平成28年のJRA開催あれこれ発表
平成28年(2016年度)のJRAの開催や日程などがひとまず発表になりました。


個人的に関係のある平地重賞は…



開催日程

1月5日(火)を第1節として1日開催、第2節は1月9~11日に3日開催。
中山金杯と京都金杯は1月5日(火)、フェアリーSが1月11日(月・祝)

3月は19~21日までを中山・阪神・中京の2日ずつを3日開催で2場ずつに振り分け。
フラワーCが3月21日(月・祝)

10月10日(祝・月)と12月23日(祝・金)も開催して3日開催。
京都大賞典が10月10日(祝・月)


月曜の祝日でも9月19日の敬老の日は来年はスルー。


毎年言ってますが、月曜開催は降雪や台風の影響がでない事を願うばかり…。



重賞の変更等

・紫苑ステークスを重賞競走に格上げして、3着までに優先出走権を与える

新設以降、本番で絡んだのが新潟代替開催時に1頭と関連性は薄いが格上げとは…。重賞になる事で関西馬の出走が増えれば、今後は絡む可能性が少しでも増えるか。

ローズSからの栗東留学で成功例も出て、関東馬のレベルアップも言われており、変に関東に重賞を増やす必要性をあまり感じないのですが…。



・阪神牝馬ステークスを1400mから1600mに、福島牝馬ステークスの負担重量を変更

京都牝馬Sの距離短縮もあってか、阪神牝馬Sの距離延長…ただ、阪神1600m重賞の乱立してません?紫苑Sが格上げなど中山2000m重賞と同じく増やしたい理由があるんでしょうか…。

福島牝馬Sは海外馬の55キロを54キロ、日本馬53キロを54キロ…対外的な部分のようで。



・昨年発表されていた愛知杯を1月に施行し、京都牝馬Sを1400mにして2月に

1年前の予想?(「平成27年のJRA開催あれこれ発表」)が的中ぅぅうっ!いや、こういうのが当たっても…。

「ターコイズSの昇進」の影響で「愛知杯が左遷、停職を経て復職」し、「京都牝馬Sの異動」。馬じゃないンですが池井戸潤さん風味で、よしだみほさんの「馬なりに1ハロン劇場」に登場しないかな…。



・サウジアラビアロイヤルカップが「GⅢ」へ。ターコイズSは新設重賞から重賞へ変更

サウジアラビアRCは、いちょうS新設から数えて3年目なのでその格上げかと。
ターコイズは2年目なので、翌年がGⅢになる手前という区別のためでしょうか?






他の変更や有馬記念の増額などは、また後日発表されるようで…。





追記


「賞金の増額」

有馬記念の1着賞金が2億5000万から3億円に。他もGⅠの一部が300万円の増額となる。


「見習い騎手の減量の期間が延長」

若手騎手の騎乗環境を整え、騎手の育成を図るために見習い騎手の負担重量を3年から5年に延長する。2016年3月1日より。

勝利度数100回以下の騎手で、騎手免許取得後「3年未満」→「5年未満」に変更。

参考までに載っていた減量する重量は…

30回以下は3キログラム(▲)
31回以上50回以下2キログラム(△)
51回以上1キログラム(☆)


減量の影響もあってか、若手騎手が新馬勝ちするケースも増えたかと。




この辺りが気になったトコロ…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-10-20 00:02 | 競馬(開催等) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22361931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 菊花賞の傾向 2015 秋華賞の結果 2015 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク