高松宮記念の傾向 2016
中京1200mで行われれる古馬GⅠ「高松宮記念」。


改修して新しくなってからは5回目。13年から1月に中京開催が増えているので、2012年とは若干違っていますが、4回分の3着までを中心に考えてみます。改修時は「阪神開催」でした。

ただ、12頭だけでは少ないので、実績やその他は「以前の高松宮記念の連対馬」、コースや脚質などは「新・中京1200mの1000万以上の連対馬」のモノも参考に載せておきます。


 高松宮記念の傾向 (過去4年3着まで+旧コース分+α) 2016


【実績】
連対馬8頭に該当するのは「重賞2連対以上」。

芝重賞1戦のスノードラゴン以外は「重賞2勝以上」。
ちなみに3着4頭は「重賞勝ち」。重賞5戦1勝の13年のハクサンムーン以外は「重賞勝ち+重賞連対」。


阪神開催時や旧・中京時代の6年延ばすと…

最低連対ラインは「OP勝ち」。

「重賞8戦してNHKマイルC3着、セントウルS3着、マイルCS5着など」のキンシャサノキセキ

次点は「重賞勝ち」。

「重賞5戦で東京新聞杯1着、阪急杯3着、富士S3着、朝日CC4着、京都金杯5着」のスズカフェニックス

残り10頭は「重賞2連対以上」、内9頭は「重賞3連対以上」。



【距離】
連対馬8頭に共通するのは「1400m以上連対」。

「1200m以下初」のコパノリチャードや「1200m2着」のサンカルロがおり、「1200勝ちが無い」馬もいる。
海外馬エアロヴェロシティが1400m2着だが、日本馬は「1400m以上勝利」だった。

3着4頭も「1400m以上連対」。内3頭は「1200m勝ち」あり。

直線の長いコースでは少し長めで結果が出ているタイプが多いので、その影響か。


「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」62頭では…

46頭が「1400m以上連対」で、16頭が「1200mまで」。


ちなみに中京1200mGⅢ「CBC賞」の8頭も「1400m以上連対」。



【コース】
連対馬は「中京連対」1頭、「(新)中京(ダート除く)初」6頭。

残り1頭は「高松宮記念3着」のロードカナロア。

2012年は3月に新装なので2頭とも「新・中京初」。共に旧コースで「1連対」と「GⅠ1戦」と中京への輸送はクリアしていた。

3着4頭は「初出走」2頭、「中京連対」、「ファルコンS11着のみ」。


『左回り』は3着まで12頭で…

日本馬は「NHKマイルC8着のみ」のコパノリチャード、12年の「初出走」と13年の「高松宮記念3着のみ」のロードカナロア、「クロッカスS7着とファルコンS11着」の14年時のハクサンムーン以外が「左回り連対」。


「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」62頭では…

「新中京連対」21頭
「新コース初出走」14頭
「新中京3着」9頭

残りは「3戦以下」で、3戦は「4着2回、8着1回」のみ。

ちなみにCBC賞では「新中京連対」4頭、「初出走」2頭、「GⅠ3着とGⅢ11着」「GⅠ5着のみ」。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」6頭、「差し」5頭。

600mは34.0、34.5(不良)、34.3、34.5。
馬場が変わった事もあり、勝ち時計も改修後は遅くなっている。特に新装直後は他のレースも時計がかかっていた。


「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」62頭では…

「逃げ」3頭、「先行」22頭、「差し」32頭、「追い込み」5頭。

600mも33.3~35.7で、同じく時計はあまり速くならない。



【前哨戦】
「阪急杯」4頭、「オーシャンS」4頭、「シルクロードS」3頭、「チェアマンズスプリント」1頭。

連対馬は「阪急杯」と「オーシャンS」が多い。
着順は「阪急杯1、1、3着」、「オーシャンS2、2、4、9着」、「シルクロードS1着」、「チェアマンズスプリント2着」。


阪神開催時や旧・中京時代の6年延ばすと…

連対馬は「阪急杯」6頭、「オーシャンS」2頭、「スプリンターズS」1頭、「シルクロードS」1頭、「阪神牝馬S」1頭、「中山記念」1頭。



【その他】
「人気」は1番人気1連対、2番人気2連対、3番人気2連対。残りは4、6、8番人気1連対。

3着は3、1、10、1番人気。
1番人気が3年連続3着以内で、上位人気がある程度来ている。


阪神開催時や旧・中京時代の6年延ばすと…

1番人気3連対、2番人気全滅、3番人気1連対。4番人気4連対と6番人気2連対で、残りは5、13番人気。
3着は11、3、15、1、2、3番人気。

過去10年で見ても7割近くを「1~4番人気」が占めており、スプリンターズSでも10年で7割ほどが「1~3番人気」なので、スプリント戦はあまり大きくは荒れないかと。




「上がり3ハロン3番手以内」は12頭中6頭が該当。

5頭が連対馬なので、良い脚が使えるタイプはいい。ただ、勝ち馬3頭中2頭は該当していないので、使えないのが悪いワケでは無い。

「新・中京1200m(1000万以上高松宮記念除く)の連対馬」62頭では37頭が該当。




「年齢」は…

「5歳」2勝3着1回、「6歳」2着4回、「4歳」1勝3着3回、「7歳」1勝。

阪神開催時や旧・中京時代の6年では…
「5歳」7連対3着1回、「6歳」2連対3着1回、「4歳」1連対、「7歳」1連3着1回、「8歳」1連対3着1回。



以前は「NHKマイルC4着以上」や「東京新聞杯連対」、「安田記念2着」など『東京1600m重賞』との相性は良かった。「左回りの高いレベル」という部分では共通しており、その辺りで近いモノはあったが、ココ4年は該当していない。

新・コース2年の勝ち馬は共に「スプリンターズS勝ち」だが、コレは実力の高さが大きい。
3着までで見ると「シルクロードS1着」、「阪急杯1着」、「函館スプリントS1着」「京阪杯1着」などが共通しており、その辺りはチェックしてみたい。




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-03-22 03:16 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/22998963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日経賞の傾向 2016 フラワーCの結果 2016 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
富士Sの予想 2017
at 2017-10-21 01:06
菊花賞の予想候補 2017
at 2017-10-21 00:24
富士Sの予想候補 2017
at 2017-10-20 00:40
ブレイニーランのデビュー!
at 2017-10-20 00:04
菊花賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-19 14:44
富士Sの傾向 2017
at 2017-10-19 00:01
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
菊花賞の傾向 2017
at 2017-10-17 00:28
平成30年のJRA開催あれこ..
at 2017-10-16 21:33
秋華賞の結果 2017
at 2017-10-16 00:04
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク