東京スポーツ杯2歳Sの傾向 2016
東京1800mで行われる2歳GⅢ「東京スポーツ杯2歳ステークス」。

以前は「馬場の悪さ」や「寒さ」の影響もあってか「勝ち馬が故障」するケースが多かった。しかし、近年は温暖化やコース替わり?などもあり、勝ち馬から皐月賞馬イスラボニータ、東京優駿馬ディープブリランテ、朝日杯FSのローズキングダムやフサイチリシャール、凱旋門賞2着のナカヤマフェスタを輩出。2着からは3歳クラシック2冠などのメイショウサムソン、3着からは朝日杯FSや有馬記念のドリームジャーニーが出ており、注目の一戦。今年は3着もチェックしてみます。

※16年はこの週からCコース。


 東京スポーツ杯2歳Sの傾向 (過去10年の連対馬データ+α) 2016


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

細かくみると…

「新馬勝ち直後」6頭
「未勝利勝ち直後」3頭
「新馬1着、いちょうS4着(不利あり)」のブレイクランアウト

それ以外は

「500万勝ち(地方戦含む)」3頭
「OP2着」1頭
「OP1着」4頭
「重賞連対」2頭

「OP以上で力を見せている」か「上のクラスに出走していない」がほとんど。出走がありながら、OPや500万で結果が出ていないようでは厳しい。

(3着は「OP勝ち」2頭、「OP2着」1頭、「新馬勝ち直後」2頭、「未勝利勝ち直後」4頭、残りは「新馬勝ち+OP3着」1頭。)



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

1400mまでなのは…

「1400m2戦2勝、1500m以上初」のスズジュピター

次点は「1600m勝ち」。

1600mまでは5頭で共に「1800m以上に出走なし」

次々点1700mも「1800m以上初」1頭。

残り13頭は「1800m以上勝利」。

ちなみに「2000m勝ち」で、「1800m新馬3着」のフジマサエンペラーと「1800m新馬4着」のリフトザウイングスが「1800mに出走ありも3着以下」で連対している。

過去10年で「2000mのみ出走」の連対がない。14年はラングレーが4着に敗れており、違いなどがある可能性も。

(3着は「1600m以上勝利」。「1600mまで」は5頭で、「1800m以上初」4頭と「1800m未勝利8着のみ」1頭。5頭は「1800m以上勝利」。「2000m勝ちで1800mが未勝利3着と4着」が1頭。)



<コース>
「東京連対」10頭、「初出走」9頭。

残り1頭は…

「不利のあったいちょうS4着」のブレイクランアウトのみ

2012年から2歳戦が東京スタートになって増える可能性はあるが、能力があれば直線だけで決まる事もあるので、初出走でも大きな問題はない。

ただ、「左回り」や「直線が長い」などの特徴もあるので、苦手な場合はダメな事もあるが…。

(3着は「東京連対」7頭、「初出走」2頭。残りは「いちょうS3着のみ」。)



<脚質>
「先行」10頭、「差し」8頭、「追い込み」2頭。

1000mは62.4、60.3、59.6、58.4、63.6(不良)、60.1、61.1、61.0、59.4、61.8であまり速くならない。

先行が粘るが、直線の長さも能力差もあって差しも決まる。

(3着は「先行」1頭、「差し」9頭。)



<その他>
「人気」は1番人気7連対、2番人気2連対、3番人気4連対。

4番人気4連対、9番人気2連対で、残りは10番人気。
「1~4番人気」で決まることが多い。

3着は6、9、5、7、12、7、9、4、5、2番人気で、荒れるならココかと。


上位人気で4着以下だったのは…

「新馬勝ち直後」7頭
「未勝利勝ち直後」2頭
「2戦2勝OP勝ち」3頭
「新馬勝ち+OP2着」2頭
「新馬勝ち+重賞連対」2頭

連対馬にも該当している場合もあって、判断が難しい。

ただ、「OP以上連対」は展開が影響した感が強いが、「新馬勝ち直後」は後の成績を見ても過剰人気が多い。
同じ「新馬勝ち」でも「9番人気や1番人気」が絡んだりするが、「2、3番人気が苦戦」したりする。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で16頭。

先行勢が多いが、その割に該当している馬が多い。
全体的に3ハロンのタイム自体は速いので、良い脚を使えるかがポイント。

「新馬勝ちの上がり4番手のみ」のナカヤマフェスタ以外の19頭には『連対時に上がり2番手以内』。
20頭中17頭が『過去に1戦は上がり34.7以内』。残りは「重馬場」、「新馬勝ちのみで着差のある楽勝」、「地方の芝1戦」などで、馬場状態などの条件次第では可能性があったかと。

(3着は7頭が該当。10頭共に「連対時に上がり2番手以内」。9頭は「上がり34.7以内」。残りは「札幌3戦と京都2000m2戦」で上がりは35.0が最速。)



「鞍上」は10年で「武豊」騎手の3連対がトップ。

「蛯名正義」騎手(3着2回)、「横山典弘」騎手、「C.スミヨン」騎手、「北村宏司」騎手が2連対。

1連対3着2回の「田中勝春」騎手は人気薄で絡んでいる。他にも「柴田大知」騎手の1連対3着1回など。
素質馬を任せられる事が多いジョッキーを狙ってみるのもひとつか。

上位人気で4着以下では「岩田康誠」騎手、「戸崎圭太」騎手、「福永祐一」騎手らが複数回該当しているが、まだ3着もない「戸崎圭太」騎手の今後が注目される。



10年で連対馬は「5着以下は無い」。

いちょうS4着のブレイクランアウト、新馬4着のリフトザウイングスとフサイチリシャール以外は「3着以内」。
デビュー戦やOP以外で崩れていると厳しい?

(3着馬は「新馬5着」や「未勝利8着」がある。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-11-17 00:57 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23621844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東京スポーツ杯2歳Sの予想候補... マイルCS3着の傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
菊花賞の予想 2017
at 2017-10-22 09:53
富士Sの結果 2017
at 2017-10-22 02:54
ブレイニーランのデビュー戦
at 2017-10-22 01:25
富士Sの予想 2017
at 2017-10-21 01:06
菊花賞の予想候補 2017
at 2017-10-21 00:24
富士Sの予想候補 2017
at 2017-10-20 00:40
ブレイニーランのデビュー!
at 2017-10-20 00:04
菊花賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-19 14:44
富士Sの傾向 2017
at 2017-10-19 00:01
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク