ジャパンカップ3着の傾向 2015
過去10年の連対馬をチェックした「ジャパンカップの傾向 2015」に続いて、ジャパンカップの3着も調べてみます。


 ジャパンカップ3着の傾向 (過去10年の3着馬データから) 2015


【実績】
最低連対ラインは「GⅠ勝ち」。

ただ、該当するのは…

「共同通信杯3着、毎日杯3着、東京優駿14着、毎日王冠3着、天皇賞(秋)1着」のスピルバーグ

11年前にデルタブルースがおり、丁度きれるタイミングで入っており、この辺りがラインか。


次点は「GⅠ勝ち+GⅡ以上連対+重賞連対」。

該当するのが…

「ラジオNIKKEI杯1着、弥生賞1着、皐月賞1着、東京優駿3着、ニエル賞4着、凱旋門賞7着」の3歳ヴィクトワールピサ


残り8頭には「GⅠ勝ち+GⅡ以上3連対以上」。
6頭には「GⅠ勝ち+GⅠ連対+GⅡ以上3連対+重賞連対以上」があってレベルが高い。

連対馬よりも高い実績が多い。



【距離】
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

2000mまでなのは2200m以上が…

「東京優駿14着のみ」のスピルバーグ
「東京優駿3着、ニエル賞4着、凱旋門賞7着」の3歳ヴィクトワールピサ


残り8頭は「2400m以上連対」。
ただ、2400m以上が「優駿牝馬2着のみ」の3歳レッドディザイア以外には「2400m以上勝利」。



【コース】
「東京連対」8頭。

残りは…

「東京優駿3着のみ」のヴィクトワールピサ
「ジャパンカップ5着のみ」の海外馬ウィジャボード



【脚質】
「先行」3頭、「差し」7頭。

連対馬と比べて、比率としては後ろが多い。



【前哨戦】
「天皇賞(秋)1、11、3、9、1、2着」、「凱旋門賞7着」、「秋華賞1着」、「菊花賞1着」、「BCフィリー&メアターフ1着」。

連対馬とほとんど同じ。着順に幅があるくらいだが、大きく崩れたのは「凱旋門賞から」と「春競馬に出走せず、叩き3走目の7歳馬」で、後は3着以内。



【その他】
人気は10年で6、11、2、14、8、6、2、1、3、1番人気。

連対馬の「1~9番人気」や「5番人気以内の多さ」を考えるとやや荒れる気配はある。
ただ、二桁人気が絡んだ年は出走メンバーの手薄感が否めない。メンバーが怪しいなら高配当をココで狙うのもひとつか…。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で7頭。

連対馬同様に該当しない馬がチラホラだが、「34.1~34.4」と速い事に違いはない。

ただ、先行馬で該当している馬がおらず、「力不足で3着」の感も。差し馬はみな該当しているが「上がり2番手」が多く、「上がりで負けている」や「上がりは速かったが3着」という印象か…。



海外騎手は10年10頭中5頭(うち1頭は海外馬)。

連対馬同様に半分が該当しており、ココでも軽視できない。
ちなみに鞍上では「四位洋文」騎手の2回が複数3着で、他は「岩田康誠」騎手や「武豊」騎手など連対馬に名前のある騎手がみられる。



海外馬は10年で3着は「ウィジャボード」の1回。

連対馬も1頭なので、3着以内は30頭中2頭という事になる。



年齢は…

「3歳」2頭、「5歳」4頭、「4歳」2頭、「7歳」2頭。

連対馬と比べると4歳の比率が下がるが、3着が多い方がいいワケではないかと。
「7歳」は出走メンバー的に微妙な年だったので、諸手を挙げて歓迎できない。



「3歳東京2400mGⅠ連対」は10年で10頭中4頭。

連対馬と比べると少し低めだが、「東京2400mGⅠ5着以内」だと9頭が該当。
残り1頭は「東京優駿14着で、その後長期離脱」のスピルバーグなので、走っているなら5着くらいで3着の可能性がある。



7頭が「東京重賞連対」。

残りは…

「東京優駿3着のみ」「東京優駿5着のみ」「JC5着のみ」

で「東京GⅠ5着以内1戦だけ」と、連対馬同様に走れている方がいい。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-11-26 01:05 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22562214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都2歳Sの傾向 2015 ジャパンカップの傾向 2015 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク