神戸新聞杯の傾向 2016
阪神2400mで行われる3歳GⅡ「神戸新聞杯」。


3着までに菊花賞の優先出走権が与えられる。


以前は2000mで行われていたが、阪神改修と共に2400mに延長されて10年目。改修時は中京2000m開催。京都新聞杯が菊花賞トライアルだった頃はコチラはサブ的な立ち位置だった。


 神戸新聞杯の傾向 (2400m後の過去9年の連対馬データ+α) 2016


<実績>
最低ラインは「500万勝ち」。

該当するのは…

「1000万以上がラジオNIKKEI賞8着のみ」のロードレクイエム

この年は故障続出で出走メンバーの手薄感は否めなかったが…。


次点は「1000万勝ち」。1600万以上が…

「プリンシパルS3着と萩S4着」のマジェスティハーツ

13年もメンバー的に物足りなさがあったので、出走馬次第ではセーフ。


次々点は「OP勝ち」。

重賞が「ラジオNIKKEI賞4着のみ」のイコピコ。


残り15頭は「重賞連対」。
内12頭は「GⅠ連対+重賞連対」で、後は「重賞は兵庫CS2着のみ」のリアファル、「朝日杯FS1着、弥生賞3着と東スポ杯2歳S3着など」のドリームジャーニー、「重賞2戦して京都新聞杯2着と東京優駿11着」のサウンズオブアース。

1年延ばして中京開催は「GⅠ連対+重賞連対以上」が2頭。

(3着馬の最低ラインは「500万勝ち」1頭。OP以上は「弥生賞5着、京都新聞杯4着、白百合S7着」のトーセンバジル。他は「1000万連対」3頭、「OP連対」1頭、「重賞連対」4頭。)



<距離>
全馬に該当するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは1800m以上が…

「東スポ杯3着、弥生賞3着、皐月賞8着、東京優駿5着」のドリームジャーニー
上がり最速か2番手のみで、仕掛けを誤った感も受ける


次点は「1800m勝ち」。

該当するのは2000m以上が…

「プリンシパルS3着、500万6着」のマジェスティハーツ
「プリンシパルS4着のみ」のイコピコ


次点は「2000m」だが、2200m以上が…

「2200m以上初」のリアファル
「東京優駿4着のみ」のリアルスティール
「東京優駿5着のみ」のゴールドシップ
「2200m4着(0.1秒差のみ」のロードレクイエム
「東京優駿3着のみ」のブラックシェル


次々点は「2200m」。

「東京優駿11着のみ」のサウンズオブアース


残り9頭は「2400m以上連対」。


(3着馬も「1600m以上勝利」。1800m以上が「弥生賞3着、皐月賞8着、東京優駿13着」のセイウンワンダー以外は「1800m以上勝利」。2000m以上が「宝塚記念5着のみ」のマウントシャスタと「1800m3戦3勝で出走無し」のフレールジャック以外には「2000m以上連対」。2200m以上が「出走なし」「京都新聞杯4着のみ」「青葉賞4着のみ」「東京優駿9着のみ」と1戦以下。「2400m連対」がオウケンブルースリのみと連対馬と比べて少ない。)



<コース>
「阪神連対」13頭、「初出走(ダート除く)」3頭。

残りは…

「500万6着2回」のロードアクレイム
「ラジオNIKKEI杯2歳S5着と宝塚記念15着」のアサクサキングス

前者は2戦とも0.3秒差と大敗している感も無かったし、当日も0.4秒差。後者は不利があったラジオNIKKEI杯で0.4秒差、3歳での宝塚記念は度外視できる。それくらいなら可能性は残るという事で…。


(3着は「阪神連対」6頭、「初出走(ダート除く)」2頭、「若葉S3着のみ」1頭。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」4頭、「差し」11頭、「追い込み」1頭。

1000mは62.4、60.8、59.8、60.7、63.5、63.1、60.3、61.3、58.8と、長丁場で遅くなる事が多い。

直線が長く、3週目という事もあり、後ろからが多くなっている。ただ、有力馬がある程度の位置から競馬をすると後ろからでは届かない。

(3着馬は「先行」4頭、「差し」3頭、「追い込み」2頭。)



<その他>
阪神2400mになってからの9年で…


「人気」は…1番人気は7連対と多い。

残り2頭は09年4着のアンライバルドと07年12着のフサイチホウオー。
共に東京優駿でも大きく敗れており、距離の部分もあったか…。

2番人気は2連対(3着4回)、3番人気4連対(3着1回)と上位人気の3着率は高め。
後は7番人気2連対と8番人気2連対で、残りは5番人気。

3着も7、9、2、2、3、5、5、2、2番人気なので、大きな荒れはあまり無い。



「上がり3ハロン3番手以内」は18頭中16頭が該当。

逃げたリーチザクラウンと途中で早めに動いたディープスカイ以外が該当しており、当日に良い脚が使える馬をまず選びたい。
「最速」がのべ8頭でトップ、「2番手」の6連対、「3番手」2連対と続く。

(3着は9頭中5頭で、着差も大きい時は0.4~0.8秒なので、上がりが速くなくても可能性はある。)



鞍上は2400mになってからの9年で「武豊」騎手の4連対がトップ。

3連対の「福永祐一」騎手(3着2回)と「四位洋文」騎手(3着1回)、2連対の「内田博幸」騎手(3着1回)で、複数絡んでいるジョッキーが多い傾向にある。
3着2回の「岩田康誠」騎手と「川田将雅」騎手もこれから絡んでくる?



2400m以降では18頭中13頭が『東京優駿5着以上』。

リアファル、マジェスティハーツ、ロードレイクエム、イコピコは「東京優駿不出走」。
14年の2着サウンズオブアースは「東京優駿11着」だったが、同タイム3着の「東京優駿不出走」トーホウジャッカルを本馬がウロチョロしてしっかり追わせなかった部分も影響したか…。

距離延長により、東京優駿との結びつきが強くなってきているかと。

1番人気で4着以下に敗れた2頭はコレに該当しておらず、注意したい。
実績を考えれば当たり前だが、「東京優駿連対馬」は出走した中ではスマイルジャック以外がしっかりと連対しており、まずは重視したい。

3着に該当馬がいない。東京優駿組は13着と9着。



9年で18頭中13頭が「東京優駿からの直行」。

残りは4頭が「7月出走」、1頭は6月末「宝塚記念15着」からで、8月以降に出走があった馬は連対していない。
レース間隔が2カ月ほど開いているのがいいのかも…。
(ちなみに3着は9頭中5頭が「7月以降出走」で、「8月以降」が4頭いる。)




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-09-20 00:13 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23499806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オールカマーの傾向 2016 セントライト記念の結果 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク