クイーンCの傾向 2017
東京1600mで行われる3歳牝馬のGⅢ「クイーンカップ」。

このレースで賞金を加算して、トライアルを使わずに「桜花賞へ直行」する馬も多い。以前は良くて3着が多かったが、2011年から1週早く行われると2年連続で勝ち馬が本番で2着した。

連対馬からはメジャーエンブレム、ミッキークイーン、ヴィルシーナ、ホエールキャプチャ、アサヒライジング、ダイワエルシエーロなど3歳牝馬GⅠで連対するような馬も出ることがあるので、チェックしておきたい。

13年は3着が同着だった。今年は3着もチェックしてみます。


 クイーンCの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

該当するのは…

「新馬2着、未勝利1着」のミッキークイーン
「新馬3着、未勝利1着、フェアリーS5着」のスイートサルサ
「新馬1着のみ」のライムキャンディ


次点は「500万連対」。OP以上が…

「500万2着、OP以上出走なし」のフロンテアクイーン
「500万1着、阪神JF3着のみ」のフォーエバーモア
「500万1着、阪神JF6着のみ」のマジックタイム
「500万1着、OP以上出走なし」のキャットコイン、ヴィルシーナ、カタマチボタン
「500万1着、阪神JF4着のみ」のイチオクノホシ
「500万1着、コスモス賞10着のみ」のディアジーナ
「500万1着、京成杯4着のみ」のリトルアマポーラ

次々点は「OP勝ち」。

「新潟2歳S11着」のプリンセスメモリー

残り7頭は「重賞連対」。

20頭中12頭には「OP勝ちか重賞5着以内」。
残りは6頭が「OP以上出走無し」、後は「GⅠ6着のみ」と「OP10着のみ」。

(3着は「新馬・未勝利勝ち」。「新馬勝ち」は「阪神JF8着のみ」「フェアリーS4着のみ」「500万以上出走なし」。「未勝利勝ち」は「アルテミスS15着、菜の花賞3着」。次点は「500万勝ち」で、「阪神JF10着のみ」。次々点は「OP連対」で、「500万勝ち、OP2着、フェアリーS3着」2頭と「重賞出走無し」1頭、「地方馬で中央がクローバー賞3着と京王杯2歳S6着」1頭、「重賞はファンタジーS3着と阪神JF6着」1頭。「重賞連対」1頭。)



<距離>
全馬に共通するのは「1400m以上勝利」。

1400mまでだったのは1600m以上が…

「阪神JF4着のみ」のイチオクノホシ
「新潟2歳S11着のみ」のプリンセスメモリー

残り18頭には「1600m以上連対」。
内「デイリー杯2歳S2着、阪神JF7着、シンザン記念5着」のライラプス以外には「1600m以上勝利」。

ちなみに「1800mと2000m勝ち」のヴィルシーナが「1600m以下初」で連対がある。

(3着は「1400m勝ち」。1600m以上が「阪神JF10着のみ」と「阪神JF6着のみ」。残り8頭には「1600m以上勝利」があった。ちなみに「1800m勝ち、阪神JF8着のみ」がいる。)



<コース>
「東京連対」10頭、「初出走」9頭。

残りは…

「赤松賞3着のみ」のディアジーナ

左回りは得手不得手があるので、数を走ってダメなら怪しい。

「初出走」の内3頭は「左回り連対あり」、残りは「左回り初」。

(3着は「東京連対」2頭、「初出走」6頭。残りは「500万8着と11着」「500万7着のみ」「京王杯2歳S4着のみ」。)



<脚質>
「逃げ」1頭、「先行」10頭、「差し」9頭。

1000mは57.8、58.9、61.0(稍重)、60.3、62.7、60.2(稍重)、59.2、60.8、60.2、59.4。
直線が長いので後ろからでも通用するが、ペースが速くならない限り『前が止まりにくい』。
(3着は「逃げ」1頭、「先行」4頭、「差し」6頭。)



<その他>
「人気」は1番人気6連対、2番人気4連対、3番人気4連対。

4番人気2連対。残りは5、7、8、10番人気。
「1~6番人気」が8割と比較的人気サイドが多く、年に1頭は上位人気が2着に1頭絡んでいるので、まずはその辺りから選びたい。

3着は6、1、5、2と8(同着)、6、4、2、8、4、2番人気。



1番人気で4着以下に敗れたのは…

「東京1600m連対」
「中山1600m連対」

が多い。連対馬にも該当するが「新潟連対」や「京都や阪神連対」のみで連対するので、「関東マイル連対だけ」を理由に狙うのは危い。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で14頭。

直線が長いコースなので、良い脚を使える馬は有利だが、脚質もあって該当しない馬もいる。
全馬に「連対時に上がり3番手以内」があり、「1戦1勝で2番手から先頭の競馬で上がり3番手」のライムキャンディ以外は「連対時に上がり2番手以内」。

勝ち馬の9割が「2着より前で競馬で優勝」しており、先に動いて勝つ方が多い。
(3着は11頭中5頭が該当。「4戦上がり3番手以内なし」のジーニマジック以外に「連対時に上がり2番手以内」がある。)



「鞍上」は「蛯名正義」騎手の4連対がトップ。

現役では後はバラバラ。関東の騎手が多いが、関西所属は馬の割に騎手も多い。他の関東のレースに比べると関東馬に関西騎手が騎乗する印象が…。
(3着は「四位洋文」騎手の2回が複数。)



所属は「関東16:関西4」。

関西馬は出走自体が少ないので難しいが、長距離輸送が無いという事を考えても関東馬にホームの利があると考えてもいいかと。
(3着は「関東6:関西4:地方1」。)



「馬番」は「6番」と「9番」が4連対と好相性。

「2番」「4番」「14番」「15番」が2連対ずつ。
ちなみに枠は「内8:外12」と外目が多い。

(3着は「1番」「10番」「14番」が2回ずつ。枠は「内5:外6」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-09 00:00 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23829363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< クイーンCの予想候補 2017 共同通信杯の傾向 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク