チューリップ賞の傾向 2016
阪神1600mで行われる3歳牝馬GⅢ「チューリップ賞」。


桜花賞のトライアルで3着までに優先出走権が与えられる。本番と同じコースという事もあって、有力馬の出走が多い。阪神改修後は10回目なので、一部は改修後の9年と1年を分けて。


過去の連対馬からはハープスター、ヌーヴォレコルト、アパパネ、ブエナビスタ、トールポピー、ウオッカ、ダイワスカーレット、スイープトウショウ、スティルインラブ、テイエムオーシャン、エアグルーヴ、ダンスパートナーなどがGⅠ馬になっている。

ちなみに牝馬3冠を達成したジェンティルドンナは中間の熱発に加え、直線で前が開かなかった事もあって4着だった。


 チューリップ賞の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2016


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬3着、未勝利1着、クイーンC4着」のアンドリエッテ
「新馬2着、未勝利3着、1着」のショウリュウムーン
「新馬2着、未勝利2着、1着」のアドマイヤキッス


次点は「500万勝ち」。

「新馬4着、未勝利1着、こうやまき賞1着」のヌーヴォレコルト
「新馬1着、赤松賞7着、菜の花賞10着、500万1着」のハナズゴール
「新馬3着、未勝利1着、サフラン賞1着、京王杯2歳S4着、阪神JF3着」のライステラス
「ダート2戦して新馬1着、500万1着」のサクラミモザ
「阪神JF9着とエルフィンS4着」のシェルズレイ

次々点は「OP連対」。

「新馬2着、未勝利1着、アルテミスS3着、フェアリーS8着、エルフィンS2着」のウインプリメーラ
「新馬2着、未勝利2着、1着、紅梅S2着、こぶし賞(ダート変更)13着」のエアパスカル


10頭は「重賞連対」。

出走があった馬は「OP以上4着以内」があった。



<距離> ※改修後9年と1年に分けて
改修後の全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

1400mまでだったのは1600m以上が…

「阪神JF3着のみ」のライステラス
「出走なし」のサクラミモザ(ダート1400m勝ち)

残り16頭には「1600m以上連対」、1600mが「阪神JF2着のみ」のクロフネサプライズ以外は「1600m以上勝利」があった。


旧コースも「1600m以上勝利」。

1年延ばすと「1200m2戦2勝で1400m以上初」のエイシンテンダーがいる。



<コース>
「阪神連対」14頭、「初出走」3頭。

残りは…

「阪神JF3着のみ」のココロノアイとライステラス
「阪神1400m未勝利3着のみ」のショウリュウムーン

直線の急な坂は得手不得手があるので、出来れば結果がほしい。

改修前とはそれほど大きな違いはないようなので、分けずに載せておく。



<脚質> ※改修後9年と1年に分けて
改修後は…

「逃げ」4頭、「先行」6頭、「差し」5頭、「追い込み」3頭。

1000mは61.4、59.4、60.2、60.2、60.1、60.8、61.3、61.3、59.8で2週目という事を考えると速くない。
※追記…16年はチューリップ賞の方がフィリーズRよりも800mの通過が速いという結果。
直線は長くなっているが、まだ芝が綺麗なので前が有利。


旧コースの2年は「先行」1頭、「差し」1頭。
1000mは60.1。



<その他>
1番人気は6連対、2番人気3連対、3番人気2連対。

4番人気2連対、5番人気2連対、7番人気3連対で、残りは6、9番人気。
キャリアの低さや未対戦の馬もおり、トライアルという事もあり、上位人気で無くても通用している。




「上がり3ハロン3番手以内」は改修後は9年で16頭。

「逃げ馬」の多さもあってか、以前の方が速い上がりが求められた感がある。
ただ、重馬場や極端な縦長にならない限りは「良い脚」は必要。

休み明けという事もあり、阪神JF勝ち馬でも早めに競馬をするケースが多い。
直線の長さに油断して、強い馬相手に脚をためてレースが終わったという事もあり、「自ら動いて行くタイプ」か「速い脚はあるが、早めに仕掛けられるタイプ」を推奨する。

改修後は全馬が「連対時に上がり2番手以内」に該当しているのでクリアしてほしい。

ちなみに旧コースは1年で2頭。



「鞍上」は10年で「岩田康誠」騎手の3連対がトップ。

「武豊」騎手、「藤岡佑介」騎手、「池添謙一」騎手、「川田将雅」の2連対が続く。

阪神JF+アーリントンC+チューリップ賞+桜花賞では「福永祐一」騎手や「四位洋文」騎手、「M.デムーロ」騎手、「蛯名正義」騎手辺りも多いが…。



近年は「5着以下」のある馬が増えた。

「小倉2歳S9着」のクロフネサプライズ
「フェアリーS8着」のウインプリメーラ
「赤松賞7着と菜の花賞10着」のハナズゴール
「阪神JF8着」のエピセアローム
「こぶし賞(降雪でダート変更)13着」のエアパスカル

など。「ワケあり」もあるが、以前と比べるとあまり気にしなくてもいいのかと。



改修後の「阪神JF連対馬」が7連対3着2回。

13年のローブティサージュ以外は「阪神JF最先着馬」が3着以内。直線が長くなって、実力が出やすくなったか。
前哨戦なので仕上がり具合などにもよるが、展開で決まったような阪神JFでない限りは、有力と考えたい。




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-03-02 00:16 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22937493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オーシャンSの傾向 2016 弥生賞の傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
菊花賞の予想 2017
at 2017-10-22 09:53
富士Sの結果 2017
at 2017-10-22 02:54
ブレイニーランのデビュー戦
at 2017-10-22 01:25
富士Sの予想 2017
at 2017-10-21 01:06
菊花賞の予想候補 2017
at 2017-10-21 00:24
富士Sの予想候補 2017
at 2017-10-20 00:40
ブレイニーランのデビュー!
at 2017-10-20 00:04
菊花賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-19 14:44
富士Sの傾向 2017
at 2017-10-19 00:01
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク