菊花賞の傾向 2015
京都3000mで行われる3歳GⅠ「菊花賞」。


皐月賞、東京優駿(日本ダービー)と共に3歳クラシック3冠レースの最後の1冠。ただ、昔と比べると距離適性や種牡馬価値なども考えて、天皇賞(秋)に出走する馬が増えた。その影響もあってか、一時期と比べるとその後活躍する馬が減っている。

開催が早まって京都新聞杯がトライアルではなくなった頃が1つの転機だったと考える。


 菊花賞の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2015


【実績】
最低連対ラインは「1000万2着」。

該当するのは1600万以上が…

「すみれS5着、セントライト記念3着」のフォゲッタブル
「不利のあった神戸新聞杯3着のみ」のトーホウジャッカル


次点は「1000万勝ち」。

1600万以上が…

「神戸新聞杯3着のみ」のビッグウィークとオウケンブルースリ
「中京2歳S(1800m時)5着、毎日杯8着(0.4秒差)」のスリーロールス


次々点は「OP連対」。

「OP2着、重賞が東スポ杯2歳S6着、青葉賞4着、神戸新聞杯3着」のサトノノブレス
「OP1着、重賞は京成杯3着と京都大賞典3着」のアルナスライン


残り13頭は「重賞連対」。
その内「重賞がラジオNIKKEI賞2着と神戸新聞杯3着」のソングオブウインド以外が「GⅡ以上連対」とGⅠらしさ?が垣間見られる。

全体でも19頭に『GⅡ3着以内』があり、まずはコレがラインになりそう。


「GⅠ」では、8頭が「GⅠ連対」、9頭が「GⅠ初出走」。残りは「GⅠ3着と10着」と「GⅠ11着と8着」と「GⅠ11着のみ」。



少し延ばしても「青葉賞13着のみ」のデルタブルースや「神戸新聞杯6着のみ」のヒシミラクルなど、スリーロールスと同じような「1000万勝ちで重賞1戦」が勝ち馬におり、距離適性次第では通用する。


低いラインでは01年に「500万勝ち、900万9着、1000万10着、3着」のマイネルデスポットがいる。
スローで逃げて粘った展開もあったが、その辺りでも可能性は残る。



【距離】
全馬に共通するのは「1800m以上勝利」。

1800mまでしか連対がなかったのは2000m以上が…

「2000m未勝利5着と2000mの弥彦特別(1000万)5着」のスリーロールス
「ラジオNIKKEI杯8着、皐月賞11着、東京優駿8着、神戸新聞杯12着」のフローテーション


2頭とも「血統的魅力」があったのも影響があったか…。


次点は「2000m連対」。2200m以上が…

「神戸新聞杯3着のみ」のトーホウジャッカル(不利あり)とビッグウィーク
「青葉賞4着と神戸新聞杯3着」のサトノノブレス
「2200m以上出走無し」のソングオブウインド
「東京優駿3着のみ」のドーリムパスポート
「東京優駿10着のみ」のアドマイヤジャパン


次々点は「2200m」。

2400m以上が…

「京都大賞典3着のみ」のアルナスライン


残り9頭は「2400m以上連対」。


「早い時期に賞金加算すると長い距離に出走する機会が少ない」事や「競馬界の中距離重視への移行」などもあって、近年増えてきた「1800m勝利」で問題ないかと。



【コース】
「京都連対」13頭、「初出走」3頭。

残りは…

「新馬10着のみ」のトーホウジャッカル
「新馬3着、未勝利4着、4着」のスカイディグニティ
「きさらぎ賞4着のみ」のウインバリアシオン
「新馬11着と京都大賞典3着」のアルナスライン


普通の距離なら特に難しいコースではないので、あまり気にする必要はないのかも。



【脚質】
「先行」7頭、「マクり差し」7頭、「差し」5頭、「追い込み」1頭。

1000mは60.9、61.2(不良)、60.9、60.6、61.0、59.9、58.8、60.7、58.7、61.2と長丁場らしくそれほどペース速くならない事が多い。
初めと最期の1000mは平均前後が多く、グッとペースが落ちるのは1000~2000m。

直線でバラけやすく後ろからでも通用しているが、3コーナーの下りで一気にペースを上げられないので、3~4コーナーまでにある程度の位置につけている馬が多い。


10年で見ない「逃げ」だが、勝ち馬は98年のセイウンスカイ、2着は01年にマイネルデスポットがいる。



【前哨戦】
「神戸新聞杯」16頭、「セントライト記念(2着か3着)」2頭、「野分特別(1000万1着」1頭、「京都大賞典3着」1頭。

着順は、神戸新聞杯の12着フローテーションと5着アドマイヤジャパン以外は「3着以内」。


ちなみに低いラインだと…02年に「札幌記念13着」のファストタテヤマ、01年には「セントライト記念4着」のマンハッタンカフェ、「鳴滝特別(1000万)3着」のマイネルデスポットがいる。



【血統】
実績や状態だけでは結果に結びつかない事があるのが長距離GⅠ。

そんな時に見え隠れするのが『血統』かと。

菊花賞や天皇賞(春)で連対したり、産駒が活躍している種牡馬から狙ってみるのも一つ。

ただ、以前と比べると影響力はグッと下がっており、あくまで「添える程度」で。



【その他】
「人気」は1番人気6連対、2番人気2連対、3番人気1連対。

4番人気2連対、5番人気2連対、6番人気2連対、7番人気2連対、8番人気2連対で、残りは15番人気。
1番人気は多い方だが、他の上位人気が苦戦しており、2~8番人気が横並びとその辺りまでは十分チャンスがある。


上位人気の2番人気や3番人気が苦戦している。

「3コーナーの坂の上がり下り」と「ゴール前を2度通る」、「3000mの距離」は、どの馬にとっても初めてなので、「展開や折り合い」などの他の影響を受けやすいようで。

いつも以上に「不安定な要素」が多いと考えておきたい。




「上がり3ハロン3番手以内」は10年で16頭。

先行勢の割合を考えると「上がり3番手以内」に該当している馬は多い。
ただ、早めに仕掛けた方が有利で2頭はそれで勝っている。残り2頭は勝った有力馬から離された2着争いを早めに制した?感じ。


勝ち馬が2着よりも前の位置取り」が多い。

10年でソングオブウインドとディープインパクト以外のココ8年は3コーナーまでに2着より前で競馬をしていた。
余程良い脚があるか、腹をくくらない限りは、早めに動く方がいい結果になっている。




鞍上は10年で「横山典弘」騎手、「内田博幸」騎手、「武豊」騎手の2連対で並ぶが、後はバラバラ。

昔は「長丁場は騎手で買え」と言われたが、最近は若手騎手が人気薄で絡んだりと、あまり気にしなくてもいいかも…。


昨年は外を回って前に馬を置けなかった人気2頭が大きく敗れた。岡部幸雄さん曰く「スタートからコーナーまでの短い距離で内に入れて我慢させることができるかどうかがポイント」。秋華賞もレコード決着で馬場の良く、上位3頭ともが内の近い位置にいた馬だったので、その辺りが大きかったようで。




以前から強い「神戸新聞杯組」だが、2400mになってから「上位3頭中1頭は本番でも絡んで」いる。
「前哨戦としての相性の良さ」は2000mでもあったが、距離延長でますます結びつきが強くなってきた感がある。

一昨年の秋華賞のローズSのような事があるので、「絶対とは言えない」が、1頭は入れておきたい。



10年で連対馬はすべて「関西馬」(3着はいる)。

11年前にホオキパウェーブが2着、14年前にマンハッタンカフェが1着などもあるが関東馬が苦戦している。
輸送などの影響なども考えられる。



10年で「GⅠが東京優駿のみの勝ち馬」の出走が1頭だけ。

東京優駿勝ちで出走したのは「2冠馬」オルフェーヴル、メイショウサムソン、ディープインパクトと3冠のかかった馬ばかり。
昨年のワンアンドオンリー(9着)以前は01年のジャングルポケット(4着)までいない。

路線変更した馬や牝馬もいるが、数年延ばしても故障が目立つ。3歳春の高速馬場が影響しているに思える。

今年も春の2冠馬が故障…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-10-20 00:20 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22362006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 菊花賞3着の傾向 2015 平成28年のJRA開催あれこれ発表 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク