東京優駿(日本ダービー)3着の傾向 2016
過去10年の連対馬をチェックした「東京優駿(日本ダービー)の傾向 2016」に続いて、東京優駿3着馬も調べてみます。


 東京優駿(日本ダービー)3着の傾向 (過去10年の3着馬データから) 2016


【実績】
最低連対ラインは「重賞2着」。

該当するのは…

「京成杯7着と青葉賞2着」のアポロソニック
「共同通信杯4着、スプリングS2着、皐月賞11着」のベルシャザール

2回2着の

「きさらぎ賞7着、弥生賞2着、皐月賞6着、NHKマイルC2着」のブラックシェル

残り7頭は「重賞勝ち」。

「札幌2歳S5着、ラジオNIKKEI杯2歳S7着、共同通信杯4着、毎日杯1着、青葉賞6着」のマイネルクロップと「シンザン記念1着と皐月賞9着」のアントニオバローズ以外の8頭は「GⅡ以上連対」。

※連対馬が「勝ち」に対して、3着馬は「連対」と少し低くてもココは可能性がある。



【距離】
全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

1800mまでだったのは2000m以上が…

「ラジオNIKKEI杯2歳S7着と青葉賞6着」のマイネルクロップ

残り9頭は「2000m以上連対」。


3割程が1800mでいい連対馬と違い、3着は「2000m以上連対」率が高い。



【コース】
「東京連対」5頭、「初出走」4頭。

残り1頭は

「共同通信杯4着と皐月賞11着(代替)」のベルシャザール

2011年の3着馬で震災時という事で少し例外的にとらえたい。一応、共同通信時は内が粘る所を大外をぶん回して4着という事情も憶えておきたい。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」5頭。

比率はそれほど連対馬とは変わらないが、ココ5年は先行勢が増えている。
着差は「平均0.6秒差」と大きく11年の0.1秒以外は「0.3~1.4秒差」なので、離される印象もある。



【前哨戦】
「皐月賞(6、11、1、4、2着)」5頭、「青葉賞(6、2着)」2頭、「京都新聞杯1着」1頭、「NHKマイルC2着」1頭、「プリンシパルS2着」1頭。

着順は「GⅠ不問」は連対馬と同じだが、それ以外で「2着や6着」と少し低いレベルでも3着はある。



【その他】
「人気」は3、12、8、7、8、1、8、6、4、7番人気。

上位人気が半分を占めていた連対馬と違い、コチラは「6~8番人気」が中心。
実績の低さや着差が大きい事もあり、3着は人気があまり無くても絡める。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で3頭。

仮柵の移動の影響もあってか、早めに動いた馬が多い。
ただ、上がりが勝ち馬より速かったのは2年だけなので、展開云々よりも能力差の方が…。



鞍上は「岩田康誠」騎手が3着2回。

さらに1回3着のある「武豊」騎手と「四位洋文」騎手を含めて3人は10年で上位に3回以上絡んでいる。



連対馬の「1800m以上重賞勝利」に対して、3着馬は「1600m以上重賞連対」。

「重賞がシンザン記念1着と皐月賞9着」のアントニオバローズを除いても「1800m以上重賞連対」なので、やはり連対馬よりも劣っているケースが多い。



重複もあるが、連対重賞は10年で…

「皐月賞」2頭、「弥生賞」4頭、「シンザン記念」2頭、「毎日杯」「東スポ杯2歳S」「青葉賞」「京都新聞杯」「スプリングS」「ラジオNIKKEI杯2歳S」「NHKマイルC」「きさらぎ賞」1頭。

連対馬と同じレースが多い。



枠は「内5:外5」で五分で、連対馬ほどは大きな差は無い。

ただ、「馬番」は「3番」3回、「7番」「14番」2回ずつと偏りがみられる?



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-05-25 00:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23169746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 目黒記念の傾向 2016 東京優駿(日本ダービー)の傾向... >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク