きさらぎ賞の傾向 2017
京都1800mで行われる3歳GⅢ「きさらぎ賞」。

過去の連対馬からサトノダイヤモンド、リーチザクラウン、スマイルジャック、アサクサキングス、メイショウサムソン、ネオユニヴァース、ダンツフレーム、ナリタトップロード、スペシャルウィーク、ダンスインザダークなどが「東京優駿(日本ダービー)で連対」。さらに皐月賞2着と菊花賞2着のドリームパスポートやロイヤルタッチ、故障で菊には出走は叶わなかったが皐月賞2着のワールドエースがいる。3着や4着からもオルフェーヴル、ハーツクライ、ウインバリアシオン、シックスセンスなど「3歳GⅠと結びつきが強い」レース。


 きさらぎ賞の傾向 (過去10年の連対馬データから) 2016


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは

「新馬2着、未勝利2着、4着、1着」のマズルファイヤー
「新馬1着、エリカ賞5着、福寿草特別4着」のヒストリカル
「新馬1着、エリカ賞3着、福寿草特別3着」のトーセンラー
「新馬11着、未勝利1着」のリキサンマックス
「新馬2着、未勝利2着、2着、1着」のネオヴァンドーム


次点は「500万勝ち」。

「OP以上不出走」のサトノダイヤモンド、ルージュバック、バンドワゴン、レーヴドリアン、リクエストソング
「アイビーS7着のみ」のレプランシュ
「OP以上はシンザン記念3着のみ」のタマモベストプレイ
「不利があってラジオNIKKEI杯5着のみ」のアサクサキングス
「全日本2歳優駿3着のみ」のレインボーペガサス

残りは「OP連対(OP勝ちは1頭)」4頭と「重賞連対」2頭。

1週延びた影響もあってか以前と比べると「500万3着や4着」や「未勝利勝ち直後」が絡んでおり、出走メンバー次第では、その辺りで通用するようになってきている。

(3着は「未勝利勝ち直後」が4頭。「未勝利勝ち」で「ホープフルS10着とビオラ賞6着」1頭。「500万連対」が3頭で「OP以上出走なし」「ラジオNIKKEI杯5着のみ」「札幌2歳S9着、萩S8着、朝日杯FS7着」。残り2頭は「重賞連対」。)



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

ただ、1600m以上が…

「シンザン記念3着のみ」のタマモベストプレイ

次点は「1600m勝ち」。1800m以上が…

「東スポ杯2歳S3着と若竹賞3着」のスマイルジャック

残り18頭には「1800m以上勝利」があった。
ちなみに「2000m勝ち」のサトノダイヤモンド、ヒストリカル、レーヴドリアンは「1800m以下初」で連対している。

(3着は「1600m勝ち」が3頭で、いずれも「1800m以上出走なし」。残り7頭は「1800m以上連対」。ちなみに「200m勝ちで、1800mは新馬3着のみ」がいる。)



<コース>
「京都連対」14頭、「初出走」6頭。

ただ、1年延ばすと「萩S4着のみ」のメイショウサムソンがいる。

特に難しいコースでもないと思うので、条件戦くらいはクリアしてほしい。
(3着は「京都連対」7頭、「初出走」2頭。残りは「新馬5着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」5頭、「先行」6頭、「差し」7頭、「追い込み」2頭。

1000mは59.8、61.6、59.9(稍重)、62.2、61.7、60.2、60.4、61.7、60.8、61.7と速くならない。
その影響もあり、「逃げ馬」の率が他重賞と比べて高い。ペースが速くても、後続が離れすぎて届かず、粘っているケースもある。
後方からもいるが、出走頭数が8~15頭の平均10.3頭と少ないので、頭数が多い時は奨めにくい。

特にオルフェ―ヴル、ブラックシェル、ハーツクライなども後方からの競馬で連を外しており、人気馬も結構取りこぼす…。



<その他>
「人気」は1番人気は6連対、2番人気4連対、3番人気2連対。

4番人気2連対、5番人気3連対、8番人気が2連対。残りは6番人気。
「1~8番人気」で決まっているが、頭数を考えると「上位人気はそれほど安定していない」。

3着は2、3、6、3、2、2、6、10、7、4、7番人気。



上位人気で4着以下に敗れたのは…

「キャリア1戦」
「距離実績なし」
「後方脚質」
「休み明け」

などで、「不安要素」もあった。
未対戦馬が多く、過剰人気や状態などにも気を付けたい。展開も悪くなるケースも多いので、本来の実力は出せない事も。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で16頭。

逃げ馬が多く、後方からの取りこぼしなどを考えると妥当だが、仕掛けるタイミングがポイントに。
もちろん、逃げて速い脚で逃げ切るケースもあり、勝ち馬は10頭中9頭が該当しており、使えるに越したことはない。

20頭中19頭が「連対時に上がり2番手以内」。2戦して唯一の連対が逃げだったリキサンマックス以外が該当。



鞍上は「武豊」騎手が3連対でトップ。
「和田竜二」騎手、「M.デムーロ」騎手、「O.ペリエ」騎手の2連対ずつが続く。

後はバラバラだが、以前も多く武豊騎手が絡んでいた。
(3着は「池添謙一」騎手の2回。他は「武豊」騎手、「M.デムーロ」騎手など連に名のある騎手も。)
同日に東京新聞杯があり、近年は有力馬の出走も増えており、影響も出てきそう。



「連対馬で掲示板を外した馬」が少ない。
10年20頭をみても「アイビーS7着」のレプランシュと「1400m新馬11着」のリキサンマックスのみ。

さらに「新馬戦かOP以上のレース以外で3着を外している馬」も少ない。
休み明けの「未勝利4着」のマヅルファイヤーとヒストリカル以外は「未勝利や500万で4着以下が無かった。

メンバー次第にはなるが、「キャリアも少ない」し、「出世レース」と言われるだけに、ある程度「素質」が必要なのかと。
(3着は「新馬6着、朝日杯FS8着」のアッシュゴールド、「京王杯2歳S10着」のオルフェーヴル、「ホープフルS10着、ビオラ賞6着」のエンブリオ、「札幌2歳S9着、萩S8着、朝日杯FS7着」のヤマニンキングリーがいるので、あまり気にしなくても良い。)



10年で20頭中19頭は「関西馬」。

「関東馬」はルージュバック1頭と少なく、3着を入れても関東所属は30頭中2頭。
翌週(以前は前週)に共同通信杯があるので、その影響もある。




[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-02 00:05 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23815932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東京新聞杯の予想候補 2017 東京新聞杯の傾向 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク