シルクロードSの傾向 2016
京都1200mで行われる古馬ハンデGⅢ「シルクロードステークス」。


96年にGⅢ昇格、00年に2月2週目辺りに移行、02年にハンデ戦に、11年に東京新聞杯と入れ替えで2回1週目土曜開催に。13年以降は日曜開催に戻る。


この週からBコース。


 シルクロードSの傾向 (過去10年の連対馬データから) 2016


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのはOP以上が…

「スワンS4着と阪神C5着」のショウナンカザン
「テレビ愛知OP7着、小倉2歳S12着」のアーバンストリート
「阪神C13着のみ」のソルジャーズソング

次点「OP連対」。

「OP勝ち、重賞初出走」のレディオブオペラ
「OP勝ち、ファルコンS15着、NHKマイルC18着、京阪杯11着」のエーシンダックマン
「OP2着、重賞出走無し」のエムオーウィナー
「OP2着、アーリントンC8着とクリスタルC6着」のマイネルアルビオン

残り13頭は「重賞連対」。



<距離>
全馬に共通するのは「1200m勝ち」。

17頭には「1400m以上連対」があったが、平坦なコースで1200m戦はレース数も多いので、あまり気にしない方がいいかと。

ちなみに残り3頭は1400m以上は「1400mがダート500万11、9着、芝500万17着」と「芝は1400mの1600万で9、4、6着」と「1400mの1600万9着」。



<コース>
「京都連対」15頭。

残りは…

「紅梅S8着とエルフィンS6着」のストレイトガール
「スワンS3着とマイルCS9着」のジョーカプチーノ
「オーストラリアT6着とスワンS4着」のアーバニティ
「京阪杯8着のみ」のアルティマトゥーレ
「スワンS4着のみ」のショウナンカザン

「OP以上2戦以下」か「1400m以下1戦、あるいは1400mGⅡ掲示板」がラインか。



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」8頭、「差し」8頭、「追い込み」1頭。

600mは33.9、34.1、35.0、34.1、34.8、34.4、33.6、33.7、33.5、34.4。
馬場や出走馬にもよるだろうが、34.1~34.4の辺りで「逃げ」が残っている。



<その他>
1番人気3連対、2番人気4連対、3番人気4連対。

4番人気3連対、7番人気3連対で、残りは6、11、14番人気。
「5番人気」が連対では鬼門?だが、「1~7番人気」が多い。

3着は12、13、11、16、4、6、4、5、4番人気で、ココ4年は連対が堅いが3着は人気薄。
3連複や3連単なら人気薄を狙うのもアリ。



ハンデは連対馬10年で54~59キロで平均55.95キロ。中央値は56キロ。

他のハンデ戦と比べると「距離の短さ」もあってか、重めでやれている。
ちなみに3着は53~56キロの平均54.5キロで、中央値も54キロ。

トップハンデは57~59キロで、延べ14頭中58か59キロが3連対と重めでも「やれている」。
ココ4年が連対馬のハンデが重くなっており、開催が早まった影響もある…。



「上位人気の30頭中10頭が二桁着順」。

他の重賞と比べると「人気の割に大敗する」事があるので、アテにし過ぎない方がいい。



「上がり3ハロン3番手以内」は20頭中12頭。

先行勢の数を考えると多いが、重賞としては少ない。
距離もあって、ある程度の位置につけているとあまり上がりは速くならない。



「鞍上」は現役で…

「岩田康誠」騎手、「川田将雅」騎手、「福永祐一」騎手らが2連対ずつ。
ハンデ戦という事もあってか、あまり抜けた騎手はいない。



「年齢」は…

「5歳」8連対3着3回
「6歳」8連対3着3回
「4歳」3連対3着1回
「7歳」1連対3着1回
「8歳」3着2回

距離もあってか「明け4歳よりも5、6歳」が多い。
ちなみに「牝馬」は30頭中7頭。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-01-26 02:37 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22815890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 根岸Sの傾向 2016 東海Sの結果 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク