ジャパンカップの傾向 2015
東京24000mで行われるGⅠ「ジャパンカップ」。


開催当初は、海外馬を招いて日本競馬のレベルupなどを目的に行われていた。ただ、現在は国際グレード化や諸事情もあって、意味合いが変わってきている。

元々、「馬場の違い」や「かなりの輸送」や「検疫」などの問題も大きかったが、「ブリーダーズカップ・ワールド・サラブレッド・チャンピオンの開催時期の変更」や「日本馬レベル向上」などもあって、近年は海外からの有力馬の参戦はかなり少ない。

さらに日本馬も凱旋門賞への挑戦が増えた事で、有力馬が順調に出走するケースも減ってきている。


 ジャパンカップの傾向 (過去10年の連対馬データから) 2015


【実績】
最低連対ラインは「GⅡ勝ち+重賞連対+GⅡ以上3着」。

該当するのは…

「スプリングS5着、ラジオNIKKEI賞2着、新潟記念16着、セントライト記念3着、アルゼンチン共和国杯1着」のスクリーンヒーロー

セントライト記念後に故障で11カ月ほどレースに出走していない。


次点は「GⅡ2勝+GⅠ3着」。

「フローラS1着、優駿牝馬3着、ローズS1着、秋華賞4着、エリザベス女王杯5着」のデニムアンドルビー


次々点は「GⅠ連対+GⅡ1着+GⅡ3着」。

「神戸新聞杯3着、菊花賞1着、JC5着、阪神大賞典7着、京都大賞典1着、天皇賞(秋)4着」のオウケブルースリ

後の2頭は「GⅡ1着+3着以上」と「GⅠ3戦で3着以内と4着と5着」があり、高いレベルでの内容。


残り17頭に『GⅡ1着+GⅠ2連対+重賞連対』。

GⅠは「GⅠ連対」18頭、「GⅠ3着など」1頭、「GⅠ初出走」1頭。



【距離】
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

2000mまでなのは2200m以上が…

「東京優駿11着、京都記念5着、凱旋門賞9着」のジャスタウェイ
「優駿牝馬3着、エリザベス女王杯5着」のデニムアンドルビー

前者は本格化後は「地元でも勝てないと言われた位置取りの凱旋門賞9着のみ」、後者は出走メンバーがかなり手薄だったので、例外と考えたい。


次点は「2200m以上連対」。2200mまでだったのは2400m以上が…

「稍重の東京優駿7着のみ」のアドマイヤムーン
「東京優駿8着と菊花賞4着」のコスモバルク


残り16頭に『2400m以上連対』があった。



【コース】
「東京連対」17頭、「初出走」1頭。

残りは…

「ジャパンカップ5着と天皇賞(秋)4着」のオウケンブルースリ
「東京優駿3着のみ」のドリームパスポート


高いレベルで掲示板があり、左回りは「中京勝利」や「新潟勝利」と結果が出ていた。



【脚質】
「先行」10頭、「差し」8頭、「追い込み」2頭。

1000mは59.6、62.4、60.2、61.8、60.7、59.0、61.8、60.1、61.1、58.3で、開催時期やレベルを考えると遅い。
直線の長さもあってペースの割に後ろからも通用するが、「勝ち馬」は前の方が多い。

ブエナビスタ、ディープインパクトが勝った年以外は「勝ち馬が2着より前め」で競馬をしており、力が抜けていない限りは「先に動いた方が勝っている」事が多い。



【前哨戦】
「天皇賞(秋)(6、2、4、1、1、3、4、3、6、4、6着)」11頭、「凱旋門賞(8、2着、失格)」3頭、「菊花賞2着」2頭、「エリザベス女王杯5着」1頭、「秋華賞1着」1頭、「アルゼンチン共和国杯1着」1頭、「英チャンピオンS5着」1頭。

天皇賞(秋)は「ぶっつけ6着」以外は「4着以内」。



【その他】
「人気」は1番人気6連対、2番人気3連対、3番人気3連対。

4番人気3連対、5番人気2連対で、残りは6、7、9番人気。
実績の高さもあってか大きな荒れはあまりない。ただ、上位人気が3着を独占したのは10年で2回のみ。


「1番人気の4着以下」は昨年のジェンティルドンナと海外馬デインドリーム。
前者は乗り替わりもあってか4着、後者は3.3倍で輸送などを考えると少しだけ過剰人気で、3.4倍の2番人気ブエナビスタが勝っており、1番人気はあまり3着を外さない。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で17頭。

先行馬が多い割には該当馬が多いのは、やはり実力の成せる業かと…。
該当しない馬も「33.9~34.3」と速いケースと、「2番人気2着だが0.5秒差」と出走メンバーの怪しい年だった。

前からでも良い脚が使えるタイプが多いし、勝ち馬も2着より前が多い。
実力やペースを考えても「良い脚を使える馬」を選びたい。



日本馬が20頭中19頭だが、鞍上は「海外騎手」が9人。

この時期に短期騎手免許の来日が増えている事も多いが、実力上位馬が集まるレースだけに、最後は騎手の力量がモノを言うとも考えられる。
より騎乗技術の高い海外騎手に依頼が行くのも当然か…。


ちなみに10年で「岩田康誠」騎手の4連対がトップ。
「C.ルメール」騎手、「武豊」騎手、「C.スミヨン」騎手の2連対が続く。



海外馬の連対は10年で1頭のみ。

ブリーダーズカップの時期移行や輸送や検疫などもあって、海外馬の一流馬の出走が少ない事があげられる。
現状が改善して、今後に有力馬が出走してくるかは分からないが、馬場適性が合うかどうかが大きい。



年齢は10年で…

「4歳」9連対
「3歳」5連対
「5歳」5連対
「6歳」1連対

さすが「充実の4歳」と呼ばれる事もあってやや抜けている。
以前と比べると出走しやすくなってきている3歳も増加。5歳は実績が高いかキャリアが少な目なら問題はなさそう。


性別は「牡14:牝6」。
牡馬が多いが、以前と比べると距離の割には牝馬が通用する時代になった。



10年で11頭が『3歳東京2400mGⅠ連対』。

距離とコースが同じという部分もあるが、3歳の頃から日本のトップを争うような素質を持っている事もジャパンカップで上位を狙うためには必要。

「東京優駿11着」のジャスタウェイ、「優駿牝馬3着」のデニムアンドルビー、「東京優駿3着」のドリームパスポート、「東京優駿7着」のアドマイヤムーン以外は「3歳東京2400mGⅠに出走が無かった」。



東京コースは、17頭が「東京重賞連対」、1頭は「日本初出走」。

残りは

「GⅠ5着と4着」と「GⅠ3着」

なので、ある程度走れている方がいい。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-11-25 01:09 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22557571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ジャパンカップ3着の傾向 2015 東京スポーツ杯2歳Sの結果 2015 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
一発くじで「クリスタルソード..
at 2017-08-19 01:36
北九州記念の予想候補 2017
at 2017-08-19 00:42
札幌記念の予想候補 2017
at 2017-08-18 12:39
ルーカスのデビュー!
at 2017-08-18 01:59
北九州記念の傾向 2017
at 2017-08-17 00:08
札幌記念の傾向 2017
at 2017-08-15 12:54
関屋記念の結果 2017
at 2017-08-14 12:06
エルムSの結果 2017
at 2017-08-14 00:27
関屋記念の予想 2017
at 2017-08-13 03:16
エルムSの予想 2017
at 2017-08-13 01:49
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク