東京新聞杯の傾向 2017
東京1600mで行われる古馬GⅢ「東京新聞杯」。

春のマイルGⅠ安田記念と同じコースで行われる。11年からシルクロードSと入れ替わってココへ。過去の勝ち馬からはローレルゲレイロ、スズカフェニックス、アドマイヤコジーン、キングヘイローらが後にGⅠ馬になっている。左回りのGⅠに出走するタイプは注目したい。


 東京新聞杯の傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「1600万勝ち」。

該当するのは…

「OP以上はキャリア2戦目の京都新聞杯12着のみ」のヴァンセンヌ
「OP7戦3着2回5着2回、重賞はシンザン記念6着、中山記念7着、マイラーズC8着」のキングストリート
「OP以上不出走」のアブソリュート
「OP以上京都金杯12着のみ」のリキッドノーツ
「OP以上が朝日CC4着、富士S4着、京都金杯5着」のスズカフェニックス

次点は「OP連対」。

「皐月賞13着、七夕賞4着、朝日CC3着、毎日王冠13着、鳴尾記念6着」のキャプテンベガ

重賞への出走が少ない場合は「重賞掲示板」で通用する事も。

残り15頭は「重賞連対」。

近年は以前と比べて重賞連対が増えている。出走メンバー次第だが、ココから始動する有力馬が多くなっている。

(3着も「1600万勝ち」。「OP10着と5着、重賞スプリングS9着と阪神C9着」と「OP15着、重賞はマイルCS3着と阪神C5着」の2頭。次点は「OP2着」で「重賞は朝日杯FS8着と鳴尾記念5着」。残り7頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1600m以上連対」。

ただ、1600m2着までだったのは「1600m以上がいずれも重賞で、朝日杯FS2着やNHKマイルC2着など重賞4連対」のローレルゲレイロ。
早い時期にOP入りしており、条件戦レベルならマイル勝ちがありそうだった。

それ以外の19頭は「1600m以上勝利」。

15頭は「1800m以上連対」があり、残り6頭は「東京1600m勝ち」か「1600m重賞勝ち」、或いは「東京1600mGⅠ2着」。
少し長い距離かマイル重賞で結果がほしい。

(3着も「1600m以上勝利」。8頭に「1800m以上勝利」があり、残りは「東京1600m勝ち」と「東京1600mGⅠ10着のみ、1800m以上が2400mGⅠ15着のみ」。)



<コース>
「東京連対」18頭。

残りは…

「芝で6戦して京王杯2歳S5着や京王杯SC4着、パラダイスS3着など」のコスモセンサー
「毎日王冠13着のみ」のキャプテンベガ

高めのレベルで走れているか出走が少なかった。
ちなみに前者は「新潟勝ち」、後者は「中京勝ち」で「左回りはクリア済み」。左回りが苦手な馬もいるので気をつけておきたい。

(3着は「東京連対」6頭、「初出走」1頭。残りは「プリンシパルS15着のみ」「NHKマイルC10着と東京優駿15着」「青葉賞7着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行」7頭、「差し」9頭、「追い込み」1頭。

800mは48.4、48.3(稍重)、46.1(重)、47.6、46.9、45.6、46.6、47.2(不良)、46.5、46.5。
東京は2週目で、あまり速くならないので先行勢もくるが、直線が長い事もあって後ろからでも通用する。

(3着は「先行」6頭、「差し」4頭。)



<その他>
「人気」は、1番人気は2連対、2番人気3連対、3番人気2連対。

5番人気4連対、6番人気2連対、8番人気2連対で、残りは4、7、9、13、15番人気。
上位人気が苦戦しており、人気薄が2割以上と荒れ気味。

3着は11、1、5、4、7、2、6、9、12、5番人気。



上位人気で4着以下に敗れた馬は…

「東京1600m重賞連対」
「マイルCSからの直行」
「海外遠征帰りやスプリンターズSから」
「金杯上位馬か上位人気」
「差し、追い込み」

辺りが多く、連対馬にも該当しているケースもあるので判断が難しい。

東京1600mは人気を集める要素では決まらない事が多いので、気を付けたい。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で12頭。

不良馬場にならない限りは上がり自体は速いが、直線長さの割には少な目。
開幕週の頃の方が該当している馬が多かった。
(3着は10頭中4頭。)

1週遅れて「先行が増えた事」や「最速が減った事」と繋がっている。



年齢は…

「6歳」7連対
「5歳」6連対3着6頭
「4歳」5連対3着4頭
「7歳」2連対3着1頭

少し6歳が抜けているが、3着も見ると「4~6歳が中心」。
ただ、「上位人気で4着以下」は「4歳」10頭、「6歳」6頭、「5歳」4頭なので、「5歳が有利?」。



鞍上は…

「岩田康誠」騎手、「蛯名正義」騎手、「田中勝春」騎手の2連対で、あまり騎手では狙いにくい。
2011年から日曜開催で同日に重賞があるので、その辺りも影響があるのかと。

所属は「東8:西12」となっているが、騎手は「東12:西6:海外2」。
(3着は「東2:西8」で、騎手は「東5:西3:海外2」。)



同じ距離とコースの重賞では、富士Sよりは堅いが、安田記念より荒れる。
メンバー次第だが、「東京1600m」は人気馬が敗れる事も多く、通常人気を集める要素が結果に結びつきにくい。

流れや位置取りなどの影響が大きいのかと…。



別定だが、58キロ以上は苦戦中…。



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-01 00:58 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23813979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< きさらぎ賞の傾向 2017 エルフィンSの傾向 2017 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク