毎日杯の傾向 2016
阪神1800mで行われる3歳GⅢ「毎日杯」。


賞金加算で皐月賞へ出走が狙えるラストチャンス。NHKマイルCへの前哨戦とする馬もいる。


以前は2000mで行われていたが、阪神競馬場の改修にともない07年から1800mに変わった。その影響もあってか近年は皐月賞での活躍馬は出ておらず、ダノンシャンティやディープスカイが勝利し、コティリオンが2着とNHKマイルCとの結びつきが強くなっている。直線が延びた事もあり、キズナとディープスカイが東京優駿も制している。1800mになってからの10回目なので9回分をチェックします。


 毎日杯の傾向 (過去9年の連対馬データから) 2016


<実績>
最低連対ラインは「新馬・地方特別勝ち」。

該当するのは…

「新馬1着、札幌2歳S4着、百日草特別3着、葉牡丹賞6着、共同通信杯4着」のミュゼエイリアン。
「新馬3着、未勝利2着、2着、7着、船橋・ベストホイップ特別1着」のゴールドチケット
「新馬1着、アーリントンC4着」のアイアンルック
「新馬1着のみ」のアドマイヤコマンド

次点は「500万2着」。

「新馬1着、エリカ賞12着(+24キロ)、京成杯5着、つばき賞2着」のダノンリバティ
「ダート新馬1着、ダート500万2着」のガイヤースヴェルト
「新馬1着、ベゴニア賞2着、ラジオNIKKEI杯3着、500万3着、きさらぎ賞6着」のコティリオン
「新馬4着、未勝利2、2、2、9着、1着、500万2着、アーリントンC3着」のディープスカイ

次々点は「500万勝ち」。

「新馬1着、白菊賞1着、アーリントンC7着」のエイシンブルズアイ
「新馬1着、黄菊賞1着、ラジオNIKKEI杯3着、弥生賞5着」のキズナ
「新馬1着、アルメリア賞1着」のマウントシャスタ
「新馬3着、未勝利5着、1着、福寿草特別3着、つばき賞1着」のミッキードリーム
「新馬2着、未勝利2、3、2、7、1着、つばき賞2着、ゆきやなぎ賞1着」のヒラボクロイヤル


残りは「OP以上連対」。

「札幌2歳S5着、ラジオNIKKEI杯7着、共同通信杯4着」のマイネルフロスト以外の4頭は「重賞連対」。


出走があった場合は「重賞7着以内」だが、キャリア2戦目で出遅れもあったアイアンルック、キャリア3戦のエイシンブルズアイ以外には『重賞5着以内』。出走がなければダート2戦のガイヤースヴェルト以外は「条件戦連対直後」なので、コレを条件にしたい。



<距離>
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

ただ、1200mまでだったのは「1200m新馬1着(1.1秒差)、キャリア2戦目のアーリントンCで先行有利の中、出遅れて後方から4着」のアイアンルックのみ。

次点は「1600m勝ち」。

「1800m以上出走無し」のエイシンブルズアイ
「1800m以上がラジオNIKKEI杯3着、きさらぎ賞6着」のコティリオン


残りの15頭には『1800m以上連対』があった。



<コース>
「阪神連対」5頭、「初出走」2頭。

残りは…

「エリカ賞12着(+24キロ)のみ」のダノンリバティ
「ラジオNIKKEI杯7着のみ」のマイネルフロスト
「500万3着とアーリントンC7着」のエイシンブルズアイ
「ラジオNIKKEI杯3着のみ」のキズナ、コティリオン、ダノンシャンティ、ナムラマース
「エリカ賞4着のみ」のヒストリカル
「アーリントンC4着のみ」のアイアンルック
「未勝利7着のみ」のゴールデンチケット
「アーリントンC3着のみ」のディープスカイ

「1戦か3着」はセーフ。



<脚質>
「先行」7頭、「差し」11頭。

1000mは60.5、59.7、58.6、61.3(重)、60.4、62.3、61.0、59.0、60.8(稍重)。
ペースはそれほど速くならないが、直線の長さもあって基本は後ろからが多い。

2000m時には絡んでいた「逃げ」だが、1800m変更後は13着、11着、10着、8着、18着、4着、4着、5着、5着と苦戦。



<その他>
「人気」は1番人気5連対、2番人気1連対、3番人気4連対。

6番人気3連対、5番人気2連対で、残りは4、7、12番人気。
主に「1~6番人気」で決まっており、あまり大きな荒れにはなっていない。

3着は1、4、3、7、1、2、2、11、4番人気。



1800m以後の上位人気4着以下では…

「GⅢ3着」

が最も多い。「きさらぎ賞」「ラジオNIKKEI杯2歳S」「京成杯」「アーリントンC」「共同通信杯」などで、連対馬にもいるのだが安易に狙うのは危い。

他も「良血」や「重賞2~5着」なども人気になりやすい。ただ、「OP9着のみ」や「逃げ」、「1戦1勝馬」など過剰人気も見られるので気を付けたい。



「上がり3ハロン3番手以内」は9年で13頭。

先行勢で該当していない馬がいるが、良馬場なら34秒台とタイムは速い。
該当していない年は、0.4秒差と0.5秒差の2着馬で、共に「勝ち馬が後の東京優駿(日本ダービー)馬」。相手が抜けていた感も。

17頭に「連対時に上がり2番手内」。残り1頭は「逃げて上がり3番手」のゴールデンチケット。
キャリアがある程度あるなら「連対時に複数上がり3ハロン3番手以内」。



鞍上は9年で現役では「武豊」騎手と「小牧太」騎手の2連対が複数。

チャレンジC(旧・朝日CC)も1800m後は複数連対がないので、難しさもあるか…。
3場開催で日経賞が同日という部分もあるのでその影響もあるとは思うが、今後も注目したい。



以前は9年で4頭が「ラジオNIKKEI杯3着」、2頭が「アーリントンC3着か4着」。

阪神1800m重賞という事もあって、阪神2000mや阪神1600mの重賞で惜しい馬が多く、1ハロンをこなしてくるケースが目立った。

ただ、ラジオNIKKEI杯2歳Sが無くなって、ホープフルSになった事や直線が長くなった影響もあってか共同通信杯や京成杯の4、5着辺りが絡みだしている。



11年は震災の影響で2週前に開催がなかったが、開催のあった9回の内3頭が「中1週」間隔。

ココ6年では中2週以上になっているが、「条件戦を勝った直後」は通用していた。この年齢でも短いレース間隔でもやれる可能性はあるかと。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-03-24 00:17 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23004422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マーチSの傾向 2016 日経賞の傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
セレクトセール2017の1歳..
at 2017-06-29 02:16
CBC賞の傾向 2017
at 2017-06-28 00:06
ラジオNIKKEI賞の傾向 ..
at 2017-06-27 00:04
宝塚記念の結果 2017
at 2017-06-26 00:01
宝塚記念の予想 2017
at 2017-06-25 02:46
宝塚記念の予想候補 2017
at 2017-06-24 02:06
宝塚記念の枠順決定! 2017
at 2017-06-22 15:44
宝塚記念3着の傾向 2017
at 2017-06-21 10:08
宝塚記念の傾向 2017
at 2017-06-20 00:06
ユニコーンSの結果 2017
at 2017-06-19 00:25
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク