日経新春杯の傾向 2017
京都2400mで行われる古馬ハンデGⅡ「日経新春杯」。

過去の上位馬からはメイショウガルーダ、テイエムプリキュア、アドマイヤモナーク、シルクフェイマス、ステイゴールド、メジロブライト、ヒルノダムール、タップダンスシチーなどが「その年のGⅠで連対」している。

 日経新春杯の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは…

「1600万とOP出走なし、青葉賞9着と神戸新聞杯9着」のカポーティスター

次点は「1600万勝ち」で…

「OP出走なし、重賞が京都2歳S3着、毎日杯5着、京都新聞杯8着」のシュヴァルグラン
「OP出走なし、重賞が日経賞6着のみ」のアドマイヤフライト
「OPは白百合S6着、重賞6戦してエリザベス女王杯5着、愛知杯3着など」のメイショウベルーガ
「OPは2戦3着2回、重賞が7戦して青葉賞3着など重賞3着3回など」のトップカミング
「OPはメトロポリタンS12着、重賞出走なし」のトウカイワイルド
「OP以上出走なし」のトウカイエリート

次々点は「OP連対」。

「若葉S1着、重賞は皐月賞9着と東京優駿7着」のアドマイヤデウス
「万葉S2着など、重賞4戦して日経新春杯3着など」のダークメッセージ

残り11頭は「重賞連対」。

GⅡという事もあり、20頭中13頭に「GⅠ5着かGⅡ4着以内」があった。
残りは「重賞出走なし」2頭、重賞出走自体が「GⅢ3着と5着、GⅡ8着のみ」、「GⅠ9着と7着」、「GⅡ6着のみ」、「GⅡ9着2回」、GⅢ連対で「GⅡは15着のみ」。

(3着は「500万勝ち」。それ以上は「1000万8着、旧ホープフルS3着、若駒S6着」のダークメッセージ。次点は「1000万勝ち」で、「1600万以上出走なし」のタガノエルシコ。残り8頭は「重賞連対」。ダートを除くと「芝OP2着、天皇賞(春)4着や目黒記念5着など」のマカニビスティーがいる。「GⅠ5着かGⅡ4着以内」は7頭。残りは「GⅡ以上出走なし」3頭。)



<距離>
最低連対距離は「1600m」。

該当するのは…

「1800m7戦6着など、2000m6戦GⅡ7着など、2400m以上は7戦して日経新春杯3着、アルゼンチン共和国杯4着、ダイヤモンドS6着など」のテイエムプリキュア

軽ハンデで逃げたのもあったが、前年の3着など牝馬ながらに長距離ハンデ戦への出走である程度やれていた。

次点は「1800m勝ち」。

「2000mを4戦してラジオNIKKEI杯3着、2400mが東京優駿8着など」のナムラマース。

コチラは0.6秒差の2着と離されているが、3歳の函館記念以降に長期休養しており、その辺りの影響もある。

次々点は「2000m勝ち」。2200m以上が…

「皐月賞9着と東京優駿7着」のアドマイヤデウス
「皐月賞後の故障で2200m以上出走なし」のダノンバラード
「東京優駿5着と有馬記念6着」のルーラーシップ
「東京優駿9着と菊花賞7着」のヒルノダムール

共に明け4歳で2200m以上への出走が無かったり、GⅠだったり…。

後は…

「2200m勝ち、2400m以上は2600mの1000万特別7着のみ」のメイショウベルーガ
「2300m勝ち、2400m以上が2400mGⅡ2戦9着と2400mの1000万特別4着」の明け4歳カポーティスター

残り12頭は「2400m以上連対」。

ハンデ戦で年始のレースという事もあり、「長めの距離に出走の少ない明け4歳や牝馬」なら連対が無くても可能性はある。

(3着も「1600m勝ち」。「1800mは6戦して小倉大賞典6着など、2000mがフローラS7着、中京記念(旧)16着、愛知杯10着、優駿牝馬11着、万葉S8着」のテイエムプリキュア。「2000m勝ち」で、「エリザベス女王杯8着、2400m500万4着、優駿牝馬6着、みなみ北海道S13着、ステイヤーズS8着」のレッドアゲート。残り8頭は「2400m以上連対」。)



<コース>
「京都連対」18頭。

残りは…

「デイリー杯2歳S7着、シンザン記念3着、鳴滝特別3着」のトップカミング
「1600万の松籟S4着、比叡S3着、古都S8着」のトウカイワイルド

両方とも3着があった。
翌週にAJC杯があるので、輸送が心配な馬はそちらに出走する影響もあるのかと。

(3着は「京都連対」9頭。残り1頭は「GⅠ14着と8着、OP8着と16着」のレッドアゲート。)



<脚質>
「逃げ・途中逃げ」2頭、「先行」4頭、「マクリ差し、差し」14頭、「追い込み」2頭。

1000mは62.0、60.5、60.2、60.4、59.1、60.1、58.9、61.1、60.7、60.5で、長めの距離だがそれほど遅くはならない。

折り合い面もあるとは思うが、上位人気が多い事もあってか差し馬が多い。
(3着は「途中逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」4頭、「追い込み」1頭。)



<その他>
「人気」は1番人気5連対、2番人気5連対、3番人気4連対。

10番人気2連対で、残りは4、5、6、11番人気。
比較的上位人気が多く、ハンデが人気にも影響しているかと。

3着は4、7、4、4、8、1、12、4、12、9番人気。
二桁人気が年2頭はいないが、10年で5回は絡んでおり、人気薄も可能性はある。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で16頭。

後方からが多い事もあるが、前からでも良い脚を使える馬が多い。
人気や実績を考えても、速い上がりを出せる馬を狙いたい。

多くが「連対時に上がり2番手以内3回以上」。
(3着は5頭。)



ハンデは49~58.5キロが連対して平均54.95キロ。中央値は55キロ。

56.5キロ以上は2頭のみなので、重めはあまりお奨めできない。54~56キロが16頭と大半を占めており、その辺りからまず考えてみたい。
(3着は50~58キロで平均54キロ。中央値は54キロ。)

トップハンデは56~58.5キロで述べ12頭で2連対(3着2回)。
馬次第だがやや厳しい。



年齢は…

「4歳」9連対3着3頭
「5歳」7連対3着4頭
「6歳」2連対3着3頭
「7歳」2連対

「充実の明け4歳」と言われるが、ココは明けて間もない事もあってか「5歳」もあまり差が無い。
差はあまりないが、折り合いなどでは5歳辺りで落ち着く馬もいるようなので、4歳というだけで飛びつくのは危い。

ちなみに「牝馬」は10年で3連対3着3回。中距離以上では厳しい感もあるが、直線に坂もないし、ハンデもあってか意外と通用している。



「鞍上」では10年で「C.ルメール」騎手、「福永祐一」騎手、「岩田康誠」騎手の2連対。

現役では後はバラバラ。
(3着は「酒井学」騎手の3回、「武豊」騎手と「藤岡佑介」騎手の2回など。)
基本は同日に京成杯があるので、関西騎手が多くなっている。


10年以上前も入れると3年連続優勝の「四位洋文」騎手、3勝をあげている「武豊」騎手がいる。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-10 00:28 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23770928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 愛知杯の傾向 2017 シンザン記念の結果 2017 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク