ユニコーンSの傾向 2016
東京ダート1600mで行われる3歳「ユニコーンステークス」。


2、3歳を通じて初めて行われる中央ダート重賞。ノンコノユメ、グレープブランデー、シルクメビウス、カネヒキリなど、後にGⅠで連対する馬も絡んでいる。


先週の的中で気分が良いので、3着も載せておきます(現金なモンです…苦笑)。


 ユニコーンSの傾向 (過去10年の連対馬データ+α) 2016


<実績>
最低連対ラインは「500万勝ち」。

「青竜S4着のみ」のノボバカラ
「ヒヤシンスS6着と三浦特別(1000万)4着」のレッドアルヴィス
「ダートは500万1戦、共同通信杯4着やスプリングS8着」のストローハット
「3戦ダート2勝+若葉S16着」のグロリアスノア
「ダートはOP初、芝はすみれS6着のみ」のナイキアースワーク


後は「重賞連対」5頭、「OP勝ち」10頭。
ダート重賞に限定すると「ファンタジーS1着、端午S1着」のサウンドリアーナがおり、「OP勝ち」が1頭増える。

相手次第だが「500万勝ち以上でOP6着以内」がラインになりそう。


(3着の最低ラインも「500万勝ち」で、「OP3着」1頭や「OP以上出走無し」2頭。残りは「OP以上連対」と連対馬よりも少し落ちる。)



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

ただ、1400mまでなのは1600mが…

「桜花賞18着のみ」のコーリンベリー
「新潟2歳S3着、デイリー杯2歳S7着、阪神JF17着、桜花賞9着」のサウンドリアーナ
「1600m以上出走なし」のシルクビッグタイム

「芝」か「出走無し」なので、その辺りなら可能性は残る。


残り17頭に「1600m以上連対」。
ただ、東京という事もあるのか1800m以上が「黒竹賞5着のみ」のノボバカラ、「出走なし」アイアムアクトレス、「若葉S16着」のグロリアスノア以外の14頭が「1800m以上連対」。


(3着も「1400m勝ち」。ただ、ダート初で「いちょうS3着やスプリングS8着など」のアポロドルチェ以外は「1600m以上連対」。内7頭は「1800m以上連対」。)



<コース>
「東京連対」10頭、「初出走(芝除く)」10頭。

左回りは苦手な馬もおり、直線も長いので、出走して結果が出ていない場合はマイナス。
ただ、04年に「1.1秒差だがOP4着」のトップオブワールドがいるので、可能性は残る。

初出走の内、「初芝のファルコンS7着のみ」のシルクビッグダイム以外は「左回り初」。


(「東京連対(ダート初含む)6頭、「初出走」3頭。残り1頭は「ヒヤシンスS4着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」9頭、「差し」9頭、「追い込み」1頭。

1000mは58.9(稍重)、59.5(稍重)、60.6(重)、59.7、59.0、59.2、59.3(不良)、58.9、59.8、58.9でダートの割に速くなる。

ペースやコースの割に、ダートらしく前が粘れる。


(3着は「先行」3頭、「差し」6頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
「人気」は1番人気7連対、2番人気5連対、3番人気4連対。

4番人気3連対、残りは7番人気と9番人気。
9割方が「1~4番人気」。

3着は3、7、8、8、2、6、3、6、7、5番人気。


「中央で初めてのダート重賞」なので、デビューが遅くならない限りは、結果を出していた馬が活躍するのは当然かと。
レパードSと違って、東京ダートへ出走しているケースも多いので、左回りの適性なども分かっており、人気につながりやすいと考えられる。



「上がり3ハロン3番手内」10年で16頭が該当。

8割が該当しており、脚質の割に実績の高さもあって該当する事が多い。
「勝ち馬に関してはすべて該当」しており、前でも後ろからでも良い脚を使うタイプがいい。

19頭には「勝利時に上がり最速」があった。残り1頭は逃げ馬コーリンベリーで「上がり3番手」。

(3着の「上がり3ハロン3番手以内」は5頭。)



「前走」は、ダートは、「青竜S4」のノボバカラと「4か月ぶりの三浦特別4着」のレッドアルヴィス以外は「OP以上連対か条件戦勝利」。
当面の目標になっているダート組はいい状態での出走となっている。

ちなみに芝では「ファルコンS7着」だった。



鞍上は「武豊」騎手、「岩田康誠」騎手、「横山典弘」騎手が2連対ずつ。
ダート路線という事も影響してか、「若手」の名前も挙がっており、侮れない。



重複もあるが…

「兵庫CS」「端午S」「ヒヤシンスS」辺りとの相性がいい。
ちなみに距離が短縮した「端午S」は昨年も絡んでおり、「兵庫CS」と共にレース間隔などもあるかも。

14年から5月に行われている同じ東京ダート1600mOPの「青竜S」。14年は連対馬は出走せずに3着馬のが6着が最高だったが、15年に1~3着までを独占。今後の流れに注目したい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-06-14 00:03 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23220194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 函館スプリントSの傾向 2016 エプソムCの結果 2016 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク