エルフィンSの傾向 2017
京都1600mで行われる3歳牝馬のOP戦「エルフィンステークス」。

重賞ではないですが、3歳GⅠへ有力馬の登場もあるので、傾向をチェックしておきます。

過去の勝ち馬からマルセリーナ、レッドディザイア、ウオッカ、エアメサイア、ファレノプシス、キョウエイマーチ、2着からショウナンパンドラ、アローキャリー、チアズグレイス、ダンスパートナーなどGⅠ馬が出ている。今年は3着もチェックしてみます。


 エルフィンSの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

「新馬勝ち直後」は

ダイアナヘイロー
クルミナル
ナガラフラワー
トーセンソレイユ
ノーブルジュエリー
ヴィクトリーマーチ
レッドディザイア
ポルトフィーノ

「未勝利勝ち直後」は

「新馬2着、未勝利2着、1着」のレッドアヴァンセ
「新馬2着、未勝利1着」のショウナンパンドラ
「新馬2着、未勝利2、10、1着」のエーシンリターンズ

500万以上に出走が無かったのは11頭。

残りは…

「新馬1着、つわぶき賞7着、紅梅S3着」のシャイニーガール
「新馬2着、未勝利1着、アルテミスS3着、フェアリーS8着」のウインプリメーラ
「新馬1着、シンザン記念11着」のサンシャイン
「新馬1着、白菊賞2着、500万5着、紅梅S9着」のフレイムコード
「新馬1着、シンザン記念3着」のマルセリーナ
「新馬1着、ファンタジーS4着、500万4着」のワイドサファイア
「新馬1着、500万1着、紅梅S10着」のラベ
「新馬1着、黄菊賞2着、阪神JF1着」のウオッカ
「新馬1着、紅梅S3着」のニシノマナムスメ

「出走があるなら500万連対、OP以上は掲示板か1戦まで」がラインに。

延ばすと06年に「福寿草特別5着」のサンヴィクトワールと「ラジオたんぱ杯11着、紅梅S10着」のユメノオーラがいる。牡馬相手や距離2000m→1400mの部分もあったが、その辺りでも可能性はある。

(3着は「新馬勝ち直後」2頭、「未勝利勝ち直後」1頭。「紅梅S2着(500万勝ちや500万2着含む)」3頭、「500万勝ち」は「阪神JF6着」や「コスモス賞7着、ファンタジーS4着、阪神JF9着など」。「新馬・未勝利勝ち」でそれ以上が「紅梅S7着」や「ネモフィラ賞6着」もいる。)



<距離>
全馬に共通するのは「1200m以上勝利」。

1200mまでだったのは1400mが…

「つわぶき賞7着と紅梅S3着」のシャイニーガール

次点は「1400m」。

「1600m以上初」のノーブルジュエリーとラベ

17頭は『1600m以上勝利』。

ちなみに「1800m新馬勝ち直後」のクルミナル、ナガラフラワー、トーセンソレイユ、レッドディザイアが「1600m以下初」の「距離短縮」からクリアしている。
1年延ばすと「1800m新馬3着、2000m未勝利1着、福寿草特別5着」のサンヴィクトワールもいる。

(3着は「1400m以上勝ち」。1600m以上が「白菊賞6着のみ」「1600m以上初」「赤松賞9着のみ」。次点の「1500m勝ち」も「コスモス賞7着と阪神JF9着」。残り6頭は「1600m以上連対」。ちなみに「1800m2戦で1600m以下初」が1頭いる。)



<コース>
「京都連対」12頭、「初出走」3頭。

残りは…

「シンザン記念11着のみ」のサンシャイン
「シンザン記念3着のみ」のマルセリーナ
「ファンタジーS4着のみ」のワイドサファイア
「紅梅S10着のみ」のラベ
「紅梅S3着のみ」のニシノマナムスメ

で、「1戦のみ」は問題ない。

ただ、1年延ばすと前述の06年の2頭が「新馬3着と福寿草特別5着」と「4戦して未勝利3着や5着2回など」で、3着はセーフになる。

(3着は「京都連対」8頭、「初出走」1頭。残りは「紅梅S7着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」8頭、「差し」8頭、「追い込み」1頭。

1000mは、62.1、61.4、62.9(重)、60.3、62.9、59.8、61.0、60.9、61.9、59.3と遅め。
頭数は9~15頭の平均11.7頭立て。

ペースもあって前からの方が多め。
(3着は「先行」7頭、「差し」3頭。)



<その他>
1番人気は9連対、2番人気4連対、3番人気1連対。

7番人気2連対で、残りは4、6、8、11番人気。
出走メンバー次第だが、1番人気が強いのでまずはそこからチェックしたい。

3着は3、5、2、4、3、3、5、5、2、4番人気。



4着以下に敗れた1番人気は…

「関東馬で京都初、1400m勝ちで1600mは新潟2歳S10着と赤松賞4着」のラフレーズカフェの8着。後方からの競馬も影響したが、戦前から怪しい感じはあった。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で17頭。

頭数が落ちついてヨーイドンになるので全体的に上がりは速いのだが、連対した逃げ馬も3頭中2頭が該当しており、「上がり上位」が多い。
20頭全馬に「連対時に上がり3番手以内」。その内、「1戦のみ」の3頭を除く17頭が「連対時に上がり2番手以内。
(3着は10頭中4頭。)



「鞍上」は現役で「四位洋文」騎手の3勝3着1回がトップ。

「武豊」騎手の2勝2着1回3着1回、「岩田康誠」騎手」1勝2着2回3着1回、「池添謙一」騎手の1勝2着1回3着1回が続く。
ちなみに、牝馬で好成績と言われる「福永祐一騎手」だが、すでにお手馬がいたりする影響か3着止まりで連がない…。



過去10年で連対はすべて「関西馬」。

3着でも14年のチョコレートバインのみ。
近い時期にクイーンCがあり、長距離の輸送もあって関東馬の出走自体が少ない。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-01-31 00:01 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23811927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東京新聞杯の傾向 2017 根岸Sの結果 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク