中山金杯の傾向 2017
中山2000mで行われる古馬ハンデGⅢ「中山金杯」。

西の「京都金杯」と並ぶJRAの年始重賞。「1年の計は金杯にあり!」と競馬ファンが1年の競馬を占う1戦。有馬記念や東京大賞典での負けを取り返そうと「こじらせ」も集結?

今年も3着を載せておきます。


 中山金杯の傾向 (過去10年の連対馬データ+3着馬) 2017

<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OPはアンドロメダS9着のみ、重賞5戦して日経新春杯4着、朝日CC5着など」のカルドブレッサ
「OP以上初」のフェデラリスト

次点は「OP連対」。

「プリンシパルS2着、重賞は東京優駿16着と菊花賞15着」のシャドウゲイト
「カシオペアS1着、重賞は弥生賞3着、皐月賞8着、大阪杯7着」のダイワファルコン

残り16頭は「重賞連対」。内11頭は「重賞複数連対」。

低いトコロでは延ばすと03年に「1000万勝ち」で、「キャリア7戦で1600万6着のみ、OP以上出走なし」のトーアメイウンがいる。

(3着馬も「1600万勝ち」がライン。OP以上が「福島記念4着のみ」のディサイファと「重賞5戦してエプソムC5着や中京記念6着」のトウショウウェイヴ。残り8頭が「重賞連対」。)


<距離>
全馬に共通するのは「1800m以上連対」。

1800mまでだったのは2000m以上が

「弥生賞3着、皐月賞8着、プリンシパルS5着、大阪杯7着」のダイワファルコン
「福島民報杯7着、七夕賞7着(0.4秒差)」のキョウエイストーム

残り18頭は「2000m以上連対」。

1800mまでが11年と12年なので、以前と比べると短めでもやれてくる可能性は出てきた。

(3着も「1800m連対」。該当するのは「2000m以上出走無し」のフルーキー、2000m以上が「東京優駿11着と天皇賞(秋)6着」のジャスタウェイで、残り8頭は「2000m以上連対」。)


<コース>
「中山連対」13連対、「初出走」2頭。

残りは…

「中山金杯6着、AJC杯4着、中山記念4着、オールカマー9着」のマイネルフロスト
「朝日杯FS7着、皐月賞15着、有馬記念12着」のラブリーデイ
「1600万5着のみ」のカルドブレッサ
「芝が1600万3着と4着」のアクシオン
「朝日杯FS7着のみ」のヤマニンキングリー

「1戦か重賞掲示板やGⅠ7着」でセーフ。
コーナーがきつめで、直線に急な坂もあるので、苦手なタイプには厳しいかもしれない。

中山に連対の無かった6頭中5頭には「阪神連対」があり、直線の急な坂はクリアしていた。
残り1頭は「阪神2戦して毎日杯4着と神戸新聞杯8着」のヤマニンキングリー。

(3着は「中山連対」4頭、「初出走」4頭。残りは「セントライト記念11着のみ」のナリタクリスタル、と「未勝利8着、1600万7、9着」のトウショウウェイヴ。コチラは少し崩れてもいい?)


<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」8頭、「差し」10頭、「追い込み」1頭。

1000mは62.3、59.4、59.4、60.6、61.3、61.0、61.9、59.7、62.0、59.8(重)であまり速くならないが、中山は12月も使っている影響か差しも決まる。

(3着は「逃げ」2頭、「先行」3頭、「差し」5頭。)


<その他>
「人気」は1番人気3連対、2番人気4連対、3番人気3連対。

4番人気4連対、5番人気3連対、残りは8、10、11番人気。
ハンデ戦という事もあり、上位人気が微妙だが、「1~6番人気」が8割強。

3着は1、5、1、1、5、5、11、15、9、2番人気。


「上がり3ハロン3番手以内」は10年で15頭。

後方からが多いのだが、先行にも該当馬が多く、良い脚が使える砲がいい。
ただ、最速はココ9年連対しておらず、構えているだけでは×。

(3着は10頭中4頭。)


「ハンデ」は53~58キロで、平均56.275キロ。中央値は56.5キロ。

20頭中10頭が57キロ以上と重めが多い。しかし、脚質は後ろからも多く、他のハンデ戦と比べるとあまり重さが影響しているようには感じ無い。
(3着は54~57.5キロの平均55.55キロ。中央値は55キロ。)

トップハンデは57~58キロ。14頭出走して5連対3着1回とコチラも健闘している。


「年齢」は…

「5歳」6連対
「6歳」5連対
「7歳」5連対
「4歳」2連対
「9歳」1連対

年明け直後という事もあり、他のレースと比べて年齢は高めか。
9歳はアサカディフィートで8歳との連続なので馬次第。
(3着は「5歳」4頭、「4歳」2頭、「6歳」3頭、「7歳」1頭。)


「鞍上」は「F.ベリー」騎手の3連対がトップ。

現役では「川田将雅」騎手と「松岡正海」騎手の2連対が続く。
距離もあってか同日に京都金杯がある割に関西騎手も多め。


連対重賞は「中山」「福島」「阪神」と直線に坂のあるコースが多い。

20頭中13頭が該当し、「重賞初出走」と「GⅠ2戦のみ」の2頭を除くと残りが「朝日CC5着」「毎日杯4着」「鳴尾記念3着」「ラジオたんぱ杯5着」。
「阪神か中山重賞3~5着」なので、その辺りをラインに考えるのも一つか。
(3着も8頭が「阪神、中山、福島重賞3~5着以上」。)


アドマイヤフジやアサカディフィートが「複数連対」している。
ハンデなどもあるが、有馬記念を考えても中山は適性があると「リピート率」は高くなるのかも。


2年ほど前からフルゲート数の変更(最大17頭?)もあるようですが…

平均出走頭数15.8頭で、過去10年で1~15番で「内13:外7」と外が多め(3着も3~12番で「内6:外4」)。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-01 12:12 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23754058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都金杯の傾向 2017 今年もお願いします 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク