セントウルSの傾向 2016
阪神1200mで行われるGⅡ「セントウルステークス」。


GⅡになってからは11回目ですが、阪神改修時は旧中京開催なので、阪神GⅡは今回で10回目。
海外調教馬の連対が2頭ありましたが、勝手が違うので日本調教馬16頭をチェックします。今年は3着9頭もみておきます。


 セントウルSの傾向 (阪神9回分の連対日本馬データ+α) 2016


<実績>
「最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPへの出走なし、重賞は阪神牝馬S10着とアイビスSD3着」のアルティマトゥーレ

ただ、「9戦して新馬戦から3か月ぶりのさわらび賞7着と1000万勝ち直後に初重賞となった阪神牝馬S10着以外は3着以内」と底を見せていなかった。


残り15頭の日本調教馬は「重賞連対」。

その内…

「重賞5戦して北九州記念1着とアイビスSD3着と4着、シルクロードS3着、京阪杯8着」のリトルゲルダ
「重賞がアイビスSD1着と北九州記念3着」のエーシンヴァーゴウ
「重賞が芝はアイビスSD1着と北九州記念7着」のサンアディユ
「重賞5戦でファルコンS2着、ファンタジーS6着、フェアリーS5着、桜花賞9着、北九州記念5着」の07年3歳時のカノヤザクラ

以外には『重賞複数連対』があった。
重賞5戦以下でも「重賞連対+重賞3着」はクリアしてほしい。

(3着の最低連対ラインは「OP勝ち」。「重賞8戦して北九州記念3着、5着、4着、CBC賞5着など」のバーバラ、「重賞はNHKマイルC6着のみ」のスプリングソング、「アーリントンC6着、NHKマイルC3着、マイルCS5着、京都金杯6着、阪急杯4着」のキンシャサノキセキ。残り6頭は「重賞連対」。内4頭は「重賞連対+重賞3着以上」で、後は「重賞連対+重賞4着」と「重賞連対+重賞5着」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

1200mまでしか連対がなかったのは…

「ダート1400m新馬16着と1400m1600万7着」のリトルゲルダ
「1400m以上がダート1400m新馬7着のみ」のエーシンヴァーゴウ

残り14頭の日本調教馬には『1200m勝ち+1400m以上連対』があった。

(3着は「1200m以上勝利」。1200mまでの連対は「1400m3戦未勝利4着など、1600mOP12着のみ」のバーバラのみ。残り8頭は「1200m+1400m以上勝利」があった。)



<コース>
「阪神連対」10頭、「初出走(ダート除く)」4頭。

残りは…

「阪神C5着と8着、阪急杯5着と9着」のシンボリグラン
「桜花賞9着のみ」の07年時のカノヤザクラ


阪神で連対が無かった馬の内、2頭「阪神ダート連対」、2頭「中山連対」で、直線の急な坂はクリアしていた。残り1頭は「中山はフェアリーS6着のみの」のカノヤザクラ。

(3着は「阪神連対」5頭。残りは「GⅢ12着、OP12着、GⅡ15着」「500万4着、9着、1000万5着」「GⅠ10着、1000万6着、GⅡ14着」、「GⅢ6着、OP4着、GⅢ4着」。阪神連対が無かった馬は「中山連対」や「福島連対」などがあった。)



<脚質> 
「逃げ」2頭、「先行」11頭、「差し」3頭。

600mは34.0、32.9、33.8、33.2、34.1、33.9、33.8、33.5、33.4。
開幕週という事もあって前が多い。

ちなみに海外馬2頭は「差し」。

(3着は「逃げ」1頭、「先行」3頭、「差し」5頭。)



<その他>
「人気」は9回で1番人気5連対、2番人気3連対、3番人気1連対。

4番人気2連対、5番人気2連対、11番人気2連対で、残りは6、7、10番人気。
1~6番人気で8割ほどを占めているが、二桁が3回来ており侮れない。

3着は5、2、3、12、1、5、11、9、1番人気でコチラも人気薄がたまに絡む。



「上がり3ハロン3番手以内」は9年で10頭。

距離が1200mで開幕週、先行が多いなどもあって、上がりよりも「位置取り」が重要になりそう。
(3着は9頭中3頭とコチラも該当馬は少ない。)



3歳のNZT15着のアクティブミノル、海外調教馬、高松宮記念5着以来の14年のハクサンムーン、高松宮記念2着以来のスリープレスナイト、12年函館SS2着からと13年安田記念からのロードカナロア以外は「7月以降に出走」があった。

レース間隔が開いた馬は、古馬は「GⅠ3着以内」、3歳は「2歳GⅠ5着のみ」だったので、「休み明け」は実績次第か…。

(3着も函館SS7着からのドリームバレンチノ、CBC賞1着からのダッシャーゴーゴー、NHKマイルC6着からのスプリングソング、谷川岳S1着以来のキンシャサノキセキ以外は「8月以降に出走」。4戦3勝でGⅠ6着のキンシャサノキセキ以外は「GⅠ3着以内入線(ダッシャーゴーゴーは4着降着も2位入線)」があった。)



以前は「中京1200m重賞」との相性が良かった。新しいコースになったが、改修後は4年で4頭が「中京1200mGⅠ3着以内など」、2頭が「中京1200mGⅢ連対のみ」、残り2頭は「中京重賞出走無し」。

続いて相性がいいとされるのは9年で8頭が連対している「アイビスSD3着以内」。
直線だけでも操作ができる『器用さ』が求められるコースなのかも。

(3着は改修後は「CBC賞5着のみ」「CBC賞2着など」「高松宮記念2着のみ」「中京重賞出走無し」。)



「鞍上」は阪神GⅡ9回で「岩田康誠」騎手の2着3回がトップ。

「川田将雅」騎手の2勝が続くが、後はバラバラ。海外騎手や若手も絡むので馬次第。



「年齢」は8年で「5歳」6頭、「4歳」6頭、「3歳」4頭、「6歳」1頭、「7歳」1頭。
少し延ばしても「5歳」が少し多く、折り合いなどの部分もあるようで。

(3着は「5歳」3頭、「6歳」3頭、「4歳」2頭、「3歳」1頭。)


性別では「牡(せん馬):牝」は「9:9」の五分。

(3歳は「牡4:牝5」。)
短距離という事もあって、牝馬でも通用している。




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-09-07 00:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23471682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京成杯AHの傾向 2016 紫苑Sの傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
菊花賞の予想 2017
at 2017-10-22 09:53
富士Sの結果 2017
at 2017-10-22 02:54
ブレイニーランのデビュー戦
at 2017-10-22 01:25
富士Sの予想 2017
at 2017-10-21 01:06
菊花賞の予想候補 2017
at 2017-10-21 00:24
富士Sの予想候補 2017
at 2017-10-20 00:40
ブレイニーランのデビュー!
at 2017-10-20 00:04
菊花賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-19 14:44
富士Sの傾向 2017
at 2017-10-19 00:01
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク