エリザベス女王杯3着の傾向 2016
GⅠという事で過去10年の連対馬をチェックした「エリザベス女王杯の傾向 2016」に続いて、エリザベス女王杯3着馬も見ておきます。


 エリザベス女王杯3着の傾向 (過去10年の3着馬データから) 2016


【実績】
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは

「1600万以上出走なし」のピクシープリンセス

8戦3勝で前走が京都2400mの1000万で0.7秒差をつけての勝利だった。

次点は「1600万勝ち」。

「OPが忘れな草賞4着、白百合S7着、重賞は秋華賞3着、福島牝馬S4着、ヴィクトリアマイル10着、マーメイドS3着、府中牝馬S7着」のアロマティコ

共に近年の話で、共に5番人気と出走メンバーの手薄感も影響したかと…。

残り8頭は「重賞複数連対」。

GⅠは「GⅠ連対」5頭、「GⅠ3着」2頭、「GⅠ出走なし」1頭、「秋華賞6着(不利あり)のみ」1頭、「エリザベス女王杯9着のみ」1頭。

・3着の方が実績が高いという事も多いので、展開一つで逆転は考えられる。



【距離】
全馬に共通するのは「2000m以上勝利」。

ただ、2000mまでなのは…

「2200m以上出走なし」のタッチングスピーチとアロマティコ
「エリザベス女王杯9着のみ」のディアデラマドレ
「優駿牝馬3着とオールカマー3着」のディアデラノビア

残り6頭には「2200m以上連対」。
内5頭は「2400m以上連対」。

・1600mや1800mでよかった連対馬と比べると長い距離で結果がでている馬が多い。



【コース】
「京都連対」9頭。

残りは「新馬3着とGⅠ6着(不利あり)」のタッチングスピーチ

・連対馬は「GⅠ2戦以下」がいたが、ココは「3着以内」。



【脚質】
「先行」2頭、「差し」6頭、「追い込み」2頭。

・連対馬よりも後ろからの競馬で「届かず…」が目につく。



【前哨戦】
「府中牝馬S(1、7、14、3、3着)」5頭、「秋華賞(6着、1着、3着(降着)」3頭、「1000万1着」1頭、「スワンS4着」1頭。

・連対馬と比べると大きく崩れているケースでも巻き返しはある。



【その他】
「人気」は4、6、5、5、4、1、1、2、2、4番人気。

09年を除いて「7番人気以内の連対馬」に対して「5番人気以下」と少し人気している。

連対馬と併せて考えると「1番人気」8頭、「2番人気」6頭、「4番人気」6頭が強い。逆に「3番人気が2頭と馬券的には苦戦気味…」というのも憶えておきたい。



「上がり3ハロン3番手内」は10年で8頭。

該当しなかったのはアパパネの2年連続のみ。
連対馬と比べると、該当しない馬も多く、上がりの速さの割に3着という事になる…。



年齢は10年で「4歳」6頭、「3歳」3頭、「6歳」1頭。

連対馬の3歳の多さと比べると、ココでは4歳が多い。
馬券圏内でみると「3歳」と「4歳」と「5歳」が中心で、「6歳」が追うカタチ…。



鞍上では「蛯名正義」騎手のアパパネで複数。

他は重複がないが、「C.ルメール」騎手、「池添謙一」騎手、「岩田康誠」騎手が複数連対のある騎手が3着もある。



複数3着はアパパネだが、複数連のあったスイープトウショウやアドマイヤグルーヴなども3着がある。

「複数回馬券圏内」は多い方。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-11-08 00:02 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23602840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< デイリー杯2歳Sの傾向 2016 エリザベス女王杯の傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク