アルゼンチン共和国杯の傾向 2015
東京2500mで行われるハンデGⅡ「アルゼンチン共和国杯」。


連対馬からトーセンジョーダン、アーネストリー、スクリーンヒーロー、ジャガーメイル、アドマイヤジュピタなどが、後にGⅠ馬になっており、「遅れてきた大器」が現れるかもしれない。


 アルゼンチン共和国杯の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2015


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPは3歳に4着と5着。重賞2戦セントライト記念9着、新潟記念5着」のムスカテール
「OP出走なし、重賞3戦菊花賞8着、目黒記念4着、宝塚記念8着」のトレイルブレイザー
「OP出走なし、重賞3戦日経賞4着、新潟大賞典5着、エプソムC10着」のアーネストリー
「OP以上出走無し」のジャガーメイル


次点は「OP2着」。

「重賞5戦ラジオNIKKEI賞5着、セントライト記念7着、目黒記念8着、ステイヤーズS5着、オールカマー3着」のクリールカイザー
「重賞初出走」のアドマイヤジュピタ


次々点は「OP勝ち」。

「重賞2戦して札幌2歳S4着、オールカマー4着」のルルーシュ


残り13頭には「重賞連対」があった。


重賞に出走があった馬の中で「GⅡに出走が無かった」トーセンジョーダンと「GⅡ休み明けセントライト記念9着のみ」のムスカテール以外には『GⅡ4着以上』があった。



<距離>
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

2000mまでだったのは、2200m以上が

「オールカマー5着のみ」のアスカクリチャン
「2200m以上初」のトーセンジョーダン


次点は「2200m以上勝利」。

「2400m以上出走なし」のアドマイヤジュピタ


残り17頭には『2400m以上勝利』があった。



<コース>
「東京連対」14頭、「初出走」2頭。

残りは…

「目黒記念4着のみ」のトレイルブレイザー
「エプソムC10着のみ」のアーネストリー
「500万3着、メトロポリタンS8着、目黒記念15着」のサクラセンチュリー
「東京優駿12着、アルゼンチン共和国杯5着」のマーブルチーフ

「1戦のみ、あるいは3着か重賞5着」くらいはセーフ。



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」7頭、「差し」12頭。

だいたい1000mの通過は58.4、59.6、58.9、60.2、58.4、60.8、58.8、58.6、57.8、60.7で、距離を考えると少し速い。
直線もが長い事もあり、後ろからが多いが、前も粘れる。




<その他>
「人気」は1番人気3連対、2番人気6連対、3番人気4連対。

4番人気3連対で、残りは7、10、11、14番人気。
半分の5年は「上位人気同士」の組み合わせ、3年は「上位人気が1頭」は絡んでおり、まずは1~3番人気を1頭は選んでおきたい。

3着は3、3、6、8、9、10、1、9、6、2番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で13頭。

直線も長いのでいい脚を仕えそうな馬を選びたい。
ただ、先行勢も絡むので、最後方などでじっくり待っているのは危い。



ハンデは10年で53~58.5キロで平均56.25キロ。中央値は56キロ。

他のハンデ戦と比べると少し重めかと。
軽量は1年延ばすと50キロが1頭いるので可能性は残る。

トップハンデは57~59キロでのべ16頭で1着2頭、2着3頭、3着2頭。
さすがに59キロは4着や5着とお奨めできないが、58キロ以下なら50%なので…。



鞍上は「横山典弘」騎手の3連対がトップ。

ただ、それ以外はバラバラで、ハンデもあって若手やマイナー騎手も多い。
ジョッキーだけで選ぶのは少しコワい。



「前走」は10年で16頭は「5着以内」。

「オールカマー6着」のフェイムゲーム
「札幌記念14着」のミヤビランベリ
「宝塚記念9着」のトウカイトリック
「京都大賞典6着」のアイポッパー


以外は

「1000万勝ち、1600万連対」
「OP1着か4着」
「GⅡ5着以内」

と、ある程度は走れていた。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-11-05 00:17 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22455478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< みやこSの傾向 2015 ファンタジーSの傾向 2015 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク