レパードSの傾向 2016
新潟ダート1800mで行われる3歳GⅢ「レパードステークス」。

新設されて8回目になるが、2年間の「ただのグレードレース」を経て、11年に「GⅢ」に昇格した。第1~3回の09~10年は3回4日目、11年は4回4日目、12年は2回8日目、13年以降は4日目。

古代ローマでは『豹』の息には芳香があり、動物はコレに魅了され狩られてしまうと信じられていた。しかし、ユニコーンだけがこの匂いに対抗できたとの事。以前からあった3歳ダート重賞「ユニコーンS」に対しての「レパード(豹)S」となったようで。


 レパードSの傾向 (過去7年の連対馬と3着馬データから) 2016


<実績>
連対馬の最低連対ラインは「500万勝ち」。

該当するのは…

「2戦2勝」のクライスマイル

上のクラスへの出走が無かった。


次点は「1000万2着」。

「連対100%で、1000万1戦2着のみ」のグリッターウイング


それ以外は「1000万勝ち(芝含む)以上」(重賞(芝含む)連対は7頭)。


3着は「川崎のスパーキングナイトチャンレジ勝ち」と「佐賀のバルーンC勝ち」のタナトス以外は「1000万勝ちやOP2着以上」。


中央ではダート重賞は「ユニコーンSのみ」なので、出走メンバーを考えると実績は高めになる。ちなみに「OP以上に出走があった場合は7着以内」なので、コレはクリアしてほしい。



<距離>
連対馬の全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

ただ、1800m以上が「芝のスプリングS2着と皐月賞6着」のアジアエクスプレス以外は「1800m以上勝利」。


3着だと「1400m勝ちで、1600mが未勝利5着、ヒヤシンスS9着、ユニコーンS3着、1800m以上がUAEダービー10着とJDD3着」のケイアイレオーネだが、1600mや2000m重賞でで3着があった。それ以外は「1800m以上勝利」。



<コース>
連対は「新潟連対」3頭、「初出走(芝除く)」11頭。

OPなどが中央に多いし、重賞は交流で初めて多いのも当然か。ただ、初出走の内「左回り初」を除くと「東京GⅢ3着」「東京勝ち」や「中京勝ち」など左回りで結果が出ていた。


3着は「初出走」5頭と「500万9着のみ」と「1000万3着のみ」。



<脚質>
3着までの全体で「逃げ」2頭、「先行」10頭、「差し」9頭。

1000mは61.5、61.9(稍重)、61.0(稍重)、61.4、62.2(稍重)、60.5、59.7。

直線の長さもあって差しも届くが、「連対馬は前が多い」。



<その他>
「人気」は1番人気5連対(3着2回)、2番人気3連対(3着1回)、3番人気3連対。

残りは4、6、7番人気。3着の残りは7、9、11、12番人気。
3歳中央ダート重賞の2戦目という事もあって、1番人気が7回ですべて馬券圏内。



「上がり3ハロン3番手以内」は連対で11頭、3着までで16頭。

直線が長い事に加え、逃げや先行も該当している事もあって数は多い。
ダートだが、いい脚が使える馬を選びたい。



21頭中12頭が「新馬か未勝利1着→500万連勝」。
出走メンバー次第では該当馬の出走が無かったりするが、500万はあっさりクリアする馬が多い。

他にも3頭は「ダート新馬か未勝利勝ち→芝500万→ダート500万勝ち」。



鞍上は「戸崎圭太」騎手の2連対、「幸英明」騎手の1着3回1回、「内田博幸」3着2回、「柴田善臣」3着2回が複数。

他はバラバラなので、馬次第かと。



「馬番」は「4番」「5番」「6番」「7番」「9番」「10番」「11番」「12番」「13番」が2回ずつで複数。

後は「2番」「3番」「14番」が1回ずつ。



昨年初めて「ダート初出走」のダノンリバティが絡んだ。

母系はおじにサカラート、ヴァーリアン、キグスエンブレム、ソリタリーキングらがいる血統で、父はキングカメハメハでソリタリーキングと近い配合。ダートの方が可能性は高かったか…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-08-02 02:39 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23349773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小倉記念の傾向 2016 アイビスSDの結果 2016 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク