カペラSの傾向 2016
中山ダート1200mで行われる古馬GⅢ「カペラステークス」。

今年で新設されて9回目。かつてはダート1200m重賞というと、1月に行われていたガーネットS(97年~08年が重賞)があった。参考にするには途中からハンデ戦だったなどもあってしづらい。そこで、「8年分の3着まで」に広げて見てみます。


 カペラSの傾向 (過去8年の3着までデータから) 2016

<実績> ※3着もまとめて
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのはOP以上が…

「天王山S8着、栗東S9着、オータムリーフS5着、重賞出走無し」のダノンレジェンド
「ベルセウスS4着、霜月S8着、重賞出走無し」のシセイオウジ
「オアシスS4着、重賞は武蔵野S8着」のタイセイレジェンド
「栗東S3着、重賞はプロキオンS5着、武蔵野S13着」の10年時のティアップワイルド
「太秦S4着のみ」のグランドラッチ
「バイオレットS3着、千葉S5着、オアシスS4着、重賞は全日本2歳優駿5着、UAEダービー5着」のビクトリテツニー

次点は「OP2着」。

「重賞初出走」のカジキ
「OP5戦して10、7、7、2、3着、重賞出走無し」のメイショウノーベル

次々点は「OP勝ち」で、重賞が…

「根岸S15着とプロキオンS10着」のキクノストーム
「プロキオンS8着、クラスターC4着」のスノードラゴン
「ダート重賞初出走(ラジオNIKKEI杯7着)」のエーシンウェズン
「根岸S7着のみ(スプリングS15着)」のセイクリムズン
「カペラS6着のみ」のエノク
「重賞初出走」のミリオンディスクとダイワディライト

残り9頭には「重賞連対」があった。
ちなみに「アーリントンC1着、ダートはOP勝ちで、重賞はクラスターC3着のみ」のノーザンリバーがいる。他にも交流重賞連対のみはともに「JBCスプリント連対」だった。



<距離> ※3着もまとめて
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

1200mまでだったのは1400m以上が…

「1400mは霜月S14着のみ」のカジキ
「1400m4戦してオータムリーフS3着、エニフS7着など」のメイショウノーベル
「1400mは橿原S14着、ギャラクシーS4着、プロキオンS11着、1700m1000万5着」のスリーアベニュー

それ以外の21頭には「1400m以上勝利」。
ちなみに「1400m勝ちで、1200m以下初」のタイセイレジェンドと10年時のティアップワイルド以外には「1200m勝ち」があった。



<コース> ※3着もまとめて
「中山連対」11頭、「初出走(芝除く)」6頭。

残りは…

「OP10着のみ」のマルカフリート
「1000万7着のみ」のダノンレジェンド
「芝は連対、ダートはOP6着のみ」のサトノタイガー
「ダートはOP3着のみ」のセイクリムズン
「カペラS6着とOP14着」のエノク
「OP5着のみ」のミリオンディスク
「1600万5着と3着、OP5着」のビクトリーテツニー

中山に連対が無かった馬の内8頭には「阪神連対」があった。残り4頭はは「芝で中山連対」、「中山初で、阪神2000m11着のみ」、「中山3着あり」、「阪神3着あり」。
直線の急な坂はクリアしてほしい。



<脚質> ※3着もまとめて
「逃げ」1頭、「先行」8頭、「差し」10頭、「追い込み」5頭。

600mは32.5(重)、33.3、34.3、34.2、33.7(稍重)、33.0、33.6(重)、32.7(重)。

雨などで馬場の違いはありますが、ペースが遅くなっても、後ろからも絡んでおり、判断が難しい。



<その他>
「人気」は8年で1番人気1連対、2番人気1連対、3番人気4連対。

4番人気3連対、7番人気3連対。残りは5、6、12、13番人気。
上位人気はやや苦戦中。
3着は6、8、2、8、8、5、11、8番人気。



上位人気で4着以下に敗れのは…

「OP以上や重賞が初出走」
「乗り替わり」
「重賞1戦のみ」
「過去の勝ち馬」
「馬体重の18キロ以上増減」
「1200m初出走」
「中山ダート1200m初」
「中山連対なし(高いレベルでの掲示板もなし)」

など。連対馬にも該当するトコロがあり判断が難しい。同日に阪神ジュベナイルFがあるので「乗り替わり」というのは一つ大きい可能性も…。



「上がり3ハロン3番手以内」は8年24頭中17頭。

2010年は1頭も該当しなかったが、他は2頭は絡んでいる。
14年のように「逃げ馬」が該当する場合もあるので、難しさはあるが…。



鞍上では「横山典弘」騎手の2勝3着1回がトップ。

「柴田善臣」騎手の2連対3着1回、「石橋脩」騎手の2連対、「御神本訓史」騎手の1連対3着1回が続く。

阪神ジュベナイルFと同日なので、若手の名前もある。
上位人気で4着以下に敗れた中では「北村宏司」騎手と「柴田善臣」騎手が2回ずつ。鞍上だけで決めるのは危そう。



年齢は…

「5歳」7連対3着2回
「4歳」5連対3着2回
「6歳」4連対3着2回
「7歳」3着1回
「9歳」3着1回

少し5歳が抜けており、「斤量で恩恵のありそうな3歳」や「高齢でも通用すると言われるダートだが、7歳以上」の連対は今の所ない。9歳のマルカフリートは出走数が少なかった。



近いレースでは「東京ダート1400m」の「霜月S組」が相性が良さそう。

…とあげた15年が1~3着まで該当。果たして今年はどうなのか…。
「京都ダート1200m」も絡むが、人気の割にダメなことも。1400mの方が良かったりする。



[PR]
by a_doctrinaire | 2016-12-07 12:16 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23694895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< V4つからですか… チャレンジCの傾向 2016 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
菊花賞の傾向 2017
at 2017-10-17 00:28
平成30年のJRA開催あれこ..
at 2017-10-16 21:33
秋華賞の結果 2017
at 2017-10-16 00:04
秋華賞の予想 2017
at 2017-10-15 09:16
菊花賞出走予定馬の血統 2017
at 2017-10-14 11:33
秋華賞の予想候補 2017
at 2017-10-14 02:36
府中牝馬Sの予想 2017
at 2017-10-14 02:31
府中牝馬Sの予想候補 2017
at 2017-10-13 20:42
秋華賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-13 10:15
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク