安田記念3着の傾向 2016
過去10年の安田記念連対馬をチェックした「安田記念の傾向 2016」に続いて、安田記念3着もみておきます。


10年で海外調教馬が1頭いますが、除いておきます。


 安田記念3着の傾向 (過去10年の日本調教馬3着のデータから) 2016


【実績】
最低連対ラインは「重賞2着」。

該当するのは…

「重賞8戦して阪神C2着や京阪杯2着、京王杯SC3着や京都記念3着、NHKマイルC5着など」のファリダット

連対馬と同様に「重賞2着2回」。


次点は「重賞勝ち(1回)」。

「重賞4戦して中山牝馬S12着、愛知杯8着、阪神牝馬S1着、ヴィクトリアマイル5着」のジョリーダンス


残り7頭は「GⅢ以上勝利+GⅢ以上連対」。

GⅠは「GⅠ連対」3頭。残りは「GⅠ3着など」「GⅠ5着のみ」「GⅠ6着のみ」「GⅠ5着と6着」「GⅠ6着と12着」「GⅠ11着と17着」。

連対馬の「GⅡ以上勝利+GⅡ以上連対」と比べると少し下がる。


ちなみに海外調教馬は「GⅠ勝ち以上」。



【距離】
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは1800m以上が…

「小倉大賞典13着のみ」のコスモセンサー
「1800m500万3着、2000m500万3着、すれみS5着」のファリダット

出走が少ないか惜しいレースがあった。


残り6頭は「1800m以上勝利」。


ちなみに海外調教馬は「1600m勝ち」。



【コース】
「東京連対」8頭。

残りは…

「NHKマイルC5着と京王杯SC3着」のファリダット

GⅢやOP辺りなら連があったかと。

海外調教馬は「初出走」。



【脚質】 ※海外調教馬含む
「先行」3頭、「差し」6頭、「追い込み」1頭。

10年中8回が「勝ち馬よりも後方からの競馬」で届かず。



【前哨戦】 ※海外調教馬含む
「マイラーズC(10、3、3、6、5、3着)」5頭、「チャンピオンズマイル3着」1頭、「大阪杯5着」1頭、「京王杯SC3着」1頭、「ヴィクトリアマイル5着」1頭。


連対馬よりも安定?しているが、それでも掲示板(5着)とあまり着順はこだわらなくてもいい。




【その他】
「人気」は12、10、12、15、3、5、10、9、9、8番人気。

連対馬と比べると上位人気が少なく、8割が「8番人気以下」なので、荒れるなら3着の可能性は高い。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で7頭。

届かず3着が多いが、上がりで勝ち馬に勝っているのは4回だけ。
人気の部分を考えても、能力で3着という感じも受けるが…。



「鞍上」は「三浦皇成」騎手の2回が複数。

他はバラバラ。連対に名を連ねる騎手もいるが、特に得意そうは騎手がいるような感じはしない。



「年齢」は…

「6歳」6頭、「5歳」3頭、「4歳」1頭。

連対馬もそうだが、5歳以上が多い。



「東京GⅡ以上連対」は5頭。

残りは「東京GⅢ連対」2頭、海外調教馬の「東京重賞出走無し」、「東京GⅠ5着のみ」と「東京GⅡ3着とGⅠ5着」。



連対馬にいない「東京1600mGⅢ連対」がみられる。

10年で「富士S」や「東京新聞杯」は、同じ東京1600mなのだが3着止まり。
馬場の違い以外にも、求められるモノが違うのかも…。



実績と被るが「GⅠが2~11着」と、「日本馬のGⅠ勝ちがいない」。

「GⅠ馬」が4着以下に敗れたりする事もあるが、3着にいないのは興味深い。
出走メンバーにもよるだろうが、連対馬は「GⅠ連対」が多いので、その辺りでも劣っている。




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-06-01 00:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23187359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 鳴尾記念の傾向 2016 安田記念の傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク