紅梅Sの傾向 2017
京都1400mで行われる3歳牝馬OP「紅梅ステークス」。

重賞ではないですが、連対馬からシンハライト、レッドオーヴァル、メイショウマンボ、ローブデコルテ、スイープトウショウ、ダイワエルシエーロ、スティルインラブ、チアズグレイスなど「桜花賞や優駿牝馬の連対馬」が出ており、注目しておきたいので、傾向をアップしておきます。


 紅梅Sの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬から) 2017


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは10頭で…

「新馬1着」のシンハライトとコンテッサトゥーレ
「新馬1着、ファンタジーS4着、白菊賞6着」のワントゥワン
「新馬2着、未勝利1着」のレッドオーヴァル
「新馬1着、阪神JF10着」のメイショウマンボ
「新馬2着、未勝利5、4、1着、阪神JF9着」のマイネボヌール
「新馬5着、未勝利1着、小倉2歳S8着、500万(+32キロ)9着」のモアグレイス
「新馬3着、未勝利、3、13、1着」のシナル
「新馬2着、未勝利1着、フェアリーS4着(旧)」のエーソングフォー
「新馬2着、未勝利2、1着」のエアパスカル

次点は「500万連対」は…

「つわぶき賞2着、OP以上出走なし」のラッフォルツァート
「こうやまき賞2着、ファンタジーS3着」のアドマイヤビジン
「500万2着、札幌2歳S6着のみ」のマラムデール
「白菊賞2着、OP以上出走なし」のワイルドラズベリー
「500万勝ち、OP以上出走なし」のアイアムルビー
「白菊賞2着、阪神JF13着」のチャームポット

残りは「OP以上連対」4頭。

連対馬の阪神JFは7頭で3~18着なので、上位がイイというワケではない。

ちなみに芝が「新馬3着、未勝利3着、13着」のシナル、「赤松賞9着のみ」のアイアムルビーがいるので、「芝で連がなくても、上位や出走が少ないならセーフ」。
(3着は「新馬・未勝利勝ち」が7頭。「500万連対」は1頭、「OP以上連対」2頭。)



<距離>
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

1200mまでの馬は…

「1400m新馬5着(0.3秒差)、1600m500万9着(休み明け+32キロ)」のモアグレイス
「ファンタジーS7着、阪神JF18着」のコウエイハート

残り18頭は「1400m以上連対」。

ちなみに…

「ダート1700m勝ち、芝は1500m3着2回など」のシナル
「1500m1着、白菊賞2着」のワイルドラズベリー
「1600m2着、2着、1着」のエアパスカル
「1800m1着、2着、1600m2着、阪神JF4着」のローブデコルテ

は「1400m以下初」でクリアしている。
(3着は「1200m以上連対」。「1200mまで」は「りんどう賞3着とファンタジーS5着」、「つわぶき賞7着のみ」、「新馬1600m17着のみ」、「阪神JF11着のみ」「かえで賞11着のみ」の5頭。残り5頭は「1400m以上連対」。)



<コース>
「京都連対」10頭、「初出走(ダート除く)」7頭。

残りは…

「ファンタジーS4着と白菊賞6着」のワントゥワン
「ファンタジーS3着と500万9着」のアドマイヤビジン
「ファンタジーS7着のみ」のコウエイハート

重賞1戦か重賞4着以内なので、結果がほしいが特に難しいコースではないと思うので、問題はないのかも。
(3着は「京都連対」3頭、「初出走」4頭。残りは「500万3着とGⅢ5着」、「500万6着のみ」、「500万11着と4着」。))



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」8頭、「差し」10頭、「追い込み」1頭。

800mは46.4、47.5、49.6、47.0(重)、48.4、48.1、47.4、48.0、48.1、46.2、48.3(稍重)。
かなり速くならない限りは二桁番手からは厳しい。
(3着は「逃げ」1頭、「先行」3頭、「差し」4頭、「追い込み」2頭。)



<その他>
「人気」は1番人気5連対、2番人気4連対、3番人気3連対。

6番人気3連対、7番人気3連対で、残りは4、5番人気。
上位人気が半分くらいだが、「1~7番人気」が中心。

3着は6、14、9、2、2、14、4、10、7、2番人気。



上位人気で4着以下に敗れたのは…

「阪神JF組」「OP連対」「1戦1勝」などが多い。

連対馬にも該当しているが、未対戦の馬も多いので、実績だけを信じすぎると危うい。
特に重賞勝ち馬などは、1キロ斤量が重いので近走は苦戦してる。

ちなみに15年は1番人気が故障で競走中止。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で11頭。

以前と比べると減ってきており、脚質もあって早めに動けるタイプの方がいい。
ただ、全馬が「連対時に上がり3番手以内」をクリアしているので、良い脚を使った事はある。
(3着は10頭中7頭。)



「鞍上」は「C.ルメール」騎手の3連対がトップ。

「四位洋文」騎手が2連対で続く。
少し延ばすと「幸英明」騎手、「武豊」騎手、「福永祐一」騎手らが複数となる。
(3着だと連にも名のある「岩田康誠」騎手の3回が複数。他は「池添謙一」騎手、「幸英明」騎手、「福永祐一」騎手らが連と併せれば複数。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-12 00:21 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23774938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< サトノポラリスのデビュー! 京成杯の傾向 2017 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
富士Sの予想 2017
at 2017-10-21 01:06
菊花賞の予想候補 2017
at 2017-10-21 00:24
富士Sの予想候補 2017
at 2017-10-20 00:40
ブレイニーランのデビュー!
at 2017-10-20 00:04
菊花賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-19 14:44
富士Sの傾向 2017
at 2017-10-19 00:01
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
菊花賞の傾向 2017
at 2017-10-17 00:28
平成30年のJRA開催あれこ..
at 2017-10-16 21:33
秋華賞の結果 2017
at 2017-10-16 00:04
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク