北九州記念の傾向 2016
小倉1200mで行われるハンデGⅢ「北九州記念」。


以前は1800mで行われていたが、06年から1200mになった。距離短縮してから今年で11回目。


 北九州記念の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2016


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは…

「1600万5戦3着など、OPは京都2歳S7着と中京2歳S5着、重賞きさらぎ賞8着とスワンS9着」のキョウワロアリング
「1600万10着のみ、OP出走なし、重賞4戦小倉2歳S3着など」のコスモフォーチュン


次点は「1600万2着」。

「OPは2歳9着、3歳7着、重賞も新潟2歳S16着、朝日杯FS15着、ファルコンS6着」のニンジャ


次々点は「1600万勝ち」。

「OP以上出走無し」のビッグアーサー、メイショウイザヨイ、スカイノダン
「OPは尾張S11着のみ、重賞はアイビスSD3着と4着、京阪杯8着、シルクロードS3着」のリトルゲルダ
「OPは7、5、7着、重賞はキーンランドC10着と京阪杯7着」のトウカイミステリー
「OPはテレビ愛知OP4着のみ、重賞はCBC賞6着のみ」のエーシンリジル
「OPはテレビ愛知OP8着のみ重賞4戦CBC賞4着や北九州記念5着など」のメリッサ
「OP5戦3着など、芝重賞は3戦してシルクロードS6着など」のサンダルフォン
「OP出走無し、重賞は3戦して阪急杯12着降着(5位入線)」のマルカフェニックス


その後は「OP連対」。

「OP1着、重賞8戦オーシャンS3着やシルクロードS4着など」のツルマルレオン
「OP1着、重賞は小倉2歳S7着、NHKマイルC中止、CBC賞8着」のスギノエンデバー
「OP2着、重賞4戦フィリーズR3着など」のレディルージュ

残り5頭は「重賞連対」。


ハンデ戦という事もあって、あまり実績はアテにならない。重賞にある程度出走しているなら上位は欲しいが、「4戦以内なら7着くらい」で通用する。



<距離>
全馬に共通するのは「1200m勝ち」。

数の多い1200m戦なので結果が出ているのは当然か。


20頭中13頭が「1400m以上で連対」があるが、コースとしても距離短縮に向かない(次に長い距離が1700m)ので、あまり特に気にする必要はなさそう。



<コース>
「小倉連対」15頭、「初出走」2頭。

残りは…

「1600万3着のみ」のリトルゲルダ
「OP7着のみ」のトウカイミステリー
「芝は小倉2歳S7着のみ(ダート勝ち)」のレディルージュ

1戦のみで、連が近いか高いレベルで7着なので、その辺りなら問題ない。


小倉に連対の無かった馬は「福島」や「函館」、「旧・中京」など小回りの1200mで結果がでていた。



<脚質>
「先行」8頭、「差し」12頭。

600mは32.7、33.1、32.2、32.2、32.4、32.1、32.7、33.0(稍重)、33.0、32.1。

直線は短いが、ペースもあってか差しが多く決まっている。さすがにかなり後方からは厳しいが…。



<その他>
「人気」は…

1番人気2連対、2番人気3連対、3番人気2連対と上位人気はやや苦戦。

5番人気2連対、6番人気2連対、8番人気4連対、11番人気2連対、残りは4、12、13番人気。
ハンデ戦で人気割れもあるだろうが、「8番人気が最多」というのはポイントか。

3着は4、17、2、6、1、6、1、4、10、2番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は15頭。

2~5番手くらいは該当していない馬が多いが、場合によっては早めに仕掛けてもいい脚を使っている。
マクりも多く、残り600mから良い脚を使えた馬が連に近い。



ハンデは50~58キロで平均53.35。中央値は53キロ。

52キロが8頭、55キロ以上が5頭という部分で大きく下げている。
実績の低さに加えて、「牝馬の連対の多さ」が軽さの要因。

トップハンデは56~58キロでのべ18頭で馬券圏内は3頭のみ。
56キロ1着と3着、58キロが2着で苦戦している。



「鞍上」は「北村友一」騎手の2勝が現役ではトップ。

「藤岡康太」騎手と「鮫島良太」騎手の2着2回が続く。
若手の騎手も見られるので、軽ハンデの部分も大きいかもしれない。



「性別」は「牡馬9:牝馬11」で少し牝馬が多い。
近年は中距離以上でも牝馬の活躍はあるが、この距離ならあまり大きな差はないようで。


「年齢」は「4歳」10連対、「5歳」4連対、「6歳」4連対、「3歳」2連対。
条件戦からが多い事もあるが、ココでは明け4歳にやや分がある。



九州開催で輸送が長い事や次週にキーンランドCがある影響か、関東馬の出走が無ない年もあって「10年すべて3着まで関西馬」。

出走はあっても関東馬には今の所、厳しい結果となっている。



「上位人気で4着以下」だった馬は延べ20頭で…

実績「重賞連対」16頭と連対馬よりも高め
コース「小倉連対」14頭で内「小倉1200m重賞連対」8頭
前走「CBC賞2~5着」6頭や「北九州短距離S上位」5頭、「アイビスSD1~5着」3頭など
年齢「3歳」7頭、「5歳」7頭、「4歳」5頭
ハンデは50~57.5キロで平均54.03キロ、中央値は54キロ

実績やハンデが高めで、前走も成績がいい馬はしっかりチェックしてから狙いたい。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-08-17 00:03 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23405094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 札幌記念の予想候補 2016 札幌記念の傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク