NHKマイルCの傾向 2016
東京1600mで行われる3歳GⅠ「NHKマイルカップ」。


以前は3歳クラシックに出走できなかった「海外生産馬」や「短距離適性馬」が出走する事が多かった。クラシック解放後は「難コース」と言われる皐月賞を避けて、東京優駿(日本ダービー)へ向かう前哨戦とするケースも。


 NHKマイルCの傾向 (過去10年の連対馬データから) 2016


【実績】
最低連対ラインは「OP勝ち」。

重賞が…

「アーリントンC4着、ファルコンS5着」のタガノブルグ
「札幌2歳S9着、東スポ杯2歳S8着、スプリングS3着、NZT7着」のマイネルホウオウ
「阪神JF8着、桜花賞14着」のピンクカメオ

マイネルホウオウはスプリングS3着に加え、きんもくせい特別で「後の朝日杯FS3着、共同通信杯2着のゴッドフリートにハナ差2着」、東スポ杯2歳Sでは「後のラジオNIKKEI杯2着のバッドボーイに0.1秒差、弥生賞2着のミヤジタイガにクビ差」など「重賞2着馬に差のないレース」があった。

ピンクカメオは、関東馬で関西GⅠ2戦と厳しい部分があり、OPで破った馬が後にフラワーC勝ちしており、「重賞で連」も十分考えられた。

展開の利もあったがタガノブルグがいるので、一概には言えないが「重賞で通用しそうなOP勝ち」ならセーフ。


残り17頭は「重賞連対」。
半分以上の10頭には「重賞連対+重賞3着以内」があった。



【距離】
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

1400mまでだったのは1600m以上が

「アーリントンC4着のみ」のタガノブルグ

ただ、出走メンバーや展開面も大きかったが…。


19頭は「1600m以上連対」。

ちなみに「1700m以上連対」は9頭、「1800m以上初」は4頭で、特に長い距離でやれている必要はなさそう。「1800m以上は2戦以下」と少ないが…。
逆にブラックシェルは「1800m以上連対、1600m以下初」で連対。



【コース】
「東京連対」11頭、「初出走」7頭。

残りは…

「東スポ杯2歳S8着のみ」のマイネルホウオウ
「クロッカスS7着のみ(初芝時)」のジョーカプチーノ

前者は「新潟」、後者は「中京」で「左回り連対」があった。
ちなみに「初出走」の内1頭だけが「新潟連対」で、残りは「左回り初」。



【脚質】
「逃げ」2頭、「先行」8頭、「差し」9頭、「追い込み」1頭。

1000mの通過は59.3、58.4、57.8、59.9、57.6、56.3、57.2、59.2(稍重)、58.5(稍重)、57.5で速くなる事も多い。
ただ、ペースや直線の割に前が残っており、楽に行ければ残る。



【前哨戦】
「ニュージーランドT(7、1、3、2、3、3、2着)」7頭、「毎日杯(2、1、1着)」3頭、「皐月賞(5、6、6着)」3頭、「スプリングS(12、2着)」2頭、「桜花賞14着」1頭、「フラワーC1着」1頭、「ファルコンS1着」1頭、「アーリントンC1着」1頭、「橘S1着」1頭。

着順はGⅠ皐月賞と桜花賞の2戦を除くと、ニュージーランドT7着、スプリングS12着以外の14頭が「3着以内」。
この内、ニュージーランドTは3着以内、毎日杯は連対、それ以外のGⅢとOPは1着。



【その他】
1番人気6連対、2番人気1連対、3番人気4連対。

5番人気2連対、10番人気2連対、17番人気2連対。残りは4、6、9番人気。
9~17番人気が25%と人気薄が絡みやすい。

馬連は「ある程度人気で落ち着く」年と「人気薄が絡む」年に分かれている。出走メンバー次第で狙いを変えるのが良さそう。
ただ、3着に人気薄が絡む事もあり、平均配当は10年で馬連9721円に対して、3連複が20万954円。



上位人気で4着以下に敗れたのは…

「位置取り後方」
「キャリア3戦の毎日杯連対」
「折り合い欠いて先行」
「実績不足」
「故障」

などが多い。

「未対戦で単純に比較が難しい」上、「ペースや位置取りが大きいコース」、「前哨戦との馬場の違い」など不安定な部分が多い。人気を形成する要素だけでは判断がしづらい。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で12頭。

逃げ馬が勝った14年と12年、逃げ馬が飛ばして脱落して雪崩れ込んだ09年以外は「勝ち馬は上がり3番手以内」。
ただ、直線が長く、ペースや差し馬に有利なコースの割に前が残る。良い脚を早めに使えるタイプがいい。
前は「最速」が多かったが、ココ5年は減ってきている。



「鞍上」は「横山典弘」騎手の3連対がトップ。

「C.ウィリアムズ」騎手の2連対が続く。
人気薄が多く絡む影響もあって騎手はバラバラで、どの騎手にもチャンスがありそう。

「上位人気4着以下」は「岩田康誠」騎手が3回、「武豊」騎手、「柴田善臣」騎手、「戸崎圭太」騎手の2回などで、騎手で買うのは難しいレース。
数年延ばしても多いが勝ちや3着のある「武豊」騎手はともかく、「岩田康誠」騎手には今の所縁遠い…。





東京開催だが『1600m以上の中山か阪神の高いレベルで上位』と相性が良い。

重複もあるが…


中山1600mの「朝日杯FSやニュージーランドT3着以内」「菜の花賞(OP時)やジュニアC勝ち」

マイネルホウオウ、カレンブラックヒル、アルフレード、グランプリボス、ダイワバーバリアン、ジョーカプチーノ、ピンクカメオ、ローレルゲレイロ、ロジック、ファイングレイン

他にも「スプリングS3着以内」や「弥生賞2着」、「フラワーC1着」など中山1800m以上も。


阪神1600mの「アーリントンC3着以内」「桜花賞3着以内」「代替阪神開催のニュージーランドT」

ミッキーアイル、グランプリボス、ディープスカイ、ローレルゲレイロ、ロジック、ラインクラフト、デアリングハート

阪神1800mか2000mの「毎日杯連対やラジオNIKKEI杯3着以内」

コティリオン、ダノンシャンティ、ディープスカイ

など。

どちらかというと「京都のシンザン記念やきさらぎ賞」「東京の共同通信杯」よりも「中山や阪神1600m以上の重賞上位」が好走している。両方該当していたり、3着はあったりするが…。

ちなみにファルコンSが「新・中京」になって3回で連対馬が1頭。今後の傾向に注目したい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-05-03 00:10 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23113460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< NHKマイルC3着の傾向 2016 プリンシパルSの傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク