06年辺りから中旬、12年から8月末に行われていた。一昨年は札幌のスタンド改修工事の影響もあって函館開催、09年は新潟開催だった。


開催時期が違うが、札幌開催分のデータを載せることに。


 エルムSの傾向 (札幌開催10回の連対馬データから) 2015


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OP5戦3着、ダート重賞エルムS8着、平安S15着、シリウスS5着」のトシザボス


次点は「OP2着」。

「OPは2戦して2着と5着、ダート重賞はJCD3着と平安S3着」の05年時のジンクライシス


次々点は「OP勝ち」。

「(ダート)重賞初出走」のローマンレジェンド(12年時)とマコトスパルビエロとウインデュエル
「重賞5戦してエルムS3着やアンタレスS4着など」のクリークパッション
「重賞2戦で根岸S3着とブリーダーズG4着」の10年時のオーロマイスター
「重賞はユニコーンS3着のみ」の04年時のパーソナルラッシュ


残り12頭には「重賞連対」があった。



<距離>
全馬に共通するのは「1700m以上勝利」。

ただ、1800m以上が「端午S11着のみ」の3歳時のパーソナルラッシュ以外には「1800m以上勝利」があった。


ちなみに「1700m以下初」のクリノスターオーと12年時のローマンレジェンドがいる。



<コース>
「札幌連対」11頭、「初出走(芝除く)」9頭。

札幌ダート重賞がコレしかないので、中央開催をメインに走ってきた馬には縁遠いコース。
初出走でも問題ないが、走っているなら結果がほしい。



<脚質>
「先行」13頭、「マクリ差し」7頭。

だいたい1000mの通過は58.8(不良)、59.3、60.7、60.3、59.6、61.2(稍重)、59.9、60.0、59.8、60.2。

直線が短い事もあって4コーナーまである程度の位置まで上がっていないと厳しい。



<その他>
1番人気4連対、2番人気4連対、3番人気3連対。

4番人気2連対、5番人気2連対、6番人気2連対、7番人気2連対。残りは8番人気。
頭数が11~13頭に落ちつく影響もあってかあまり大きな荒れは無い。

3着は10、1、6、3、1、5、8、1、10、6番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は17頭。

先行やマクリが多いが、上がりは速い馬が多い。
4コーナーまでに早い位置取りが求められる事も影響しているかと。



「年齢」は…

「5歳」7連対、「4歳」6連対、「6歳」3連対、「3歳」2連対、「7歳」2連対。

4歳と5歳が中心だが、3~7歳と幅広く絡む。「3歳」は9月開催時だが…。



「鞍上」は「岩田康誠」騎手の3連対。

「横山典弘」騎手、「吉田豊」騎手、「藤田伸二」騎手の2連対と続く。



「札幌」のレースだが、札幌10回で18頭中10頭に「東京重賞3着以内」があった。
残りは「東京重賞不出走」か「東京GⅠ1戦(11着)のみ」なので、出走数が多いならチェックしておきたい。



10年で4頭が「複数年連対」。

札幌ダート重賞は1つしかないので、巧者に取っては結果が出やすいのかと。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-08-12 01:39 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22015279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 関屋記念の予想候補 2015 関屋記念の傾向 2015 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
菊花賞の傾向 2017
at 2017-10-17 00:28
平成30年のJRA開催あれこ..
at 2017-10-16 21:33
秋華賞の結果 2017
at 2017-10-16 00:04
秋華賞の予想 2017
at 2017-10-15 09:16
菊花賞出走予定馬の血統 2017
at 2017-10-14 11:33
秋華賞の予想候補 2017
at 2017-10-14 02:36
府中牝馬Sの予想 2017
at 2017-10-14 02:31
府中牝馬Sの予想候補 2017
at 2017-10-13 20:42
秋華賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-13 10:15
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク