マイルCSの傾向 2015
京都1600mで行われるGⅠ「マイルチャンピオンシップ」。


春の安田記念と双璧をなす古馬マイルGⅠ。以前はかなり堅い印象のレースの時期があり、途中で大きく荒れはじめ、堅く収まりだしたかと思うと、荒れてみたりと数年毎に「流れ」みたいなモノが出たりするレースなのかと。


 マイルCSの傾向 (過去10年の連対馬データから) 2015


【実績】
最低連対ラインは「重賞2着」。

該当するのは…

「ラジオNIKKEI杯5着、京成杯7着、ダービー卿CT2着、京王杯SC12着、富士S9着」のマイネルファルケ
「マイラーズC2着、安田記念8着、スワンS3着」のフィエロ

前者は、重賞5戦で2着1回、他も「0.4秒差以内」とおおきく負けていないが、ココ10年で見ても1000mの通過が1番遅い年で、メンバーや展開面もあったかと。

後者は、重賞3戦でGⅡ2着と3着と底を見せておらず、当日も3番人気。


次点は「重賞勝ち」。

「富士S1着」のダノンヨーヨー

この重賞1戦のみで、本馬が1番人気と出走メンバーの部分が大きかったか…。


残り17頭は「重賞勝ち+重賞連対」。
重賞連勝後に調子を崩したハットトリック以外の16頭が『GⅡ以上連対+重賞連対』。


GⅠは「GⅠ連対」12頭、「GⅠ3着」3頭、「GⅠ初出走」2頭、「安田記念8着のみ」1頭、「安田記念9着のみ」1頭、「天皇賞(秋)7着と安田記念15着」1頭。



【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

ただ、1600までだったのは1800m以上が…

「スプリングS4着と毎日王冠6着」のグランプリボス
「東京優駿15着のみ」のエーシンフォワード

数をあまり走っていなかった。


残り18頭は『1800m以上連対』。
馬場の内側が荒れてきており、外を回らされるケースも多いので、コレを中心に考えたい。

「1800m勝ちで1600m以下初」のトーセンラーが「距離短縮」でやれている。



【コース】
「京都連対」17頭、「初出走」2頭。

残りは「スワンS8着とマイルCS8着」のフィフスペトル

関東馬で3歳時に休み明けと次走で共に「0.5秒差」と悪くなく、その後に阪神でファイナルS2着と輸送はこなせていた。


あまり難しいコースではないと思うので、輸送以外に大きな問題はないかと。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」6頭、「差し」12頭、「追い込み」1頭。

1000mは56.7、58.3、58.0(稍重)、58.6(稍重)、56.7、58.7、57.9、58.0、57.5、57.1で、ペースが遅めの年には「逃げや先行」が絡むが、基本は後方からが多い。



【前哨戦】
「天皇賞(秋)8、1、9、1、6、7着」6頭、「スワンS(3、2、1、8、1着)」5頭、「富士S(7、1、1、9着)」4頭、「毎日王冠(1、5着)」2頭、「京都大賞典3着」1頭、「スプリンターズS6着」1頭、「府中牝馬S1着」1頭。

着順はGⅠの天皇賞(秋)はともかく、スワンS8着や富士S9着などでも可能性はある。
8頭は1着なので、1頭は入れておきたい。



【その他】
「人気」は1番人気6連対、2番人気1連対、3番人気4連対と上位は半分。

4番人気4連対で、残りは5、8、11、13、14番人気。
出走メンバーなどにもよっては二桁人気も絡むが、1~4番人気が中心。



上位人気で4着以下に敗れたのは10年で…

「GⅠ3着以内かGⅠ初出走」
「海外馬」
「天皇賞(秋)組」
「実績不足」
「距離久々」
「京都初や実績なし」
「先行馬」
「追い込み」

など。4、5着に来ている「天皇賞(秋)組」は惜しい内容も多かったが、他は傾向的に危うさもあった。
連対馬にも該当しているケースもあるが、戦前から過剰な人気も見られるので注意したい。



「上がり3ハロン3番手内」は10年で12頭。

差し馬の数の割には該当馬が少なく、追い込みも絡みにくい。
ダイワメジャー以外は「連対時には速い上がり」があり、早めに仕掛けている事が多い。

コース替わり(Cコース?)の影響などにもよるが、開催の割に前が残れると考えてもいいかと。



「鞍上」は10年で「武豊」騎手の3連対がトップ。

「岩田康誠」騎手、「横山典弘」騎手、「藤岡佑介」騎手などが2連対ずつ。
複数年連対している馬もいるが、藤岡騎手以外は違う馬での連対しており、相性がいい。

反対に「上位人気で4着以下に敗れた」鞍上は、「福永祐一」騎手が3回、「C.ルメール」騎手が2回該当。
海外騎手で1年延ばせば2連対のルメール騎手はともかく、福永騎手は昨年2着だが、人気の割に結果がでにくい。



「年齢」は10年で…

「4歳」9連対
「5歳」8連対
「6歳」2連対
「8歳」1連対

有力なのは「4歳と5歳」。8歳はカンパニーなので少し例外的かと。
「上位人気で4着以下」は3歳4頭、4歳4頭、5歳1頭、6歳5頭、7歳2頭で、「3歳や6歳」が人気の割に苦戦している。



古くはニホンピロウィナー、ダイタクヘリオス、タイキシャトル、近年ではデュランダルやダイワメジャーなどが連覇している。
他にも連覇前のダイワメジャーの2着、スーパーホーネット、エイシンプレストン、バンブーメモリーなどの2年連続2着、ダンスインザムードの隔年2着など「リピート率」が高い?

力が抜けている場合もあるだろうが、条件に該当する馬が好走しやすいのかも。
ただ、前年の連対馬が人気をして敗れている場合もあり、コレだけで飛びつくのは危い。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-11-17 01:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22518707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マイルCS3着の傾向 2015 エリザベス女王杯の結果 2015 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
菊花賞の傾向 2017
at 2017-10-17 00:28
平成30年のJRA開催あれこ..
at 2017-10-16 21:33
秋華賞の結果 2017
at 2017-10-16 00:04
秋華賞の予想 2017
at 2017-10-15 09:16
菊花賞出走予定馬の血統 2017
at 2017-10-14 11:33
秋華賞の予想候補 2017
at 2017-10-14 02:36
府中牝馬Sの予想 2017
at 2017-10-14 02:31
府中牝馬Sの予想候補 2017
at 2017-10-13 20:42
秋華賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-13 10:15
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク