京成杯AHの傾向 2016
中山1600mで行われるハンデGⅢ「京成杯オータムハンデ(AH)」。


14年は中山のスタンドなどの整備にともない新潟開催。中山開催10回分をみてみます。今年は3着もチェック。


 京成杯AHの傾向 (中山開催10回の連対馬データ+α) 2016


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのはOP以上が…


「アネモネS8着のみ、重賞はデビュー2戦目クイーンC3着のみ」のエクセラントカーヴ
「ニューイヤーS12着のみ」のファイアーフロート
「葵S18着と福島民報杯7着、重賞2戦エプソムC15着、七夕賞7着」のキョウエイストーム
「OP9戦門松S3着や福島テレビOP4着、重賞は5戦して七夕賞8着など」のアップドラフト

次点は「OP勝ち」。

「芝重賞10戦してアーリントンC3着、京王杯SC5着など」のニシノシタン


残り15頭は「重賞連対」。

内11頭は「重賞複数連対」、2頭が「重賞連対+重賞3着」。残りは「福島記念2着、ダービー卿CT10着、七夕賞11着」のフラアンジェリコと「アーリントンC1着、皐月賞12着、NHKマイルC17着、アイビスSD12着」の3歳ステキシンスケクンなので、「出走が多ければ重賞で2戦くらいやれている」方がいい。


14年の新潟開催は「重賞6連対」のクラレントと「OP2着、重賞8戦して小倉大賞典3着や京都金杯4着など」のブレイズアトレイル。


(3着の最低ラインは「OP2着」。「OP9戦2着3回、重賞4戦して関屋記念6着、富士S6着、ダービー卿CT11着、関屋記念3着」のスピリタス。残り9頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

ただ、1400mまでだったのは1600m以上が「芙蓉S7着、朝日杯FS3着、NHKマイルC8着」の3歳レオアクティブのみ。


それ以外の19頭は「1600m以上連対」。
「1600mが朝日杯FS2着とNHKマイルC9着、1800m以上もきさらぎ賞4着やスプリングS9着、東京優駿13着」の3歳レッツゴーキリシマ以外は『1600m以上勝利』。

内14頭は「1800m以上勝利」。
残りは「1800m以上初」エクセラントカーヴとファイアーフロート、前述のレッツゴーキリシマ、「東京優駿12着のみ」のステキシンスケクン、「中京新聞杯7着のみ」のニシノシタン。

(3着は「1200m以上勝利」。ただ、1200mまでは1400m以上が「京王杯2歳S6着、朝日杯FS7着、シンザン記念10着、アーリントンC7着、NZT4着、NHKマイルC5着」の3歳馬キョウエイアシュラ。残り9頭は「1600m以上勝利」。)



<コース>
「中山連対」16頭、「初出走(ダート除く)」2頭。

残りは…

「弥生賞5着、セントライト記念6着、ダービー卿CT4着」のエキストラエンド
「「1600万5着とOP12着」のファイアーフロート

2頭とも掲示板はあり、コーナーがキツかったり、直線に急な坂があったり…とトリッキーなコースなので、ある程度結果がでている方がいい。

中山に連対がなかった馬の内、「阪神1600万9着のみ」エキストラエンド以外は同じように直線に急な坂のある「阪神連対」があった。

(3着は「中山連対」7頭。残りは「スプリングS7着と皐月賞4着」、「朝日杯FS7着とNZT4着」、「朝日杯FS8着、京成杯AH7着、ダービー卿CT3着、スプリンターズS4着」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」8頭、「差し」9頭、「追い込み」1頭。

1000mは58.7、56.7、56.2、56.6、58.5、56.8、55.9、57.8、56.7、57.2(稍重)と開幕週らしく速い。

開幕週で直線も短く、コースとしても「前有利」だが、ペースの影響か「後ろが多い」。

(3着は「先行」4頭、「差し」6頭。)



<その他>
「人気」は中山10回で1番人気は全滅、2番人気5連対、3番人気3連対。

4番人気3連対、6番人気2連対、7番人気2連対、10番人気2連対で、残りは11番人気と14番人気。
3着は7、7、4、3、5、3、2、1、2、10番人気。



1番人気で多いのは半分の5頭を占める『前走、関屋記念2着』。

エアラフォンの「-12キロ」、ヒカルオオゾラの「-14キロ」、リザーブカードの「-8キロ」と状態面で微妙な部分もあったが、求められるモノが違う可能性も。
ただ、「関屋記念4着」や「関屋記念勝ち」からもいるので、関屋記念組がダメなわけではない。

他も「GⅠ以来の競馬」や「夏重賞で上位」がほとんどで、ハンデもあって難しい。
ちなみに13年は「1600万勝ち」で「OP以上出走なし」のルナだったが、鞍上「横山和生」の重賞初制覇を期待しての人気だったような…。



ハンデは52~58キロで平均55.125キロ。中央値は54.5キロ。
54キロが6頭で±1キロが5頭で半分を占める。57~58キロが8頭。

(3着は54~58キロで平均55.05キロ。中央値は54.5キロ。)

トップハンデは56~58キロで、のべ15頭で4連対3着3回。
開幕週という事もあってか他のレースと比べるとそれほど苦戦していない。



「上がり3ハロン3番手以内」は中山10回で12頭。

以前と比べると脚質で後ろが増えた事もあって、上がり速い馬が多くなった。
直線は短いので、残り600mで仕掛けるタイミングと上がりの脚がポイントか。

(3着の該当は4頭。)



「鞍上」は「横山典弘」騎手、「田辺裕信」騎手、「内田博幸」騎手、「田中勝春」騎手、「江田照男」騎手、「吉田豊」騎手らが2連対。

関東の騎手が多い。



「年齢」は「5歳」の8連対がトップ。

「7歳」4連対、「4歳」3連対、「3歳」3連対、「6歳」1連対、「8歳」1連対。
ハンデ戦や休み明けという事もあるが、高齢馬も絡んでいる。
(3着は「3歳」5頭、「6歳」2頭、「7歳」2頭、「5歳」1頭。)

「性別」は「牡16頭:牝4頭」で、牡馬が多い。
(3着は「牡10頭」。)



中山10回で20頭中13頭が「中山重賞か阪神重賞で3着以内」。

残りは…

「中山や阪神重賞出走無し」4頭
「ダービー卿CT10着のみ」1頭
「弥生賞5着、セントライト記念6着、ダービー卿CT4着」1頭
「ニュージーランドT7着(阪神代替)」1頭

一応、「中山重賞1戦以下」か「GⅢ4着やGⅡ5着」などので、直線に急な坂のある高いレベルで結果がでているのはプラス。
(3着は7頭が該当。「ダービー卿CT8着(阪神代替0.3秒差)のみ」を除くと「皐月賞4着など」や「ニュージーランドT4着など」で、高いレベルでそこそこやれている。)



近走は中山10回で「近走3戦以内連対なし」が20頭中10頭。

「3歳のGⅠ連戦+一叩き」や「休み明けを夏に使って」、「別路線から参戦」など、ハンデもあって「一変」する事もある。
もちろん、近走がいい馬の連対もあるが、秋競馬という事もあり、状態の見極めに気を付けたい。
(3着は2頭止まり。3歳が多いという事もあるか…。)



「枠」は中山10回で1~16番で「内16:外4」で『内が多い』。
開幕週で内がいい影響か…。

「馬番」は「3番」と「8番」が4連対ずつでトップで、「7番」の3連対、「2番」が2連対。

(3着は「内4:外6」。)




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-09-08 00:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23473861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 紫苑Sの予想候補 2016 セントウルSの傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク