札幌2歳Sの傾向 2015
札幌1800mで行われる2歳GⅢ「札幌2歳ステークス」。


勝ち馬からはレッドリヴェール、ロジユニヴァース、アドマイヤムーン、ジャングルポケット、2着からはゴールドシップやアヴェンチュラ、3着からはヤマニンシュクルやテイエムオーシャンなど「後のGⅠ馬」が出ており、注目したい1戦。


13年は札幌スタンド改修の影響で函館開催だった。札幌開催分10回をチェックする。


 札幌2歳Sの傾向 (札幌開催過去10回の連対馬データから) 2015


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

細かくみると…

「新馬勝ち」8頭
「未勝利勝ち」5頭

未勝利の内、「新馬3着、未勝利5着、1着」のオリエンタルロック以外は「新馬2着、未勝利1着」。


残りは7頭は「中央OP連対」。OP2着は地方出身馬。

OPや重賞が少ない事もあって、半分以上が「初勝利直後」なので素質を見極められるかがポイントか…。


ちなみに函館開催の年は「新馬勝ち直後」と「新馬1着とコスモス賞3着」。



<距離>
全馬に共通するのは『1500m以上勝利』。

ただ、1500mや1600mまでの馬は「1800m以上への出走がなし」だった。
「出走があるなら1800m連対」はクリアしてほしい。


函館開催は「1600m勝ち」と「1800m勝ち」。

ちなみに03年に「1200m1戦のみ」のアズマサンダースがいる。



<コース>
「札幌連対」16頭、「初出走」4頭。

コスモス賞2着のイグゼキュティヴ以外は「札幌勝ち」。

以前は函館から札幌というケースが多かったが、まずは札幌で結果が出ていた。最近は2歳戦が東京と阪神からスタートしており、その影響が出てきているようで。


函館開催時は「阪神勝ちのみ」と「福島勝ち、コスモス賞3着」。



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」10頭、「差し」7頭、「追い込み」2頭。

1000mは61.2、60.0、61.6(稍重)、61.0、61.7、60.3、61.6、61.9、61.6、60.4とあまり速くならない。

13~14頭に落ち着くし、馬場状態もあって後ろからも届いているが、前が有利か。


函館開催時は「差し」と「逃げ」で、1000mは64.0(不良)。



<その他>
「人気」は1番人気7連対、2番人気2連対、3番人気3連対。

5番人気4連対、6番人気2連対で、残りは4番人気と11番人気。
「1~6番人気」がほとんどで人気薄が1頭だが、03年も10番人気と8番人気なので、たまに荒れる。



「上がり3ハロン3番手以内」は10回で16頭。

該当しない馬は「逃げ馬」か「2番手から4コーナー先頭」と「3番手」。上がりが出せる馬が有利。
逃げ馬でも上がり2番手を出している馬もおり、良い脚を使う馬を選びたい。



「鞍上」は札幌10回分で現役で…

「横山典弘」騎手、「藤岡佑介」騎手、「岩田康誠」騎手、「藤田伸二」騎手らが2連対。
函館開催時を入れると岩田騎手が3連対で抜けて、「柴田大知」騎手も入ってくるが…。



「馬番」は札幌10回分で「11番」の5連対がトップ。

「3番」が3連対、「2番」「4番」「6番」「7番」「13番」が2連対ずつ。
頭数が12~14頭という事もあるだろうが、やや偏りがあるようにも…。



「前走」では札幌10回分で19頭が「1着」。

2着は「地方出身馬」の「コスモス賞2着」で、高いレベルでの敗戦はセーフか。
ただ、函館開催の昨年に「コスモス賞3着」から連対があったので、メンバー次第では可能性が…。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-09-01 01:09 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22101680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新潟記念の傾向 2015 新潟2歳Sの結果 2015 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク