毎日王冠の傾向 2016
東京1800mで行われるGⅡ「毎日王冠」。


天皇賞(秋)の前哨戦。「ぶっつけ」も増えているが、スピルバーグ、ジャスタウェイ、エインンフラッシュ、カンパニー、ウォッカ、ダイワメジャーなど、ここから本番を制す馬が多い。ちなみに02年の東京改修時は中山開催。今年は3着もチェックしておきます。


 毎日王冠の傾向 (過去10年の連対馬データ+α) 2016


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPは白百合S8着のみ、重賞は青葉賞4着とラジオたんぱ賞12着」のチョウサン


次点は「重賞2着」。

「重賞2戦してマイラーズC10着と札幌記念2着」のアグネスアーク
「重賞9戦してマイラーズC2着やエプソムC3着など」のサンレイレーザー


次々点は「重賞1勝」。

「重賞2戦してチャレンジC9着とエプソムC1着」のエイシンヒカリ
「重賞8戦して鳴尾記念1着、札幌記念5着など」のエアソミュール
「重賞4戦してスプリングS1着、共同通信杯3着、皐月賞5着など」のアリゼオ


ただ、エイシンヒカリとアリゼオを除く4頭は07年と14年の連対馬で「出走メンバーの手薄感や危うさ」はあった。


残り14頭は「重賞勝ち+重賞連対以上」。
GⅡに出走がなかった3歳時のジャスタウェイ以外は「GⅢ以上勝利+GⅡ以上連対」があった。

さらに「GⅡ勝ち+GⅢ2勝にGⅢ3着2回など」のディサイファ、「重賞2戦2勝」の3歳カレンブラックヒル、「重賞3戦2連対」のダークシャドウ、「重賞5戦して3連対とGⅠ3着など」の3歳リアルインパクトを除く9頭に『GⅢ以上勝利+GⅡ以上連対+重賞2連対』があり、重賞出走が多い古馬はコレをクリアしてほしい。


(3着の最低連対ラインは「OP勝ち」。重賞が「共同通信杯3着、毎日杯、東京優駿14着」のスピルバーグ。残りは「重賞2連対以上」。内、GⅡが「大阪杯6着と目黒記念7着」のタッチミーノット、「中山記念11着と大阪杯9着」のミッキードリーム以外は「GⅡ以上勝利+重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは1800m以上が…

「東スポ杯2歳S4着、きさらぎ賞4着、東京優駿11着」の12年のジャスタウェイ
「出走なし」のカレンブラックヒルとリアルインパクト

3頭ともに「3歳馬」なので、その辺りには余地が大きい。


次点は「1700m勝ち」。

「1800m4戦エプソムC3着や朝日CC5着など、2000mはプリンシパルS6着」のサンレイレーザー


残り16頭には「1800m以上連対」があった。
14頭「2000m以上連対」なので、コチラがメインになりそう。

ちなみに「2000m勝ち、1800m以下連対なし(3着あり)」のエイシンフラッシュが勝利して、距離短縮?はクリア。

(3着は10頭とも「1800m以上勝利」。2000m以上が「弥生賞12着と東京優駿15着」のクラレント以外は「2000m以上勝利」。1800m以下が「1600m新馬10着と東スポ杯2歳S6着」のネヴァブションが距離短縮で3着。)



<コース>
「東京連対」16頭。

残りは…

「プリンシパルS6着、エプソムC3着、富士S14着」のサンレイレーザー
「東スポ杯2歳S4着、NHKマイルC6着、東京優駿11着」の12年時のジャスタウェイ
「重賞10戦して天皇賞(秋)3着や4着、安田記念4着や5着など」のカンパニー
「東京GⅠ5戦して安田記念4着や毎日王冠5着、東京優駿6着など」のダイワメジャー

5頭中4頭は「新潟重賞連対」か「中京重賞連対」があり、残り1頭サンレイレーザーも「東京GⅢ3着で、新潟や中京の重賞出走無しも新潟OP勝ち」で、『左回りはクリア』していた。

(3着は「東京勝利」8頭、「初出走」1頭。残りは「東京優駿4着、ダイヤモンドS13着、目黒記念3着」のアドマイヤフジ。)



<脚質>
「逃げ」4頭、「先行」10頭、「差し」6頭。

1000mは59.9、59.1、60.8、57.8、61.1、58.9(稍重)、60.0、59.3、57.5、58.8で、開幕週という事まって、ペースが速くなっても前が残る事が多い。


「逃げ」は勝つまでは難しいと思ったが、あっさりエイシンヒカリが逃げ切り勝ち…。

(3着は「逃げ」1頭、「先行」3頭、「差し」6頭。)



<その他>
「人気」は1番人気5連対、2番人気3連対、3番人気1連対と上位人気は少し少ない。

4番人気3連対、6番人気2連対、8番人気3連対、残りは5、11、12番人気。
二桁人気も絡み、「8番人気」の数を考えてもあまり堅く収まる感はない。

3着は7、5、5、9、5、9、10、10、1、9番人気とコチラも荒れる気配。



「上がり3ハロン3番手以内」は10頭。

脚質を見ても分かるが、開幕週なので直線が長くても上がりがメンバー中で速いだけでは厳しく、「仕掛けるタイミング」が重視される。
もちろん、キレる脚を持っているのは悪くないので、「脚質に幅があるタイプ」や「早めに動けるタイプ」がいい。

(3着の該当馬は5頭。)



馬齢は10年で…

「3歳」5頭
「4歳」5頭(3着3頭)
「5歳」7頭(3着1頭)
「6歳」2頭(3着3頭)
「7歳」0頭(3着2頭)
「8歳」1頭(3着1頭)

「5歳」が最も多く、「3歳」と「4歳」が追うカタチで、高齢馬も通用している。

以前と比べると「距離適性」などで、菊花賞よりも天皇賞(秋)やマイルCSを目指す傾向にあり、ココへ出走する有力3歳馬も増えてきた。さらに有力古馬の「天皇賞(秋)直行組の増加」の影響もあるかと。



「鞍上」は「武豊」騎手の4連対がトップ。

「福永祐一」騎手の3勝、「柴田善臣」騎手の2連対が続く。
京都大賞典で同日だった事も多く、騎手は分かれるが、同一馬での連対もあるのでその影響も。今年も京都大賞典が月曜開催なので別日です。

(3着は「川田将雅」騎手と「田中勝春」騎手の3着2回が複数。)



さすがにメンバー的は微妙でしたが、13年にようやく「58キロ」のエイシンフラッシュが勝利。

12年以降は「GⅡ競争の基礎重量…1キロ減じます…」もあって「牡馬58キロ、牝馬56キロ」になりましたが、それ以前の何年も「牡馬59キロ、牝馬57キロ」は「勝利がなかった」。

古いのもありますが、牡馬ではダイワメジャー、ハットトリック、ショウワモダン、エイシンプレストン、牝馬ではウオッカやスイープトウショウ、ファインモーションなどが敗れている。
ただ、『GⅠ3勝以上』のダイワメジャーが3着、ウオッカが2着2回、エイシンプレストンが2着と3着があり、実績の高い馬は上位がありましたが…。



「休み明け」は10年で14頭。

有力馬の復帰戦として有名なこともあるが、「休み明けが通用」する。
「安田記念」4頭、「宝塚記念」2頭、「東京優駿」2頭、「NHKマイルC」2頭など春の国内GⅠが多い。

もちろん、14年のように使われてきた馬同士でも絡むが…。

(3着の「休み明け」は6頭。残りは9月出走。)



出走頭数が10~17頭で平均13.3頭という事もあるが…

「内(1~8):外(9~18)」は「16:4」と内が多い。
細かくみると「2~4」で8、「6~8」で8、「10」が2、「13」と「16」が1頭ずつ。

開幕週という事もあり、スタートから内側を通れるメリットは大きいようで。

(3着は内8:外2。)




[PR]
by a_doctrinaire | 2016-10-04 00:19 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23529691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都大賞典の傾向 2016 スプリンターズSの結果 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク