デイリー杯2歳Sの傾向 2016
京都1600mで行われる2歳GⅡ「デイリー杯2歳ステークス」。

以前は秋の京都1回の2週目、12年と13年は開幕週で行われていた。15年からから4週(祝日含む9日)+2週目の土曜日に変更された。実績やコースなど連対馬に違いが出る可能性も。今回は3着もチェックしておきます。


 デイリー杯2歳Sの傾向 (過去10年の連対馬データ+α) 2016


<実績> 
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

細かくみると…

「新馬勝ち直後」4頭
「未勝利勝ち直後」6頭
「新馬5着+未勝利1着+野路菊S5着」のエイシンアポロン
「新馬8着+未勝利1着+野路菊S3着」のキャプテントゥーレ
「新馬1着+新潟2歳S6着」のタケミカヅチ

残り7頭は「OP1着」3頭と「重賞連対」4頭。

以前のデイリー杯2歳Sは500万が無い中での「OP以上連対」が3割程度だが、1ヶ月遅い京王杯2歳Sは5割、ファンタジーSでも500万連対以上が5割を超えており、実績馬の比率が上がる可能性がある。
ただ、14年からココ3週で2歳重賞が4つになっており、出走馬の分散があるだけに…。

(3着は最低ラインは「新馬・未勝利勝ち」。「新馬・未勝利勝ち直後」2頭、「OP連対」4連対、「重賞連対」1連対。残りは「新馬・未勝利勝ちの後にOP以上1戦」で「萩S4着のみ」「新潟2歳S3着のみ」「札幌2歳S4着のみ」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

1200mまでだったのは…

「1400m以上初」のホウリアアキコ、クラウンレガーロ、ローレルゲレイロ

3頭とも「1200m重賞連対」で共通。

次点は「1400m」。

「新馬勝ち直後で、1500m以上初」のクラレント

次々点は「1500m」。

「新馬勝ち直後で、1600m以上初」のレーヴディソール

残り15頭は「1600m以上連対」。

10年で3頭が「1600m以下出走なし」の距離短縮で初めてをクリア。
ちなみに05年にマルカシェンクの「2000m新馬勝ち直後」の400m短縮というのもある。

(3着は「1200m以上勝ち」。「1200m勝ち、1400m以上初」1頭、次点「1500m勝ち、1600m以上初」1頭で、残り8頭は「1600m以上勝利」。)



<コース>
「京都連対」4頭、「初出走」16頭。

改修工事の影響もあって11年や06年には「京都開催」があったが、以前の通常開催だと「2歳戦が始まって初めての京都開催」だったので、連闘でない限りは出走は無い。12年と13年に関しては開幕週なので出走自体が不可能。14年から開催が1ヶ月延びたので今後は増えてくるかと。


ちなみに「初出走」の場合は「阪神勝ち(他場勝ち含む)」7頭、「小倉勝ち(他場含む)」5頭、「札幌勝ち」2頭、「新潟勝利」1頭、「函館勝ち」1頭。

(3着は「京都連対」1頭、「初出走」8頭。残りは「萩S4着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」2頭、「途中逃げ」1頭、「先行」7頭、「差し」10頭。

1000mの通過は61.7、61.1、57.9、60.4、59.7(稍重)、59.0、58.8、57.9、61.0、59.3。

14年から4週使った後の2週目なので、今後は傾向も変わってくる可能性が。
頭数も以前は11~13頭だったのが9頭や14頭となっており、近い週に2歳重賞が混在している影響が出ている。

ちなみに13年以前は開幕2週目か開幕週に行われており、時計を額面通り?受け取らない方がよかった。
(3着は「逃げ」1頭、「先行」2頭、「差し」7頭。)



<その他>
「人気」は1番人気7連対、2番人気4連対、3番人気3連対と上位人気が多い。

5番人気3連対、6番人気2連対で、残りは4番人気とあまり荒れていない。
開催日程が1ヶ月延びた14年は9頭、15年は14頭だったが、今年は登録時点では13頭…出走頭数が替われば、傾向に違いが出てくる可能性も。

3着は7、1、4、2、3、2、2、8、7、5番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で15頭。

以前は開幕週か2週目だったので、前が有利で逃げや先行馬が該当しないこともあった。
14年以降の2年はスローペースで6頭すべてが該当したが、どうなるか…。

10年で連対馬20頭が「連対時に上がり2番手以内」。ただ、05年には「逃げて2番手から」のダイアモンドヘッドの「1戦して上がり4番手」がある。

(3着は7頭が該当。)



10年で「鞍上」は「小牧太」騎手と「池添謙一」騎手、「岩田康誠」騎手の3連対がトップ。

「武豊」騎手の2連対が続く。
ある程度、2歳馬を依頼される騎手は決まっていたりするので、その辺りから狙ってみるのもひとつかと

(3着は「福永祐一」騎手の4回。連にも名のある「小牧太」騎手や「武豊」騎手の名も。)



13年にあげていた「OP出走組」と「新馬・未勝利勝ち直後組」だが、開催時期の変更もあって傾向に変化が出る可能性もあるため割愛する。



14年は「未勝利で2着(=勝ち上がりに3戦)」が出たが、それまでの10年では「未勝利は1着」。

新馬で2~6着があっても2戦目には初勝利をあげており、早い勝ち上がりが多かった。開催が遅くなった事で出走馬に幅が出た事もあるが、9頭という出走頭数も影響したか…今後に注目したい。



14年以前は10月開催だが、20頭中18頭が「9月以降に出走」。

残りは「7月新馬勝ち以来」1頭と「8月の函館2歳S2着以来」1頭。
6週後になって変わってくるかもしれないが、レース間隔が開いた馬は1割ほどだった。

(3着は「9月以降に出走」が8頭、「8月以前に出走」が2頭。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-11-08 01:27 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23602942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 武蔵野Sの傾向 2016 エリザベス女王杯3着の傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク