皐月賞3着の傾向 2016
皐月賞の連対馬をチェックした「皐月賞の傾向 2016」に続いて、皐月賞3着の傾向も見ておきます。


 皐月賞3着の傾向 (中山開催の過去10回の3着馬データから) 2016


【実績】
最低連対ラインは「OP勝ち」。

ただ、該当するのが…

「4戦4勝重賞出走が無し」のフサイチジャンク


残り9頭には「重賞連対」。

重賞が「朝日杯FS3着とシンザン記念2着」のウインフルブルーム以外は「重賞勝ち」。

もう1頭「重賞1戦1着のみ」のキタサンブラックとエイシンフラッシュ以外の6頭は「重賞勝ち+重賞連対」。

出走があった7頭には「GⅡ以上3着以内」。残りはGⅡ以上に出走は無く、「4戦4勝」2頭と「重賞1戦1勝」1頭。


最低ラインで見ると、連対馬の単発での「OP2着」や「重賞2着」と比べると実績は高い。



【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは1800m以上が…

「弥生賞8着のみ」のセイウンワンダー

ただ、「朝日杯FS1着時でさえ重め残り」と言われており、弥生賞時はさらに「+12キロ」での出走。皐月賞時は「-10キロ」と絞ってきていた。


次点は「1800m以上勝利」。

「弥生賞3着のみ」のコディーノ
「2000m以上出走無し」のディープブリランテ


残り7頭には「2000m以上連対」があった。



【コース】
「中山連対」8頭、「初出走」1頭。

残りは…

「朝日杯FS3着のみ」のウインフルブルーム

連対馬と比べると「初出走」が少なく、中山実績がある馬が多い。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」5頭。

勝ち馬よりも前で競馬をしていたのは半分。ココ4年は後ろから交わされており、粘れずという印象。




【前哨戦】
「弥生賞(3、8、1、2着)」4頭、「スプリングS(1、2着)」2頭、「若葉S(2、1着)」2頭、「共同通信杯1着」1頭、「京成杯1着」1頭。

前述の馬体重減らずのセイウンワンダー以外は「3着以内」。トライアル以外は「重賞勝ち」。
トライアル1着は3頭。



【その他】
中山開催10回で人気は4、8、3、3、11、4、1、2、2、3番人気。

2番人気と3番人気が多く、連対馬と比べても1番人気と二桁人気が少ない。



「上がり3ハロン3番手以内」は10回で4頭。

連対馬と比べると少なく、力負けの感は否めない。
キタサンブラック(上がり2番手1回)以外の9頭が「連対時に上がり2番手以内2回+3番手以内以上」と連対馬よりも数は多い。



鞍上は「岩田康誠」騎手、「内田博幸」騎手、「横山典弘」騎手の2回。

連対馬にも名のある騎手も多いので、ある程度走り慣れている方が良さそうだが…。



中山10回で「内5:外5」で五分。

連対馬もあまり大きな差はなく、最内も大外もいて、桜花賞ほど気にする必要はない。



全体的に見て「連対馬より3着馬の方が条件が高め」が多い。

もちろん、連対馬の方に1番人気が多い事もあって、高い次元でクリアしている馬もいるが、「最低ライン」や「クリアしている数」が3着よりも少なかったりする。

展開などで決まる事もあって、「普段人気を集める要素だけ」では難しいかと。




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-04-13 01:20 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23062611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アンタレスSの傾向 2016 皐月賞の傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
セレクトセール2017の1歳..
at 2017-06-29 02:16
CBC賞の傾向 2017
at 2017-06-28 00:06
ラジオNIKKEI賞の傾向 ..
at 2017-06-27 00:04
宝塚記念の結果 2017
at 2017-06-26 00:01
宝塚記念の予想 2017
at 2017-06-25 02:46
宝塚記念の予想候補 2017
at 2017-06-24 02:06
宝塚記念の枠順決定! 2017
at 2017-06-22 15:44
宝塚記念3着の傾向 2017
at 2017-06-21 10:08
宝塚記念の傾向 2017
at 2017-06-20 00:06
ユニコーンSの結果 2017
at 2017-06-19 00:25
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク