富士Sの傾向 2015
東京1600mで行われるGⅢ「富士ステークス」。


ココ10年の平均配当が3連複で7万6593円、3連単が54万8028円と「荒れやすいレース」。配当が大きかった09年と10年を除いた8年でも3連複の平均が3万6982円ほどなので、『馬券の妙味』があるかと。


今回は「3着に人気薄が絡む事が多い」ので、3着馬も連対馬の後に調べておきます。


 富士Sの傾向 (過去10年の連対馬と3着馬データから) 2015


<実績>
まず連対馬の最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPは米子S9着のみ、関屋記念3着と京成杯AH4着」の07年時のマイケルバローズ


次点は「OP勝ち」。

重賞が…

「毎日杯3着、皐月賞5着、セントライト記念4着」のステファノス
「7戦して富士S3着、京都金杯5着、NHKマイルC6着など」の14年時のシャイニープリンス
「初出走」のダノンヨーヨー
「シンザン記念6着のみ」のタニノマティーニ


残り15頭は「重賞連対」。



3着も「1600万勝ち」。

「OP出走なし、朝日CC6着のみ」のスズカフェニックス

次点は「OP連対」。

重賞だけ見ると…

「NHKマイルC6着、ラジオNIKKEI賞5着」の13年時のシャイニープリンス
「東京新聞杯3着、鳴尾記念5着、朝日杯FS8着」のヒットジャッポット
「新潟大賞典6着、金鯱賞8着、新潟記念6着」のバトルバニヤン
「エプソムC5着のみ」のトウショウカレッジ

残り5頭は「重賞連対」。



<距離>
連対馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

ただ、1600mまでだったのは1800m以上が…

「東スポ杯2歳S13着、弥生賞12着、東京優駿15着」のクラレント
「中山記念7着のみ」のリザーブカード
「1800m以上出走なし」の07年時のマイケルバローズとタニノマティーニ
「1800m以上出走なし(シリウスS(1700m時)3着)」の06年時のキネティクス


それ以外の15頭には「1800m以上連対」があった。



3着は「1400m連対」。

1600m以上が…

「NHKマイルC6着とラジオNIKKEI賞5着」の13年時の3歳シャイニープリンス


残りは「1600m以上勝利」。

1800m以上が

「1800m新馬9着、未勝利7着、皐月賞13着、ラジオNIKKEI賞8着」のガルボ
「1800m以上出走なし」の09年時のマイケルバローズと05年時のキネティクス
「エプソムC5着のみ」のトウショウカレッジ

以外は「1800m以上連対」。


数をたくさん走っていたり、高いレベルでない場合は「1800m以上連対」がほしい。



<コース>
「東京連対」15頭、「初出走」1頭。

残りは…

「東スポ杯2歳S13着、NHKマイルC3着、東京優駿15着」のクラレント
「1000万3着のみ」のダノンヨーヨー
「東京優駿4着、毎日王冠4着、富士S13着、東京新聞杯11着」のマルカシェンク
「1600万3着のみ」のタニノマティーニ

左回りは得手不得手があるので、3~4着くらいは走れている方がいい。



3着は「東京連対」6頭、「初出走」1頭。

残りは…

「NHKマイルC4着、富士S6着、OP7着」のレッドアリオン
「東スポ杯2歳S4着、NHKマイルC6着」のマイネルラクリマ
「エプソムC5着のみ」のトウショウカレッジ

コチラも重賞掲示板(5着)程度ならセーフ。



<脚質>
「先行」9頭、「差し」9頭、「追い込み」2頭。

1000mは59.4、59.7、57.6、59.6(不良)、58.3、58.3、57.9、58.2、59.7、58.3で速くなる事も多い。
直線も長いが、ペースの割に3週目でも意外と前が残る。


3着は「先行」4頭、「差し」4頭、「追い込み」2頭。
割合では連対馬と同じような感じなので、全体的に同じような傾向にある。



<その他>
「人気」は1番人気2連対、2番人気3連対、3番人気2連対と苦戦中。

4番人気2連対、5番人気2連対、6番人気2連対、11番人気2連対で、残りは7、9、12、14、16番人気。
「1~6番人気」はそれほど違いがなく、二桁人気も絡んで堅くはない。

3着は5、14、14、5、13、15、7、8、1、1番人気とコチラも二桁人気が多い。



上位人気で4着以下だったのは

「東京GⅠ4着以内」
「東京1600mGⅢ連対」
「マイルCS3着」
「前年の勝ち馬」
「東京OP以上勝ちの3歳」
「前走勝利」

など。人気を集める要素が多々あった。

対して「休み明け」「一叩きした前走が微妙」「前走好走もコース違い」「脚質」など、怪しい部分も見受けられた。
東京1600mは「実績」や「近走」などが結果に繋がらない事も多く、判断が難しい事は憶えておきたい。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で連対馬は11頭。

差し馬の割合が多いが該当していない馬が多く、待っていては危い。
「中団あたりから最速が使える」なら問題ないだろうが、脚を溜めるだけでは厳しい。

3着も10年で5頭。4頭が「最速」で連に届いておらず、内2頭は2着馬と同じ最速タイ。
上がりだけ速くても連は難しい。



10年で鞍上は「田中勝春」騎手の4連対がトップ。

「戸崎圭太」騎手と「柴山雄一」騎手の2連対が続き、「岩田康誠」騎手、「勝浦正樹」騎手らの1連対+3着1回が追う。
少し延ばすと「武豊」騎手や「蛯名正義」騎手、「横山典弘」騎手の名も上がってくるが、若手が絡む事も多く、騎手だけで買うのは難しいかも。



年齢では10年で「1~3着まで」は…

「3歳」7頭
「4歳」7頭
「5歳」9頭
「6歳」4頭
「7歳」2頭
「8歳」1頭

5歳が抜けているが3~5歳が中心。高齢馬も絡む事がある。

ちなみに連対馬に限ると「5歳」7連対、「3歳」4連対、「4歳」4連対、「6歳」3連対、「7歳」2連対。

「上位人気で4着以下」に敗れた馬は「3歳」7頭、「4歳」2頭、「5歳」6頭、「6歳」5頭、「7歳」1頭なので、信頼?しやすいのは「4歳」で、「3歳」や「5歳」「6歳」は見極めが大事になりそう。



「7月以前の休み明け」は3着までの30頭中7頭。

連対では5頭で、ココ5年では4頭と以前と比べると増えてきている。
秋のGⅠ前の前哨戦と比べるとハッキリしておらず、この辺りも予想の難しさに繋がっているのかと。

「一叩き」も7頭なので、16頭が「2叩きか使われてきた馬」が最も多い。



人気の要素にもなる「東京1600mGⅠ」実績は10年で1~3着馬は…

「東京1600mGⅠ4着以内」4頭
「東京1600mGⅠ5着以下」12頭
「東京1600mGⅠ出走無し」14頭


対して「上位人気で4着以下」は…

「東京1600mGⅠ4着以内」10頭
「東京1600mGⅠ5着以下」3頭
「東京1600mGⅠ出走無し」8頭


全く買わない事も出来ないが、積極的に買うのも危うい。





[PR]
by a_doctrinaire | 2015-10-22 00:35 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22370502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 菊花賞の枠順決定! 2015 菊花賞3着の傾向 2015 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク