京王杯2歳Sの傾向 2016
東京1400mで行われる2歳GⅡ「京王杯2歳ステークス」。


以前は東京の秋2回目の2週目だったが、14年から1週間早く開催される事になった。13年からファンタジーSと同日開催となり、鞍上の確保が少しだけ難しくなってくるかと。今年は3着もチェックしておきます。


 京王杯2歳Sの傾向 (過去10年の連対馬データ+α) 2016


<実績>
2歳重賞らしく、最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

「新馬勝ち直後」がボールライトニング、カラダレジェンド、リアルインパクト
「新馬3着、未勝利2着、1着」のアドマイヤモラール
「新馬勝ち+小倉2歳S7着」のセカンドテーブル
「新馬2着+未勝利1着」のクインズハリジャン
「新馬勝ち+デイリー杯2歳S7着」のグランプリボス
「新馬勝ち+すずらん賞6着」のゲットフルマーク
「新馬勝ち+いちょうS3着」のアポロドルチェ
「新馬3着+未勝利5着、1着」のドリームシグナル
「新馬5着+未勝利1着」のマイネルフォーグ


次点は「500万勝ち」で、OP以上が…

「すずらん賞5着のみ」のサドンストーム
「OP以上出走なし」のアニメイトバイオ


残り7頭は「OP以上連対」があった。
細かくみると「重賞連対」2頭、「OP勝ち」4頭、「OP2着」1頭。

OP以上に出走があった馬は「OP以上7着以内」があった。


(3着は最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。「新馬1着、GⅢ3着」、「新馬1着、OP3着、GⅡ5着」、「新馬2着、未勝利1着」、「新馬8着、未勝利3着、10着、1着」、「新馬1着、いちょうS12着」、「地方1勝、中央OP7着、6着、5着」。「500万勝ち」1頭、「OP連対」3頭。)



<距離>
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

1200mまでだったのは1400m以上が…

「1400m初」のセカンドテーブル、サフィロス、ゲットフルマーク、フィフスペトル
「1600mOP3着のみ」のアポロドルチェ

残り15頭には「1400m以上連対」。


「1400m以下初」は…

「1800m勝ちのみ」のラブリーデイ
「1500m勝ち+1600mGⅡ7着」のグランプリボス
「1800m勝ちと1600mGⅡ2着など」のエイシンアポロン
「1600m勝ちで1800m3着など」のドリームシグナル
「1600m勝ちのみ」のイースター

ら5頭が「距離短縮」をクリアしている。15年に「1600m勝ちで、1400m新馬3着」と出走があったアドマイヤモラールが連対している。

(3着も「1200m以上勝利」。1200mまでは1400m以上が「初出走」と「1600mGⅡ5着のみ」。残り8頭には「1400m以上連対」があった。ちなみに「1800m勝ちで、1600m2着」のオリービンが「1400m以下初」。)



<コース>
「東京連対」5頭、「初出走」14頭。

残り1頭は…

「いちょうS3着のみ」のアポロドルチェ

キャリアの少ない2歳だけに、長い直線で巻き返す事もできるので、あまり左回りにこだわる必要はないかも。

「初出走」が多いが、以前は10月が2歳にとっての東京初開催だったので当然といえば当然。2012年から2歳戦が東京開催スタートとなっており、少しずつ増えくる事も考えられる。


(3着は「東京連対」2頭、「初出走」6頭。残りは「OP12着のみ」と「OP5着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「先行」10頭、「差し」7頭、「追い込み」1頭。

800mは49.1、47.4、48.8、47.5、47.5、47.5、46.6(稍重)、47.5、47.2(稍重)、47.0(稍重)で、ペースもあって直線は長いが前が残っている。

14年から1週早くなっているので、少し時計は変わってくるか…。

(3着は「逃げ」3頭、「先行」4頭、「差し」3頭。)



<その他>
「人気」は1番人気2連対、2番人気2連対、3番人気2連対。

4番人気2連対、5番人気3連対、6番人気3連対、7番人気2連対、残りは9、11、12、14番人気。
「1~7番人気」まではあまり違いなしで、二桁も3頭と堅くはない。

3着は1、1、2、8、4、13、8、3、4、11番人気。

10年で平均配当は馬連が7068円、3連複は3万1297円となっている。



上位人気で4着以下に敗れたのは10年で…

「新潟2歳S1着」3頭
「芙蓉S2、4着」2頭
「小倉2歳S連対」2頭
「デイリー杯2歳S1か3着」2頭
「前走OP連対」4頭
「東京1400m新馬勝ち直後」3頭
「未勝利勝ち直後」1頭

など…

連対馬にも該当する場合もあるが、キャリアが少なく未対戦も多いので「実績」や「東京コース」だけで判断するのは危うい。

特に「(関東圏?)左回り重賞」という事で人気になる「新潟2歳S1着」が全滅。少しレース間隔が開いている影響などもあってか、後にGⅠを連対するエフティマイア、マイネルレコルトもココでは苦戦している。

また、リアルインパクトが覆したが、同じ「東京1400m新馬勝ち直後」や、左回りが同じ「新潟1400m新馬勝ち」は人気になるが、成績は芳(かんば)しくない。「似ているようで似ていない」…。



「上がり3ハロン3番手以内」は13頭。

先行勢が多い割に該当しており、残り600mで良い脚が使えそうな馬を選ぶのが近道か。
19頭に「連対時に上がり3番手以内」。残り1頭は「新馬3着時に上がり2番手、未勝利2着は上がり4番手、未勝利1着時は上がり5番手」のアドマイヤモラール。

(3着は10頭中5頭が該当。「連対時上がり3番手以内」。)



鞍上は10年で現役は「田辺裕信」騎手と「三浦皇成」騎手の2連対が複数。

それ以外はバラバラなので、「馬次第」という感じか…。
15年からファンタジーSと同日になったので、変化も出てくる可能性はある。
(3着は「内田博幸」騎手の2回が複数。連にも名前がある「田辺裕信」騎手や「勝浦正樹」騎手、「北村宏司」騎手がいる。)



頭数が12~18頭の平均15頭という事もあってか…

「内14:外6」と『9番より内』が多い。

ただ、外の6頭中5頭は18番、13番、12番、14番、10番の「勝ち馬」、残りも15番の2着なので、外でダメなワケではない。
馬番は「3番」の4連対、「7番」の3連対、「1番」「2番」「6番」の2連対など。

(3着は「内8:外2」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-11-01 00:24 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23588463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ファンタジーSの傾向 2016 天皇賞(秋)の結果 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク