鳴尾記念の傾向 2016
阪神2000mで行われる古馬GⅢ「鳴尾記念」。


この条件になってからは5回目。2012年からココへ移ってきたが、それ以前は12月の阪神開催で改修後は1800m、改修前は2000mで行われていた。99年以前はGⅡ、97~99年までは宝塚記念の前哨戦として6月開催と変更がチラホラ。条件としては近いですが、さすがに97~99年とは状況が違うので、参考にしづらい。


「有馬記念前の重賞」と「宝塚記念前の重賞」で、12月開催になった「旧・金鯱賞とトレード」されたカタチ。GⅢとGⅡの違いはありますが、ひとまず出走馬の実績的に近いのではないかと。開幕週の馬場で2000mGⅢという部分では秋に開催していた「旧・朝日CC」が近いと思うので、そちらも参考までに…。


 鳴尾記念の傾向 (過去4年の3着まで+αのデータから) 2016


<実績>
最低連対ラインは「OP勝ち」。

該当するのは…

「OPは3勝、重賞が毎日杯11着、金鯱賞12着、鳴尾記念4着、函館記念10着、札幌記念11着、中山記念10着」のエアソミュール

重賞実績は無かったが前年の4着が評価されたか1番人気だった。


残りは11頭は「重賞連対」。
6頭に「GⅡ連対+重賞連対」だが、半分ほど。


この時期の「旧・金鯱賞」は8割が「GⅡ連対+重賞連対」、阪神開幕2000mGⅢだった「旧・朝日CC」も7割が「GⅡ連対+重賞連対」。
最低連対ラインは「旧・金鯱賞」が「重賞2着」、「旧・朝日CC」が「1600万勝ち、重賞4戦GⅡ5着など」。



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは…

「1800m以上初」の13年の勝ち馬トウケイヘイロー


次点は「1800m勝ち」。

2000m以上が「京成杯4着、天皇賞(秋)9着、金鯱賞5着、AJC杯5着、中日新聞杯10着、大阪杯6着」の14年の3着馬フラガラッハ


残り10頭には「2000m以上連対」があった。


阪神開幕週の2000mGⅢの「旧・朝日CC」の5回分の連対馬では「1800m以上勝利」。

1800mまでだったのは「2000mが未勝利5着、500万3着、大阪杯9着」のミッキードリームと2000m以上が「東京優駿(日本ダービー)15着のみ」のブレイクランアウトで、それ以外には「2000m以上勝利」があった。



<コース>
「阪神連対」11頭。

残り1頭は…

「エリカ賞3着のみ」のトーセンラー

直線に坂もあるので、走ってダメなら苦手な場合も…。


旧・朝日CCの5年の連対馬では…

「阪神連対」5頭、「初出走」2頭。

残りは「7戦してGⅡ5着や500万4着2回」、「新馬8着とOP3着」、「GⅢ7着とOP5着」。
OP以上で5着があればセーフか。



<脚質>
「先行」6頭、「差し」6頭。

1000mは59.5、60.6、60.4、62.3で開幕週を考えるとペースは遅い。

15年は「5番手」、12年と13年は「2番手」が勝ち、14年は「3番手」が2着と、阪神2000mと開幕週なので「前につけている方」がいい。


旧・朝日CCの5年連対馬では「逃げ」1頭、「先行」6頭、「差し」3頭。
時期が9月と違うが、61.1、61.2、61.0、59.8、62.1と同じく速くはならない。



<その他>
「人気」は…

15年 2番人気→8番人気→4番人気
14年 1番人気→9番人気→10番人気
13年 6番人気→10番人気→7番人気
12年 2番人気→1番人気→5番人気

出走メンバー次第の感は否めない…。


旧・金鯱賞は5年で1番人気4連対、2番人気2連対、3番人気1連対で、上位が多かった。
宝塚記念の前哨戦でGⅡだったので、実績のある馬が出走する影響かと。

旧・朝日CCも5年で1番人気4連対、2番人気1連対、3番人気2連対、4番人気2連対。
出走馬のレベルもあってか、上位人気が強めだった。



「上がり3ハロン3番手以内」は12頭中9頭が該当。

連対馬が8頭中7頭なので、良い脚が使えた馬がイイ…。


旧・朝日CCでは5年の連対馬10頭中9頭が該当しており、前からでもいい脚が使えていた。



「鞍上」は「岩田康誠」騎手の4年で1勝2着1回3着2回がトップ。

「浜中俊」騎手の2着2回が続く。
他は「戸崎圭太」騎手、「武豊」騎手、「福永祐一」騎手が勝ち、2着に「武幸四郎」騎手、3着に「和田竜二」騎手と「高倉凌」騎手がいる。



「年齢」は…

「5歳」5頭(3勝2着1回3着1回)、「4歳」4頭(2連対3着2回)、「7歳」2頭(2着1回3着1回)、「6歳」1頭(2着)。

さすがに4回だけでは判断しづらいが、14年に7歳が2頭絡んでおり、若い馬ばかりではない…。



「前哨戦」は「中山記念10着」2頭、「大阪杯(6、1着)」2頭、「新潟大賞典(12、13、11着)」3頭、「天皇賞(春)8着」1頭、「京王杯SC8着」1頭、「日経賞7着」1頭、「小倉大賞典16着」1頭、「都大路S4着」1頭。




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-06-02 01:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23190036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 鳴尾記念の予想候補 2016 安田記念3着の傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク