セントライト記念の傾向 2016
中山2200mで行われる3歳GⅡ「セントライト記念」。


3着までに菊花賞への優先出走権が与えらえれる。菊花賞は勝ち馬ではロックドゥカンブの3着くらいだが、2着や3着から本番で2着馬が何頭か出ており、そちらに注目が集まる。

14年はスタンド改修で新潟開催だったので、中山開催10回分を見てみる事に。今回は3着もチェックしておきます。


 セントライト記念の傾向 (中山開催過去10回の連対馬データ+α) 2016


<実績>
最低連対ラインは「500万2着」。

該当するのは…

「500万4戦2着1回、1000万以上が若葉S3着とプリンシパルS3着」のトーセンシャナオー


次点「500万勝ち」で…

「1000万以上出走なし」のユールシンギング
「東スポ杯10着、弥生賞7着、青葉賞12着、ラジオNIKKEI賞6着、1000万4着」のダービーフィズ
「1000万6着のみ」のスカイディグニティ
「1000万3着2回、プリンシパルS7着、スプリングS14着」のダイワワイルドボア


次々点は「1000万勝ち」。

「1600万以上出走なし」のヤマニンエルブ
「芙蓉S5着、東スポ杯7着、ホープフルS3着、京成杯6着、スプリングS5着、青葉賞7着」のセイクリッドバレー
「1600万以上出走なし」のフサイチアウステル


その次は「OP勝ち」。

「重賞が東京優駿6着のみ」のゴールデンダリア


残り11頭は「重賞連対」。
半分を占めているので分かりやすいトコロでココをチェックしたい。


ちなみに新潟開催の14年は「GⅠ連対+重賞勝ち」2頭。)

(3着の最低連対ラインは「500万勝ち」。「1000万以上初」3頭、「青葉賞1戦のみ(6着と7着)」2頭。次点は「1000万2着」で「すみれS5着のみ」。残り4頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上勝利」。

1800mまでは2000m以上が…

「百日草特別3着、葉牡丹賞6着、皐月賞7着、東京優駿10着」のミュゼエイリアン
「2200m未勝利6着のみ」のユールシンギング
「2000m500万3着2回、皐月賞7着、東京優駿11着のみ」のトーセンラー
「故障離脱で2000m以上初」のキングストレイル


次点の2000mまでは2200m以上が…

「東京優駿14着のみ」のキタサンブラック
「青葉賞12着のみ」のダービーフィズ
「東京優駿13着のみ」のフェイトフルウォー
「2200m以上出走なし」のクォークスターとロックドゥカンプとトウショウシロッコ
「東京優駿4着のみ」のナカヤマフェスタとマイネルチャールズ
「東京優駿6着のみ」のゴールデンダリア


残り7頭は「2200m以上連対」。


(3着は「1800m以上勝利」。1800mまでは「2000m以上初」1頭、「プリンシパルS7着と新潟記念16着」1頭。次点は「2000m以上勝利」。「2200m以上初」3頭、「東京優駿7着のみ」1頭、「青葉賞4着のみ」1頭。残り3頭は「2400m勝利」。)



<コース>
「中山連対」10頭、「初出走」7頭。

残りは…

「葉牡丹賞6着(0.4秒差)と皐月賞7着(0.8秒差)」のミュゼエイリアン
「未勝利6着(0.2秒差)のみ」のユールシンギング
「ホープフルS(0.3秒差)7着と弥生賞(0.4秒差)6着」のフェノーメノ


「2戦以下」や「6着や0.3秒差以内」なのでそれくらいなら問題はなさそう。

(3着は「中山連対」6頭、「初出走」2頭。残りは「皐月賞7着のみ」と「芝はスプリングS5着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」9頭、「マクり差し、差し」9頭、「マクり追い込み」1頭。

1000mは61.1、61.7.60.2、57.5、58.7、60.9、61.2(稍重)、59.1、60.2、60.1でたまに速くなる。
ただ、速くなったからといって前が止まるワケでもないし、2週目で直線は短い割に差しが決まる。

馬の状態などもあるが、流れ次第の感が…。

(3着は「先行」4頭、「差し」5頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
中山10回で1番人気3連対、2番人気2連対、3番人気3連対。

4番人気3連対、6番人気2連対、9番人気2連対、残りは5、8、12、14番人気。
ある程度の人気で決まる事が多いが、上位人気は半分でたまに二桁人気が絡む。

3着は10、6、4、1、2、7、5、14、7、6番人気。
(ちなみに14年は1番人気→2番人気→10番人気だった。)



1番人気で4着以下だったのは5頭中4頭が「東京優駿からの直行組」。

残り1頭は使われて4着なので、「休み明けの難しさ」があると考えたい。
下記にも絡むが関西馬が4頭、関東馬1頭。



中山10回で勝ち馬は「関東:関西」で「8:2」と「関東優勢」。

連対でも「14:6」と地の利のある「関東馬」が多くなっている。
関西馬は有力どころが神戸新聞杯に向かうという事もあるだろうが、「休み明け+輸送」などクリアするのが難しいのかもしれない。

(3着は「関東6:関西4」。)



「上がり3ハロン3番手以内」は10回で13頭。

直線は短めだが、残り600mが勝負所という事で、速い脚を使っている場合が多い。
ただ、「上がり3番手」が最も多く、「最速」はペースが速い時のみなので、じっくり溜めては間に合わない。

(3着も該当するのは5頭。「2番手」4頭、「3番手」1頭で「最速」はいない。)



鞍上は中山10回で「北村宏司」騎手の4勝がトップ。

「蛯名正義」騎手の3連対が続く。後は「柴田善臣」騎手、「柴山雄一」騎手、「松岡正海」騎手が2連対ずつと複数連対が多い。
騎手も「関東所属」が目立つ。普通は同日にローズSがある(13年はセントライト記念が月曜開催予定が台風で火曜日に…。15年も月曜開催)影響もあるだろうが、やはり走りなれた中山コースを知っている部分も大きいかと。



10年で「休み明け:7月以降に出走」は「8:12」。

休み明けは「東京優駿以来」が7頭、「故障で京王杯2歳S以来」が1頭。
残りは12頭と同日(がほとんどの)牝馬のローズSと違って7月以降に「使われてきた馬」の方が多い。

(3着は「5月以前:6月末以降」は「3:7」。)

2011年は「東京優駿直行組」のワンツースリーだったが、この年はオルフェーヴルの神戸新聞杯を避けての出走が多かった。

他も15年と新潟開催の14年の2連対ずつしか「休み明け」2頭以上はない。3年に共通するのは重賞連対馬の出走が多く、特に「東京優駿前の重賞連対馬」が5頭以上で出走馬のレベルが例年より高い感はあった。




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-09-14 00:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23486892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< セントライト記念の予想候補 2016 ローズSの傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク