金鯱賞の傾向 2016
中京2000mで行われる古馬GⅡ「金鯱賞」。

2011年までは5月末に宝塚記念の前哨戦として行われていたが、12年度の開催の大幅変更によってこの時期に移動。一転、有馬記念の前哨戦となった。この条件になってからは5回目。※追記…来年からは「GⅠとなる大阪杯の前哨戦」として3月に移る事に…。

この時期の2週目にあった中京ハンデGⅢ「中日新聞杯」を参考にする所もあるようだが、3月に移(戻)った後にハンデGⅢ「チャレンジC(朝日杯FSの関西移動の影響で「朝日」が取れた)」が移ってくる事、以前はこの時期にあって有馬記念の前哨戦ともされた「鳴尾記念」が宝塚記念の前哨戦として金鯱賞の時期に移動しており、実績などは「以前の鳴尾記念」も参考に。

中京競馬場の改修に伴って、「コース」や「脚質」など12年以降の「1000万以上の新・中京2000m(金鯱賞除く)」の連対馬データも参考までに…。


 金鯱賞の傾向 (過去4年の3着までと+αの連対馬データから) 2016

<実績>
ココ4年の3着までの最低ラインは「1600万勝ち」。

OP以上が…

「札幌日経OP8着のみ」のカレンミロティック
「アルゼンチン共和国杯5着のみ」のオーオシャンブルー
「アーリントンC8着、ラジオNIKKEI賞6着」のダイワマッジョーレ
「アンドロメダS3着と若葉S5着」のアドマイヤラクティ

残り8頭には「重賞連対」があった。
全4回の内2回は6頭中4頭が「1600万勝ち」、14年と15年は3頭すべてが「重賞連対」と、出走メンバー次第か…。


※旧・鳴尾記念時代の7年分延ばしても「1600万勝ち」で、OP以上が…

「菊花賞5着のみ」のアクシオン
「OP8着、中央重賞6戦して朝日CC3着など」のメジロマントル

次点「OP勝ち」。

「ラジオNIKKEI賞8着、弥生賞4着、青葉賞5着、神戸新聞杯5着」のショウナンマイティ
「毎日杯5着、東京優駿5着」のルーラーシップ

残り10頭には「重賞連対」があった。

重賞6着、OP5着辺りがラインになるようだが…。



<距離>
12頭全馬に共通するのは「2000m連対」。

1800m勝ちで「2000m2着」のラブリーデイとダイワマッジョーレがいるので、それほどこだわる必要もなさそう。

※2012年以降の「1000万以上の新・中京2000m(金鯱賞除く)」の連対馬62頭では…

54頭が「2000m以上連対」。

残りは…

「1800m連対で、紫苑S17着のみ」
「ダート1870m連対、2000m以上出走無し」
「ダート1400m勝ち、2000mは1000万5着と7着、2600m10着」
「1600勝ち、2000m以上が優駿牝馬6着や秋華賞7着」
「1800m連対」で「2000m以上初」2頭
「2000m5着と14着、2400m5着」「2000m8戦4着3回」

1400mはさすがに1000万クラスだが、1800m連対なら愛知杯の3頭などが該当しており、牝馬だが重賞でも可能性がないワケではないかと。



<コース>
「中京連対」は4頭、「初出走」6頭。

残りは「中日新聞杯5着のみ」と「金鯱賞12着のみ」。

中京で連対の無かった馬の内、「左回りも初」のアドマイヤラクティ以外には「東京連対」があり、「左回りはクリア」していた。


※2012年以降の「1000万以上の新・中京2000m(金鯱賞除く)」の連対馬62頭では…

「中京連対」16頭
「初出走(芝のみ・旧コース連対を除く)」27頭
「3着」7頭
「1戦4着以下」8頭
「3戦以下4着以下」4頭

さすがに改修直後は「初出走」が多かった。1000万以上でも連対馬も増えてきているが、ローカル競馬場という事もあり、さすがに京都や阪神ほどではない。



<脚質>
ココ4年は…

「5番手付近」→「3番手辺り」→「6番手ほど」
「7番手付近」→「9番手辺り」→「5番手ほど」
「2番手」→「3番手」→「9番手付近」
「8番手付近」→「5番手付近」→「9番手付近」

1000mは芝とコースの影響もあってか59.6、59.8、59.3、61.6と遅い。
連対馬よりも3着馬が後ろからの競馬なので、「早めに動いた方が良い」。


※2012年以降の「1000万以上の新・中京2000m(金鯱賞除く)」の連対馬62頭では…

「逃げ」3頭、「先行」34頭、「差し」24頭、「追い込み」1頭。

先行と差しが多い。条件の違いもあるが、1000mは59.2~65.0と遅い。
手探り状態の初年度を除くと「先行」が多くなってきている。



<その他>
人気は…
15年が5→1→4番人気
14年が1→4→2番人気
13年が3→6→8番人気
12年が6→8→4番人気

上位人気で4着以下だったのは…

「過去の金鯱賞1着や3着」「年内連対なし」「逃げ」「後方から」「2000m以上連対なし」「乗り替わり」

など不安な部分や過剰人気気味な所もあった。



「上がり3ハロン3番手以内」は3着までの12頭で8頭。

最速は1頭しか該当しておらず、ゆっくり構えていては上位は厳しい…。
能力的なモノもあるだろうが、脚質を見ても仕掛けるタイミングは早めの方がいいのかと。

※2012年以降の「1000万以上の新・中京2000m(金鯱賞除く)」の連対馬48頭では該当するのは46頭。



「年齢」は…
「7歳」→「6歳」→「5歳」
「4歳」→「4歳」→「4歳」
「5歳」→「3歳」→「5歳」
「4歳」→「3歳」→「4歳」

若い馬が多いが、15年は逆になった。メンバー次第だが、もう少しで年齢が上がる時期なので…。

旧・鳴尾記念5年で「3歳」が6連対でトップ。「6歳」3連対、「4歳」2連対、「5歳」2連対、「8歳」1連対。
後、1ヶ月もせずに古馬と同じ条件になるが、この時期の3歳の斤量の恩恵は大かったが…。



「鞍上」は「池添謙一」騎手の2連対のみ。

後はリーディング上位や海外騎手などだが、さすがに3場開催だけに分かれる。

※2012年以降の「1000万以上の新・中京2000m(金鯱賞除く)」の連対馬62頭では…

「川田将雅」騎手の6連対、「松山弘平」騎手と「幸英明」騎手の4連対、「福永祐一」騎手や3連対などが多い。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-11-30 00:16 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23679567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ステイヤーズSの傾向 2016 チャンピオンズCの傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
一発くじで「クリスタルソード..
at 2017-08-19 01:36
北九州記念の予想候補 2017
at 2017-08-19 00:42
札幌記念の予想候補 2017
at 2017-08-18 12:39
ルーカスのデビュー!
at 2017-08-18 01:59
北九州記念の傾向 2017
at 2017-08-17 00:08
札幌記念の傾向 2017
at 2017-08-15 12:54
関屋記念の結果 2017
at 2017-08-14 12:06
エルムSの結果 2017
at 2017-08-14 00:27
関屋記念の予想 2017
at 2017-08-13 03:16
エルムSの予想 2017
at 2017-08-13 01:49
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク