ホープフルSの傾向 2015
中山2000mで行われる2歳GⅡ「ホープフルステークス」。


以前から2歳オープンとして「ホープフルS」があったのだが、GⅠ昇格も狙って「ラジオNIKKEI杯2歳S」を潰してGⅡとしての移設。

ラジオNIKKEI杯2歳Sの連対馬からはワンアンドオンリー、エピファネイア、ゴールドシップ、ヴィクトワールピサ、ロジユニヴァース、ヴィクトリーなど、3着からはキズナやダノンシャンティなど後のGⅠ馬を輩出。旧・朝日杯FSよりも重視するファンも多かった。

中山に移って、昨年と今年を考えると出走メンバーのレベルは…昇格後に期待したい。


 ホープフルSの傾向 (昨年の3着までとOP時の10年の連対馬データ) 2015


<実績>
昨年は…

「新馬1着」のシャイニングレイ
「新馬6着、未勝利1着、新潟2歳S4着、きんもくせい特別1着」のコメート
「新馬2着、未勝利1着」のブラックバゴ


「旧・ホープフルS」では…

「新馬・未勝利勝ち」は…

「直後」11頭、500万以上が「いちょうS7着と葉牡丹賞7着」と「京都2歳S5着」と「萩S3着」

「500万連対」5頭
「OP連対」1頭

同じ週にラジオNIKKEI杯2歳Sのあった事やこの時期の中山の馬場の影響もあり、連対馬の実績も低い。


「ラジオNIKKEI杯(たんぱ杯時代含む)」10年は…

「新馬・未勝利勝ち」は…

「新馬勝ち直後」3頭、500万以上が「きんもくせい特別3着、東スポ杯2歳S5着」と「京都2歳S3着」

「500万連対」は3頭
「OP連対」と「重賞連対」は12頭



<距離>
昨年は…

「2000m勝ち」、「1800m勝ち」、「1800m勝ち」。


「旧・ホープフルS」の最低連対距離は「1600m勝ち」。

該当するのは「1戦1勝」のエアアンセムのみ。

次点「1800m以上連対」。

9頭が「1800m勝利」、1頭が「1800m2着」。
2000mが「新馬3着のみ」や「葉牡丹賞5着のみ」「エリカ賞5着のみ」がいる。

残り9頭は「2000m勝利」。


ちなみにラジオNIKKEI杯2歳Sは…

「1600m勝ちのみ」2頭
「1800m連対」11頭
「2000m連対」7頭



<コース>
昨年は「初出走」3頭。


「旧・ホープフルS」は…

「中山勝利」5頭、「初出走」14頭。

残り1頭は「葉牡丹賞5着のみ」のニシノアンサー


ラジオNIKKEI杯2歳Sの連対馬には10年で「中山連対」はいない(サブジェクトの朝日杯FS13着はいるが)。
京都2歳S組や札幌2歳S組などの出走が増えるようだと「初出走」が増えるかと。



<脚質>
昨年は「先行」2頭が連対、3着は「11番手」。

1000mは61.5とスロー。

「旧・ホープフルS」は…

「逃げ」1頭、「先行」12頭、「差し」6頭、「追い込み」1頭。

1000mは60.6、60.8、61.2、60.2、60.5、60.3、63.0(稍重)、58.5、62.1、63.0。
最終週という事を考えると荒れてきている部分も多いかと。

OP戦という事もあってか、頭数が7~17頭で平均13頭とやや少なめ。



<その他>
「人気」は2→8→9番人気。

旧・ホープフルS10年では…

1番人気5連対、2番人気4連対、3番人気3連対。6番人気2連対と10番人気2連対で、残りは4、5、7、8番人気。

旧・ラジオNIKKEI杯2歳S10年は…

1番人気7連対、2番人気5連対、3番人気2連対。4番人気3連対で、残りは5番人気と7番人気

重賞とOPの違いで出走馬のレベルの違いもあるが、3歳牡馬3冠でも「中山2000m」の皐月賞が最も難しいと言われており、キャリアも少ない2歳だけに、メンバー次第では人気薄にも可能性はある?




「上がり3ハロン3番手以内」は昨年は3着1頭。

勝ち馬は「5番手タイ」、2着馬は「7番手」、3着が「2番手タイ」。スローペースで該当したのが17頭中6頭と多かったが…。上位3頭共に「連対時に上がり3ハロン最速」があった。

「旧・ホープフルS」は10年で17頭。

同じ中山2000mの皐月賞や京成杯でも20頭中16頭くらいは該当している(弥生賞は少な目)ので、残り600mで良い脚を使える馬を狙いたい。
「1戦1勝」で上がり5番手だったエアアンセム以外には「連対時に上がり3番手以内」があった。




「鞍上」は「川田将雅」騎手→「嘉藤貴行」騎手→「戸崎圭太」騎手。

旧・ホープフルS10年で「C.ルメール」騎手の4連対がトップ。

「R.ムーア」騎手、「柴田善臣」騎手の2連対ずつが続くが、有馬記念と同日という事もあってか他はバラバラ。
重複もあるが近い6年で8連対が「海外騎手」と最近の騎手事情?を反映している。


ちなみに前日に行われていた旧ラジオNIKKEI杯2歳S10年では「武豊」騎手の5連対がトップ。

「C.ルメール」騎手の2連対で続くのみ。しかし、コチラは「安藤勝己」元騎手の6連対の影響が大きかったので、有力2歳馬を任せられる上手い騎手に集中していた。




「馬番」は昨年は「10番」→「6番」→「7番」。

旧・ホープフルSは7~17頭の平均12.7頭だが、「内13:外7」で内が多い。
馬番は「2番」「7番」の4連対がトップ。「5番」「11番」の3連対、「1番」「10番」の2連対が続く。




「前哨戦」は昨年が「新馬1着」→「きんもくせい特別1着」→「未勝利1着」。

旧・ホープフルS10年では…

「500万特別(7、1、1、2、2、5、5着)」7頭
「新馬勝ち直後」6頭
「未勝利勝ち直後」5頭
「萩S3着」1頭
「京都2歳S5着」1頭


旧・ラジオNIKKEI杯2歳S10年では…

「京都2歳S(1、3、1、2、1着)」5頭
「札幌2歳S(2、1、1、1着)」4頭
「東スポ杯2歳S(1、5、6着)」3頭
「新馬勝ち直後」3頭
「500万特別連対」3頭
「萩S1着」1頭、
「朝日杯フューチュリティS13着」1頭

GⅠ昇格なら明らかに変わってくると思うが、ラジオNIKKEI杯京都2歳S辺りで賞金加算してしまうと出走しなくても3月まで充電できるだけに…。




「所属」は昨年が「西」→「東」→「東」。

旧・ホープフルSが「東12:西8」、旧・ラジオNIKKEI杯2歳Sは「東1:西19」。
やはりホームで行われる方への出走が多く、長距離輸送のデメリットはあるかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2015-12-23 01:10 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22693387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 阪神Cの傾向 2015 有馬記念3着の傾向 2015 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク