フィリーズRの傾向 2016
阪神1400mで行われる3歳牝馬GⅡ「フィリーズレビュー」。


桜花賞のトライアル3着までに優先出走権が与えられる。1400m内回りなので、改修の影響はあまりないかと。


 フィリーズRの傾向 (過去10年の連対馬データから) 2016


<実績>
最低連対ラインは「未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬2着、未勝利3、2、4、1着、エルフィンS9着」のサウンドバリアー


次点は「500万勝ち」。

OP以上が…

「ファンタジーS8着のみ」のペルフィカ
「阪神JF17着のみ」のニホンピロアンバー
「アルテミスS5着のみ」のナンシーシャイン
「クイーンC4着のみ」のフレンチカクタス
「ファンタジーS4着と阪神JF4着」のラナンキュラス
「函館2歳S13着、紅梅S4着、エルフィンS4着」のアイアムカミノマゴ
「函館2歳S9着、ファンタジーS9着」のベストオブミー
「OP以上出走無し」のクイーンズリング、アマノチェリーラン

次々点は「OP連対」。

「紅梅S2着、重賞は阪神JF10着」のメイショウマンボ
「カンナS1着、重賞はファンタジーS9着」のビウィッチアス
「フェニックス賞2着、重賞は小倉2歳S3着、ファンタジーS8着、フェアリーS3着」のマイネレーツェル
「エルフィンS2着、重賞はラジオたんぱ杯2歳S11着」のユメノオーラ


残り6頭は「重賞連対」。


※10年間でOP以上に出走があった18頭中14頭に『OP以上で5着以内』があり、コレをひとつのラインとみたい。残りは「GⅢ8着のみ」「GⅠ17着のみ」「OP1戦9着」と「重賞2戦して9着2回」なので、「1戦か9着」辺りまでは残せそうだが…。



<距離>
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

1200mまでだったのは1400m以上が…

「1400m新馬11着と阪神JF17着」のニホンピロアンバー
「紅梅S4着とエルフィンS4着」のアイアムカミノマゴ
「ファンタジーS8着、紅梅S6着、エルフィンS4着」のマイネレーツェル
「出走無し」のダイワパッション

1600mOPで4着か出走が少ない場合はセーフ。

残り16頭には「1400m以上連対」。


昨年までは「1600m以上にしか出走が無い馬が『連』に絡めていなかった」が、クイーンズリングがあっさりと勝利。

それまでは、上位人気になった11年のドナウブルー、10年のテイラーバートン、09年のミクロコスモス、06年のサンヴィクトワール、05年のディアデラノビア(チューリップ賞でしくじっての連闘だったが)などが連を外していたのだが…。

ちなみに出走が無かったが、05年にエアメサイア(馬体が戻らず?チューリップ賞回避からの転戦)の3着があった。他にも11年に「1400mはサフラン賞3着のみ」のスピードリッパーが2着に入り、「出走が無い」「1400m以下に連が無い」から変えることになっており、5年ほどで次々と傾向が変わっている。



<コース>
「阪神連対」6頭、「初出走(ダート1戦のみ含む)」10頭。

残りは…

「阪神JF17着のみ」「阪神JF10着のみ」「阪神JF12着のみ」「500万4着と6着」

2戦したアマノチェリーランが判断が難しくなるが、「GⅠ1戦」はセーフ。


「初出走」の内6頭は「中山芝連対」があり、関東馬は「直線の急な坂」をクリアしていた。



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」9頭、「差し」10頭。

800mは46.7、46.7、46.7、46.1、45.9(稍重)、47.1、46.3、46.7、46.5、46.5(稍重)で、距離の違いもあるが、スローになりやすい先週のチューリップ賞よりも1000mで2秒ほど速くなる。


「02年を最後に「逃げ」が苦戦…」という記事をあげた14年に「逃げ」のニホンピロアンバーに残られるという失態…。13年にもティズトレメンダスが逃げて3着、近年はまた前が残りだしているので、馬場状態は要チェック。




<その他>
1番人気4連対、2番人気1連対、3番人気4連対。

6番人気3連対、7番人気2連対で、残りは4、8、9、10、11、13番人気。
2番人気が苦戦しており、「過剰人気がある」と判断していいかと。

3着は2、6、11、7、5、5、15、4、5、5番人気。



上位人気で4着以下だった馬は…

「かなり後方からの競馬」
「いつもより位置取り後ろ」
「前走逃げ」
「1400m以下出走無し」
「休み明け」
「初芝」
「阪神JF3~8着」
「ファンタジーS連対で阪神JF3~17着」
「馬体重二桁増減」
「不利、故障」

辺りが見受けられる。

実績に関しては過去の連対馬にも該当しており、人気を集める要素にはなるが、それ以外は不安要素が多い。
「繊細な牝馬」「キャリアの浅い3歳」だけに、「スタート」や「折り合い」ひとつで崩れる可能性もある。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で14頭。

脚質を考えるとこの程度で収まるのが妥当。ただ、年に1頭は絡んでくるので良い脚を使える馬は選んでおきたい…。
以前と比べると「最速」よりも「2、3番手」や「該当せず」が増えてきている。



「鞍上」は「武豊」騎手の3連対がトップ。

現役では「池添謙一」騎手の2連対が続く。
他はバラバラで若手も絡んでくるし、上位人気が信頼できない事もあって、騎手もランキングにこだわる必要はなさそう。

特に「岩田康誠」騎手が3年連続で人気を裏切っており、10年でも連が無い。以前は「安藤勝己」騎手も3年連続人気で4着以下があり、若い牝馬の乗り難しさか…。



チューリップ賞と比べると「ローカルデビュー」や「ローカル勝ち」が多い。

「福島」「小倉」「函館」など「小回りの競馬場」で結果を出しているケースが多く、ローカル競馬場に出走が無い場合は「中山」や「阪神」などで直線の短めの距離で連対している。

コースの影響もあり、「コーナーの上手さ」や「スタートの良さ」などが求められる。



過去10年で5頭に「ダート連対」があった。

以前の阪神はダートを走れる馬が芝でも走れる時期があった。チューリップ賞では減ってきているが、フィリーズレビューではまだいるので、狙ってみるもの一つかと。




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-03-08 00:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22957521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中日新聞杯の傾向 2016 アネモネSの傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク