若駒Sの傾向 2017
京都2000mで行われる3歳OP「若駒ステークス」。

重賞ではないですが、勝ち馬からはマカヒキ、ディープインパクト、アンライバルドが3歳春にGⅠを勝ち、他にもトゥザワールド、アドマイヤジュピタ、ワールドエース、ヒルノダムール、ルーラーシップ、リンカーンなどが後にGⅠ連対。頭数が少なくなるので、高配当は狙えないが、先々のGⅠのためにチェックしておきたい。

ちなみに08年は1着同着。

 若駒Sの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは明けてすぐの3歳戦らしく「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬勝ち直後」のマカヒキ、アダムスブリッジ、ワールドエース、ルーラーシップ、ジュウクリュウシン
「新馬2着、未勝利3、5、1着、萩S4着、デイリー杯2歳S3着、シンザン記念7着」のノーブルマーズ
「新馬2着、未勝利1着」のストーンウェア、リヤンドファミユ、アインラクス
「新馬3着、未勝利1着、ラジオNIKKEI杯4着」のミヤビジャスパー
「芝は新馬4着のみ。ダートで未勝利1着、もちのき賞3着、500万3着」のマイネルクロップ
「新馬2着、未勝利1着、ラジオNIKKEI杯4着」のヒルノダムール
「新馬1着、京都2歳S3着」のアンライバルド
「ダートで新馬3着、未勝利8、4、3、1着」のモチ
「新馬2着、未勝利1着、ホープフルS4着」のクルサード

の15頭。

次点は「500万2着」。

「新馬2着、未勝利1着、エリカ賞2着、ラジオNIKKEI杯14着」のユニバーサルバンク

次々点は「500万勝ち」でOP以上は…

「OP以上出走なし」のトゥザワールド、ゼロス
「朝日杯FS3着」のリベルタス

残りは「萩S5着、東スポ杯2歳S10着、中京2歳S(1800m時)1着」のメイショウドンタク

「上のクラスに出走なし」か、出走があるなら「OP以上4着以内」がひとつの目安になりそう。

(3着は「新馬勝ち直後」4頭、「500万2着」2頭、「OP1着」2頭。残りは「新馬1着」で「デイリー杯2歳S11着のみ」と「ラジオNIKKEI杯2歳6着のみ」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは「芝は1700m以上出走なし、ダートは1800m未勝利4着(0.1秒差)と5着(0.6秒差)」のゼロス

次点は「1700m勝ち」。

1800m以上が「芝は1800m新馬4着(0.3秒差)、ダートはもちのき賞3着(同タイム)と1800m500万3着(0.2秒差)」のマイネルクロップ

それ以外の18頭に『1800m以上勝利』があった。
ちなみに2000mに出走があった馬は「連対」か「2000mOP3着か4着」、或いは「2000mGⅢ9着」。

(3着も「1600m勝ち」。「1800m以上初」が2頭。2000mに出走があった馬は「連対」が6頭。「初出走」1頭、「ラジオNIKKEI杯2歳S8着のみ」1頭。)



<コース>
「京都連対」10頭、「初出走(ダート除く)」7頭。

残りは…

「OP4着、GⅡ3着、GⅢ7着」のノーブルマーズ
「新馬3着のみ」のヒルノダムール
「萩S5着のみ」のメイショウドンタク

キャリアの少ない明けて間もない3歳馬だが、難しいコースでもないので下のクラスでは結果がほしい。

(3着は「京都連対」5頭、「初出走」4頭。残りは「デイリー杯2歳S11着のみ」1頭。)



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」9頭、「差し」6頭、「追い込み」2頭。

1000mは63.4、61.8、61.0、61.4、65.4(重)、61.0、62.2、61.1、63.6、64.8と、頭数が落ちつくのでペースも遅くなる事が多い。

「最後方」からも来ているが、5頭と7頭立てという事を考えると…。

(3着は「先行」2頭、「差し」6頭、「追い込み」2頭。)



<その他>
1番人気は8連対、2番人気5連対、3番人気3連対。

5番人気3連対で、残りは4番人気。
頭数が5~10頭と少なくなるので、大きな荒れは無い。

3着は3、3、4、4、3、2、5、3、1、4番人気。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で17頭。

頭数も少なく、スローのヨーイドンになりがちなので、「逃げ」でも該当している。
全馬に「連対時上がり3番手以内」、「逃げて3番手2回」のノーブルマーズ、「芝は新馬1戦のみ」のマイネルクロップと「1戦目が3番手、2戦目OP3着で2番手」のアンライバルド以外に「連対時に上がり2番手以内」があった。



出走頭数が5~10頭で平均8.5頭と少ない。

有力馬の出走があると一気に頭数が減るが、1番人気は4勝と頭ではそれほど固くない。
位置取りなどで、あっさり負けたりするので、3連単などで信じすぎるのは危い。




「鞍上」は「岩田康誠」騎手、「福永祐一」騎手の3連対が並ぶ。

現役では「川田将雅」騎手、「池添謙一」騎手などの2連対が続く。
以前は5連勝した武豊騎手の独壇場だった頃もあり、素質馬を任せられる騎手を狙うのもひとつかと。



厩舎は「池江泰寿」厩舎が4連対でトップ。

「角居勝彦」厩舎が3連対、「友道康夫」厩舎と「昆貢」の2連対でが続く。
素質馬を預けられたり、若駒に定評のある厩舎はプラス。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-18 00:50 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23786526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東海Sの傾向 2017 日経新春杯の結果 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク