函館2歳Sの傾向 2016
函館1200mで行われる2歳GⅢ「函館2歳ステークス」。


96年以前は札幌の方が開催が早かったが、97年以降は函館が先に開催されており、それ以降は2歳世代で初めて行われる中央重賞に。


函館4週+4週の8週目に行われる事ほとんどだったが、12年から3週+3週の6週目に(12年は日曜、13年と14年は土曜、15年は日曜開催)。それにともなってラベンダー賞が無くなった。開催日数だけで言うと函館4週+2週の6週目だったラベンダー賞と同じで、OP戦がなくなった事で出走メンバーの経験的にもラベンダー賞出走馬と近い経験に。参考までに以前のラベンダー賞の傾向も載せてみます。


09年は札幌代替開催だったので、除いて考える。ちなみに2013年はスタンド改修の札幌の代替開催を見据えて芝が短かったのか時計が速かった。


 函館2歳Sの傾向 (過去4+6年の連対馬データを中心に) 2016


<実績>
13年から「新馬勝ち、或いは未勝利勝ち」。

開催時期が変わって、OP戦もないので、地方馬でない限りは1勝馬しか出走が無い。それ以前は「ラベンダー賞3着以内」というのもあった。

ちなみに「新馬勝ち」6頭と「未勝利勝ち(新馬は2着か5着)」2頭。


ラベンダー賞函館4回では「地方馬デビュー勝ち+α」以外は「新馬勝ち」か「新馬2着→未勝利1着」。



<距離>
13年以降の8頭では「1000m勝ち」1頭と「1200m勝ち」7頭。

ラベンダー賞函館5回でも「1000m勝ち」か「1200m勝ち」。ただ、旧・函館2歳Sと比べると「1000m勝ち」の率が高かった。


函館開催10回だと「1000m勝ちまで」2頭、「1200m以上勝利」18頭。



<コース>
13年以降の8頭は「函館勝ち」。

それ以前の12頭は「函館連対」だが、「ラベンダー賞2着のみ」のマイネショコラーデ以外は「函館勝ち」。


以前と比べると他場の新馬戦が増えたので「初出走」の可能性はある。
ラベンダー賞函館5回でも地方馬や「阪神勝ちのみ」、「京都ダート勝ち」など「初出走」がいた。(札幌開催時は「福島勝利」も)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」9頭、「差し」10頭。

600mは34.1(稍重)、34.1、33.7、34.1、34.1、35.0、33.6、35.8(重)、34.2、34.1。
コース的には前が有利だが、最終週を考えると差しも決まる。

ラベンダー賞函館5回では「逃げ」3頭、「先行」6頭、「差し」1頭。600mは34.3、34.5、34.1、34.9、33.7。



<その他>
「人気」は、1番人気4連対、2番人気3連対、3番人気3連対。

5番人気4連対、11番人気2連対で、残りは4、6、7、9番人気。
3着は10、2、8、2、4、3、5、2、8、1番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は函館10回で17頭。

該当しないのは「逃げ」と「2番手」のみなので、基本はいい脚が使える方がいい。
16頭に「勝利時に上がり最速」、「勝利時に2番手」1頭。



「鞍上」は函館開催10回で…

「三浦皇成」騎手、「四位洋文」騎手、「木幡初広」騎手の2連対が複数。
ただ、他はバラバラで3場開催の影響は出ているかと。



函館10回分で「牡7:牝13」で「牝馬有利」。

この時期はまだ「同斤量」で行われているのだが、「仕上がりの早い」「暑さにも強い」という部分もあるのかと…。

元々古馬になっても短いトコロでは通用しやすいので、そこでも利はありそう。




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-07-19 02:00 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23305920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中京記念の傾向 2016 函館記念の結果 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク