有馬記念の傾向 2015
中山2500mで行われるGⅠ「有馬記念」。


日本ではダービー(正式には東京優駿=日本ダービー)と並び、競馬を知らない人でも聞いた事がある有名なレース。


宝塚記念と共に「ファン投票」を行うレースですが、野球やサッカーなどと違って「特別登録の中から上位10頭が優先的に出走」という程度で、適性や状態などもあって、投票した馬が必ず出走するわけではない。

しかも、1人で何頭も選ばなくてはならず、大半の競馬素人の影響で、スプリンターやマイラーだけでなく引退している馬の投票もあり、「好走しそうな馬が選ばれる事はまずない…」。せめてマイル辺りでもう1戦くらいその投票が活かせるレースがあるといいのですが。


 有馬記念の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2015


【実績】
最低連対ラインは「GⅡ勝ち」。

該当するのは…

「重賞2戦してアルゼンチン共和国杯5着、金鯱賞1着」のオーシャンブルー

この年は「かなりの出遅れた馬が3着」だけに微妙だが、メンバー次第では可能性はある。


次点は「GⅡ勝ち+GⅡ以上連対」。

「重賞9戦GⅡ2勝3着1回」のマツリダゴッホ
「重賞4戦目黒記念1着とメルボルンC2着」のポップロック


残りは「GⅡ勝ち+GⅡ以上連対+GⅢ以上連対」。古馬の場合は「GⅡ勝ち+GⅡ連対を含む重賞4連対」。
20頭中16頭は『GⅡ勝ち+GⅠ以上連対+GⅢ以上連対以上』があった。


GⅠは「GⅠ連対」17頭、「GⅠ初出走」1頭、「5戦して6着が最高」1頭、「天皇賞(春)11着と天皇賞(秋)15着」1頭。



【距離】
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

ただ、2000mまでだったのは、2200m以上が…

「東京優駿3着、ニエル賞4着、凱旋門賞7着、ジャパンカップ3着」の3歳ヴィクトワールピサ


次点は「2200m以上連対」。

2200mまでは2400m以上が…

「東京優駿5着と菊花賞16着」のトゥザワールド
「青葉賞4着、日経賞3着、天皇賞(春)11着」のマツリダゴッホ
「優駿牝馬をアクシデントで回避、2400m以上初」のダイワスカーレット

コース的な部分もあって、距離で結果が出ていなくてもやれる事がある。


残り16頭には『2400m以上連対』があった。



【コース】
「中山連対」14頭、「初出走」3頭。

残りは…

「1600万4着のみ」のオーシャンブルー
「セントライト記念8着のみ」のポップロック
「皐月賞14着と有馬記念9着」のハーツクライ

3頭ともに「東京連対」はあり、輸送はクリア。うち2頭は「阪神連対」があり、急な坂もこなしていた。もう1頭は阪神に出走がなかったが、坂のある「新・中京」で連対があった。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」8頭、「マクり差し」5頭、「差し」4頭、「追い込み」2頭。

ほぼ1000mは62.8、60.2、59.8、64.0、61.8、57.7、60.3、60.3(稍重)、58.8、61.1で、あまり速くならない。
ペースは速めの年には追い込みが勝っており、後ろからでも通用しており、展開に作用しているようで。

ただ、コース的にも前目やマクってが多い。普通のメンバーでノンビリ構えて勝つには、能力がかなりいる。面子がショボい年が増えているので、以前と比べると後ろでも可能性はあるが。



【前哨戦】
「ジャパンC(4、8、3、2、12、1、2着)」7頭、「菊花賞(16、1、1、1着)」4頭、「天皇賞(秋)(6、2、15着)」3頭、「金鯱賞(3、1着)」2頭、「エリザベス女王杯(3、1着)」2頭、「凱旋門賞2着」1頭、「メルボルンC2着」1頭。

「騎手の乗り替わり(今回乗り戻り含む)」や「中山巧者の天皇賞(秋)からの直行」くらいしか4着以下はないかと。



【その他】
「人気」は10年で…

『1番人気』は8連対。連を外したのは、14年のハナ差3着のゴールドシップと07年の8着メイショウサムソン。前者はスローペースで届かず、後者も前が残るレースで後方からの競馬だった。

対して「2番人気」2連対、「3番人気」全滅であまりアテにならない。

4番人気3連対、9番人気2連対で、残りは5、6、7。10、14番人気。
「1番人気が多い」のであまり配当は高くならないが、人気薄も絡む。上位人気同士の決着は10年で2回。



上位人気で4着以下に敗れたのは…

エイシンフラッシュ、ブエナビスタ、マツリダゴッホ、ポップロック、ゼンノロブロイ、タップダンスシチーなど「前年以前の連対馬」

上記も該当するが、エピファネイア、ジャスタウェイ、トーセンジョーダン、スクリーンヒーロー、メイショウサムソン、ドリームパスポート、コスモバルクなど「ジャパンカップ上位馬」

「状態や適性など」もあるので、実績だけでは危うい部分もある。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で15頭。

昨年「以前よりも上がりが求められている…」と上げた途端にかなりのスローペースで該当しないという有様…。
ただ、コースの部分などもあり、実力馬が前からでも良い脚を使う事もあり、「先行勢」を軽視するのは危いとも考えていただけに何とも。



ブエナビスタ、ダイワスカーレット、ディープインパクト、シンボリクリスエス、グラスワンダーの「2年連続連対」やオルフェ―ヴルやタップダンスシチーの「隔年連対」、ゴールドシップ(連もあるが)、トゥザグローリー、ダイワメジャー、エアシェイディ、懐かしいトコロではナイスネイチャなど「連続3着」など『リピート率が高い』。

前述の人気はココから来ているのだが、求められるモノが同じでも状況が違うケースも考えれるので気を付けたい。



「年齢」は…

「3歳」7連対、「4歳」7連対、「5歳」5連対、「7歳」1連対

で「後1週間で4歳だが、年内は斤量面で恩恵のある3歳」と「充実の4歳」が中心。

5歳以上も可能性はあるが『6歳は鬼門』。
前年勝ちでオールカマー2着からのドリームジャーニー、前年2着でJC2着からのポップロック、前年勝ちでJC勝ちからのタップダンスシチーらも連を外しており、やれそうな気配の馬もいた。

7歳の連対はあるので、相性のようなモノかもしれない…。3歳からGⅠを取っているような馬は6歳には引退しているケースも多く、有力馬は少ないし、馬によってはその辺りから衰えが顕著になってくるのかも…

2000年までのように「牡馬は3歳(旧4歳)が55キロ、4歳(旧5歳)は57キロ、5歳(旧6歳)以上は56キロ」と斤量に違いがあったので、それが無くなった影響か…(現在は3歳が55キロ、4歳以上が57キロ)。




「鞍上」は10年で…

「池添謙一」騎手の3勝がトップ、「C.ルメール」騎手の3連対が続く。
現役では「武豊」騎手の2連対などが複数連対。

馬のリピート率の高さなどもあって、鞍上もその影響はある。ルメール騎手は3回とも違う馬での結果だが…。

ちなみに「海外騎手」は7連対。さすがに若手の名はあまり見当たらない。



実績とコースの併せになる部分もあるが「中山GⅡ以上連対」が11頭。

残りは「阪神GⅡ以上連対」6頭、「中山GⅡ3着2回、阪神GⅡ以上出走なし」1頭、「阪神も中山もGⅡ以上出走無し」1頭、「セントライト記念8着と阪神GⅡ以上出走無し」1頭。

20頭中17頭は「中山か阪神GⅡ以上連対」があり、2頭くらい入れておきたい。




[PR]
by a_doctrinaire | 2015-12-22 00:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22689698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 有馬記念3着の傾向 2015 リオンディーズの朝日杯フューチ... >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク