朝日杯フューチュリティSの傾向 2016
阪神1600mで行われる2歳GⅠ「朝日杯フューチュリティステークス」。

2013年までは中山開催。91年に2歳牡馬の頂点を決める位置づけとされたが、04年からは牝馬も出走可能に。08年から旧・JCダートの阪神移行にともなって1週延びて3週目に。さらにクラシックへの直結を考えてのホープフルSのGⅠ昇格狙いや中山1600mのコースの公平性や安全性などもあってか…2014年から阪神1600mに。

今年で阪神は3回目なので、「中山1600m時代の10回3着まで」や1週前の阪神ジュベナイルFなどを参考に載せておきます。


 朝日杯フューチュリティSの傾向(過去2年の3着まで+中山時代10年3着まで+α) 2016

<実績>
15年は…
「新馬1着」のリオンディーズ
「新馬1着、デイリー杯2歳S1着」のエアスピネル
「新馬2着、未勝利1着、ききょうS1着、京王杯2歳S3着」のシャドウアプローチ

14年は…
「新馬2着、未勝利1着、ベゴニア賞1着」のダノンプラチナ
「新馬1着、札幌2歳S6着、もみじS1着、デイリー杯2歳S4着」のアルマワイオリ
「新馬4着、未勝利2、1着、いちょうS1着」のクラリティスカイ


中山1600m時代の10回の最低連対ラインは「新馬勝ち」。

該当するのは…

「新馬1着、東スポ杯2歳S4着」のゴスホークケン

ただ、「前走が骨膜のアクシデントで調教不足」の報があった。

次点は「500万勝ち」。

「OP以上出走なし」のアジアエクスプレス、ショウナンアチーヴ、アルフレード
「函館2歳S4着、クローバー賞3着、札幌2歳S4着、」のロゴタイプ
「京王杯2歳S3着」のスーパーホーネット

3着は…
「新馬1着、きんもくせい特別1着」のゴットフリート
「新馬1着、黄菊賞2着、千両賞1着」のリベルタス
「新馬3着、未勝利5着、1着、デイリー杯2歳S4着、500万1着」のダイワバーバリアン

次々点は「OP連対」。

「OP勝ち、札幌2歳S3着、東スポ杯2歳S9着」のマイネルロブスト
「OP2着、小倉2歳S5着、京王杯2歳S3着」のレッツゴーキリシマ
「OP勝ち、東スポ杯2歳S3着」のドリームジャーニー

3着は…
「新馬1着、野路菊S2着、千両賞1着」のウインフルブルーム
「新馬1着、いちょうS1着」のジャリスコライト

※上のクラスに出走があるなら『重賞4着以上』があった。

残り16頭(3着は内5頭)は「重賞連対」。

今年を含めた阪神ジュベナイルFの連対馬では「新馬・未勝利直後」が5頭、「牡馬相手に500万2着」が1頭、「500万勝ち」6頭で、残り8頭が「OP以上連対」(3着は「新馬勝ち」2頭、「500万勝ち」2頭、「OP勝ち」1頭、「重賞連対」5頭。)



【距離】
15年は…
「2000m1着」
「1600m1着、1600mGⅡ1着」
「1200m2着、1着、1400mOP1着、1400mGⅡ3着」

14年は…
「1500m2着、1600m2勝」
「1500m1着、1800mGⅢ6着、1400m勝ち、1600mGⅡ4着」
「1400m4着、1600m2着、1800m1着、1600mG1着」


中山1600m時代の10回で全馬に共通するのは「1400m以上連対」。

1400mまでは10年で

「1400m新馬1着、京王杯2歳S2着」のリアルインパクト
「1200m新馬1着、函館2歳S1着、京王杯2歳S2着」のフィフルペトル
「1200m新馬1着、小倉2歳S5着、ききょうS2着、かえで賞1着、京王杯2歳S3着」のレッツゴーキリシマ

いずれも「1500m以上初」。

3着は…
「芙蓉S7着のみ」のレオアクティブ
「1800m新馬3着、1800m未勝利5着、デイリー杯2歳S4着」のダイワバーバリアン

次点は「1500m勝ち」。

1600m以上が…

「デイリー杯2歳S7着のみ」のグランプリボス
「1800m新馬4着とデイリー杯2歳S3着」のスーパーホーネット

残り22頭(3着が内8頭)は「1600m以上連対」。
1600mが「デイリー杯2歳S2着のみ」のローレルゲレイロ以外は「1600m以上勝利」。

ちなみに「1800mのみ出走で勝利」のコディーノとローズキングダム、「2000mと1800m勝ち」のフサイチリシャールは「1600m以下初」だった。

※1週違いの阪神ジュベナイルFでも「1600m以上勝利」18頭か「1400m勝ちで、1600m以上初」2頭。
(3着だと「1200m勝ち、1400m重賞3着のみ」2頭、1400m勝ち、1600m以上初」2頭、「1600m以上勝利」6頭)。
主要2、3歳戦の中山1600m(旧・朝日杯FS、フェアリーS、アネモネS、ニュージーランドT)と阪神1600m(阪神JF、アーリントンC、チューリップ賞、桜花賞)の連対馬でも(少し阪神の方が1600m勝ちが多くなるが)、どちらも8割近くは「1600m以上連対」で、残りは「1400mか1500m勝ち」。



【コース】
15年は…
「初出走」1着、「阪神勝ち」が2着3着。

14年は…
「初出走」が1着2着、「阪神勝ち」が3着。


中山1600m時代の10回では「中山連対」6頭、「初出走」24頭。

6月開催が東京スタートで、中山は9月からの1ヶ月しか出走が難しい。さらに関西馬の活躍や札幌・東京デビュー組の強さなどもあって、少ないのも仕方なかったかと。

1週前の阪神ジュベナイルF10回でも3着までで「阪神連対」5頭、「初出走」25頭と結果がでている馬は少ない。ただ、走ってダメな場合は直線の急な坂が苦手な場合もあるので気を付けたい。

ちなみにコレが3歳戦になると中山1600mでも阪神1600mでも「3着か1戦以下」はセーフ。



【脚質】
15年は1000m通過が60.0で…
「15番手」が1着、「8~6番手」が2着、「10~6番手」が3着

14年は1000m通過が59.8で…
「12~14番手」の2頭が連対、「7~6番手」が3着


中山1600m時代の10回3着まででは…

「逃げ」2頭、「先行」16頭、「差し」11頭、「追い込み」1頭。

今年を含む阪神JFの10回3着までは…

「先行」6頭、「差し」20頭、「追い込み」4頭。

阪神JFよりもさらに1週過ぎるので馬場を考えても「後ろ中心」と考えるのがよさそう。



【前哨戦】
15年は…
「新馬1着」→「デイリー杯2歳S1着」→「京王杯2歳S3着」
14年は…
「ベゴニア賞1着」→「デイリー杯2歳S4着」→「いちょうS1着」


中山1600m時代の10回では…

「東スポ杯2歳S組(1、9、1、2、4、3、1、2着)」8頭、「京王杯2歳S(1、1、2、1、2、3、5着)」7頭、「デイリー杯2歳S組(1着、2着、1着)」3頭、「札幌2歳S1着」1頭、「新潟2歳S1着」1頭、「旧・いちょうS1着」1頭、「500万特別1着」10頭。

着順は「東スポ杯2歳S組」が不良馬場と急きょ乗り替わりの9着のマイネルロブスト、アクシデントで調教不足4着のゴスホークケン以外は「3着以内」、「京王杯2歳S組」は休み明け5着のマイネルレコルト以外は「3着以内」。

14年から重賞になった「サウジアラビアロイヤルC(いちょうS)」と開催時期の替わってレース間隔が短くなった「デイリー杯2歳S」などローテーションに変化も見られるので、その辺りを注目したい。



【その他】
「人気」は…
15年が2番人気→1番人気→11番人気
14年が1番人気→14番人気→3番人気


中山1600m時代の10回では…

1番人気3連対、2番人気5連対、3番人気2連対。
4番人気3連対、5番人気3連対、7番人気が2連対で、残りは6、10番人気。
3着は5、3、8、2、5、1、4、1、1、1番人気。

中心は「1~5番人気」で、たまに人気薄という感じか。
同じ2歳戦という事もあってか、1週前の阪神ジュベナイルFと同じような傾向となっている。


上位人気で4着以下だったのは…
15年は「新馬1着、中京2歳S1着、小倉2歳S1着、デイリー杯2歳S2着」のシュウジ。脚質もあったと思いますが…。
14年は「新馬1着、札幌2歳S1着」のブライトエンブレム。レース間隔が開いた事あったか。

中山1600m時代の10回では…

「重賞連対の連対率100%」
「2戦2勝や3戦3勝」
「東京スポーツ杯2歳S組」

「後方からの競馬で届かず」
「折り合いを欠く」
「故障」

など。人気を集める要素は分かるが、2歳で未対戦も多く、アクシデントひとつで大きく崩れる事はあるので、注意しておきたい。
ちなみに「東スポ杯2歳S組」や「後方から」は、阪神で中山よりも直線も長く、レースがしやすくなるので、変わってくる可能性もある。



「上がり3ハロン3番手以内」は…

15年が「最速」→「2番手」→「8番手(時計的には6番手)」
昨年が「最速」→「2番手」→「3番手」

中山1600m時代の10回では、連対馬が20頭中15頭、3着馬が10頭中5頭。
同じ阪神1600mの阪神ジュベナイルFは連対馬が20頭中15頭、3着馬は10頭中5頭。

ちなみに阪神ジュベナイルFも朝日杯フューチュリティSも過去10年の3着までが「連対時上がり3ハロン2番手以内」をクリアしている。



「鞍上」は…
15年が「M.デムーロ」騎手→「武豊」騎手→「中谷雄太」騎手
14年が「蛯名正義」騎手→「勝浦正樹」騎手→「岩田康誠」騎手

中山1600m時代の10回では「M.デムーロ」騎手の2勝がトップ。「蛯名正義」騎手の2連対3着1回、「横山典弘」騎手、「福永祐一」騎手、「小牧太」騎手の1連対3着1回が続く。

短期騎手免許もあるが、「海外騎手」が6連対3着3回。


過去10年の阪神1600mの2、3歳重賞の連対だと「M.デムーロ」騎手、「池添謙一」騎手の7連対がトップ。
「福永祐一」騎手の6連対、「四位洋文」騎手の5連対、「蛯名正義」騎手、「川田将雅」騎手の4連対、「武豊」騎手、「戸崎圭太」騎手、「内田博幸」騎手、「藤岡佑介」騎手の3連対が続く。

阪神JF、チューリップ賞、桜花賞、アーリントンCだと同一馬出走が多いので、その影響もありますが…。



中山1600m時代の10回では、出走がある場合、実績と距離の併せ技になりますが…

「1400m以上GⅡ3着以内、1600mGⅢ勝ち、1800mGⅢ4着以内」

がラインでした。

牡馬中心という事を考えると阪神1600mのアーリントンCの

「1400mGⅡ4着以内、1600mGⅢ連対、1800mGⅢ4着か1800mOP3着以内」

に近いモノがありそうで…。

コース変更が影響がでるかもしれないので、今後をチェックしていきたい。



次週にGⅡホープフルSが出来て、メンバーがどうなるのか…。

14年からラジオNIKKEI杯2歳Sがなくなり、ホープフルSがGⅡとなって有力馬が向かう可能性も出てきた。GⅠ昇格を目指してはいるが、旧・ホープフルS時代からメンバーが微妙で、ココ2年もメンバー的に怪しかったので、今後どう変わるか…。

朝日杯FSが阪神に替わって、関東馬がどちらを選ぶか…。ホープフルSがGⅠになれば、距離がやれそうなら、アチラに向かうプランも出てきそう。

それに牡馬は1800m以上の2歳重賞で賞金加算がが出れば、有力馬は来年に備えるケースも多い。今後もメンバーが手薄になってしまうと考えられますが…

個人的には今年のように「牝馬」に期待。

牡馬相手の難しさはあると思いますが、桜花賞と同じ舞台ですので、有力馬が分かれるようになってくれれば、来年の春にも期待が膨らみます。

「最優秀2歳牝馬」の選考が面倒になってくるでしょうが、結局牡馬でGⅠ勝ちが2頭になれば「最優秀2歳牡馬」だってどうすんだ?って事になるので(笑)。


[PR]
by a_doctrinaire | 2016-12-12 12:57 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23704971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ターコイズSの傾向 2016 阪神ジュベナイルFの結果 2016 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク