東海Sの傾向 2017
中京ダート1800mで行われる古馬GⅡ「東海ステークス」。

重賞としては00年から5月でダート2300mGⅡだった。中京の改修にともなって10年と11年、さらに改修後の12年も名前と反してそのまま京都ダート1900m開催。13年から1月に中京開催をねじ込み?、平安Sと入れ替えるカタチでフェブラリーSの前哨戦に。

新しい条件になってからは5回目と少ないので、「フェブラリーSの前哨戦」という意味では出走馬のレベルはある程度維持されると考えて、「実績」や「その他」は「旧・平安S」、ペースや出走馬のレベルは違いますが「コース」と「脚質」は、「1000万以上の新・中京ダート1800m」の連対馬のデータも参考に。


 東海Sの傾向 (過去4年3着まで+αデータから) 2017

<実績>
16年は…
「OP勝ち、重賞6戦してダイオライト記念3着、みやこS4着やレパードS5着など」のアスカノロマン
「1600万勝ち、OP以上はみやこS7着のみ」のモンドクラッセ
「みやこS勝ち、チャンピオンズC4着など」のロワジャルダン

15年は…
「フェブラリーS勝ちや交流GⅠ2勝2連対など」のコパノリッキー
「前年2着、マーチS勝ち」のグランドシチー
「レパードS1着、みやこS1着など」のインカンテーション

14年は…
「JCダート勝ち、平安S勝ちなど」のニホンピロアワーズ
「マーチS勝ち」のグランドシチー
「1600万勝ち、OP出走なし、重賞は平安S12着のみ」のマイネルバイカ

13年は…
「JDD1着、ユニコーンS2着」のグレープブランデー
「武蔵野S1着」のナムラタイタン
「レパードS1着」のホッコータルマエ

「GⅠ」は4頭が「4着以内」、残りは「JCD6着のみ」と「GⅠ出走なし」。

過去10年の「旧・平安S」も「1600万勝ち」(4頭)が最低連対ライン。次点「OP勝ち」(5頭)もそうだが、「上のクラス不出走」や「GⅢ5着のみ」、「GⅢ3着など」でも通用していた。11頭は「重賞連対」。



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上勝利」。

1600mまでだったのは1700m以上が…

「マーチS5着(0.4秒差)、ジャパンカップダート7着(1.4秒差)、東京大賞典4着(1.6秒差)」のナムラタイタン

乗り替わりもあったが、GⅢ1戦とGⅠ2戦と高いレベルである程度やれていた。

残11頭には「1800m以上勝利」があった。

ダート1800m重賞「チャンピオンズC」、「平安S」、「アンタレスS」、「レパードS」、「みやこS」、「ジャパンカップダート」を見ても、ほとんどが「1800m以上連対」。
ただ、ジャパンカップダートのグロリアスノアが「1600m勝ちで、1800m以上がジャパンダートダービー4着とレパードS9着」から2着に絡んでおり、ナムラタイタンのように可能性はある。


ちなみに「新・中京ダート1800m」の「1000万以上(東海S除く)」の連対馬56頭では…

「1400m勝ち、1600m以上が1600m(1000万)4着のみ」のキングズガード
「1700m勝ち、1800m以上は芝2000m新馬5着、芝1800m500万8着」のスズカセレクト
「1400m勝ち、1600m以上がアーリントンC13着とユニコーンS5着」のワイドバッハ

がいるが、53頭は「1800m上連対」。



<コース>
「中京連対」4頭、「初出走」3頭。

残りは…

「チャンピオンズC4着のみ」のロワジャルダン
「チャンピオンズC12着のみ」のコパノリッキー
「東海S5着のみ」のグランドシチー
「故障明け2戦目のOP6着」のグレープブランデー
「500万6着のみ」のホッコータルマエ

中京に連対の無かった8頭中7頭は「東京連対」があり、「左回りをクリア」。残り1頭は左回りは「川崎記念5着のみ」だった。さらに「中山連対」2頭と「阪神連対」4頭、残り1頭は「阪神重賞を含む3着3回など」で、急な坂もある程度はこなしていた。


「新・中京ダート1800m」の「1000万以上(東海S除く)」の連対馬56頭では…

「新・中京ダート連対」23頭、「新しい中京ダート・初」28頭で、残りは「1600万3着のみ」「GⅠ4着のみ」「500万6着とGⅡ3着」「500万5着と6着」「500万5着のみ」「GⅡ5着のみ」と「1戦または掲示板」



<脚質>
16年が「先行」「逃げ」「先行」
15年は「先行」「差し」「追い込み」
14年は「先行」「差し」「差し」
13年は「差し」「先行」「先行」

1000mは62.9、61.2、60.4、60.4。


「新・中京ダート1800m」の「1000万以上(東海S除く)」の連対馬56頭では…

「逃げ」10頭、「先行」28頭、「差し」14頭、「追い込み」4頭。

1000mは59.6~63.6でやや遅くなる事が多い。直線は長くなったが「前が多い」。



<その他>
「人気」は…
16年は4番人気→2番人気→1番人気
3番人気インカンテーションは前年の5月以来の競馬で11着…。

15年が1番人気→9番人気→3番人気
2番人気ナムラビクターはチャンピオンズC2着以来だったが…。

14年が1番人気→3番人気→8番人気
2番人気グレープブランデーはフェブラリーS後は不調だった。

13年が4番人気→8番人気→1番人気
2番人気グランドシチーは後方から届かず。3番人気ハートビートソングもいつもより位置取りが後ろに。


「旧・平安S」は5年で、1番人気4連対、2番人気1連対、3番人気2連対。残りは5、6、10番人気。
ジャパンカップダートが阪神になってからは、上位人気の連対が多くなっていた。



「上がり3ハロン3番手以内」は12頭中9頭。

先行有利もあるが、4年とも勝ち馬は該当しているので、当日良い脚を使えるのはプラス。




「前哨戦」は「東京大賞典(2着、3着、4着)」、「JCD組(6着、5着)」、「チャンピオンズC(4着、10着)」、「みやこS7着」で、OPは3頭で「ベテルギウスS2着」「師走S4着」「フェアウルS2着」、残りは「1600万1着」。



年齢は…

16年が5歳→5歳→5歳
15年は5歳→8歳→5歳
14年が7歳→7歳→5歳
13年は5歳→7歳→4歳

5歳馬や7歳馬が多いので、折り合い的な部分か…。


旧・平安Sでは

「5歳」8連対、「4歳」5連対、「6歳」3連対、「7歳」2連対、「8歳」2連対。



「鞍上」はバラバラ。

勝利騎手は16年「太宰啓介」騎手、15年が「武豊」騎手、14年が「酒井学」騎手、13年が「C.ルメール」騎手。

「新・中京ダート1800m」の「1000万以上(東海S除く)」の連対馬56頭では…

「武豊」騎手の6連対がトップ。「藤岡康太騎手」騎手、「武幸四郎」騎手、「太宰啓介」騎手、「M.デムーロ」騎手、「福永祐一」騎手、「濱中俊」騎手が3連対。


[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-19 00:05 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23788436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< AJC杯の予想候補 2017 若駒Sの傾向 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク