フェブラリーSの傾向 2017
東京ダート1600mで行われる古馬GⅠ「フェブラリーステークス」。

その年にJRAで行われる初めてのGⅠ。97年にGⅠに昇格して21回目。12月にチャンピオンズCができ、ドバイ遠征もあり、交流GⅠが整備されたこともあって、いいメンバーが揃うという印象はあまりなくなってきた。

3着は別記事「フェブラリーS3着の傾向 2017」にします。


 フェブラリーSの傾向 (過去10年の連対馬データから) 2017


【実績】
最低連対ラインは「ダート重賞勝ち(交流含む)」。

ただ、「重賞1勝のみ」だったのは…

「重賞2戦して武蔵野S3着と根岸S1着」のモーニン
「兵庫チャンピオンS1着のみ」の14年時のコパノリッキー
「JDD1着、武蔵野S11着、浦和記念3着、川崎記念3着」の10年時のテスタマッタ
「ピーターパンS1着、BCクラシック12着、JCD6着」のカジノドライヴ

いずれも4歳で、重賞の出走が少なかった。

次点は「重賞勝ち+重賞連対」。

「東京優駿18着、JDD1着、JBCクラシック2着、JCD8着、東京大賞典3着、川崎記念3着」のサクセスブロッケン
「重賞6戦してGⅢ2勝、南部杯3着(東京開催)など」のシルクフォーチュン

4歳でGⅠにしか出走しなかった前者はいいとして、6歳の後者は少しメンバー的に恵まれた感は残る…。

残り14頭には「重賞勝ち+重賞2連対以上」。
内9頭は「重賞勝ち+重賞4連対以上」と高い実績。

20頭中15頭は「GⅠ連対(ダートGⅠ初1頭含む)」。
後は「GⅠ出走無し」のモーニンと14年時のコパノリッキー、「JCD14着とチャンピオンズC10着」のインカンテーション、「GⅠ1戦してマイルCS南部杯3着」のシルクフォーチュン、「BCクラシック12着とJCD6着」のカジノドライヴ。



【距離】
全馬に共通するのは『1600m以上勝利』。

1600mまでは

「1800m以上出走無し」のモーニン

1800mまでだったのは1900m以上が

「出走無し」のインカンテーション、シルクフォーチュン、10年時のエスポワールシチー
「BCクラシックのみ」のカジノドライヴ

次点「1870~1900m」は2000m以上が

「不出走」のコパノリッキーとトランセンド

残り13頭には「2000m以上連対」があった。

中央ダートGⅠは2戦しかなく、中距離を得意とする馬もココへ出走してくる事も多かった。直線も長いし、少し長い距離でやれている方がいい。



【コース】
「東京ダート連対」16頭、「初出走(芝連対含む)」1頭。

残りは…

「500万4着のみ」のインカンテーション
「武蔵野S6着のみ」のトランセンド
「ジャパンカップダート(東京開催時)10着のみ」のフリオーソ

インカンテーションは2年以上前の初関東遠征時、トランセンドは1年以上前のレースで出遅れもあり、フリオーソは4年も前のレースに加え、地方馬で中央ダート出走が初めてだった。

3頭共に「3歳時の成績1戦のみ」で、「左回り連対」があった。



【脚質】
「逃げ」1頭、「先行」11頭、「差し」7頭、「追い込み」1頭。

1000mは58.4、60.0、60.6、58.6、58.7、60.1、59.2、58.8(稍重)、59.1、58.9(不良)。

時計の速さや直線の割に「前が残る」。
2頭とも後ろだったのは07年(不良馬場)と12年で、出走メンバー的に微妙な感はあった。



【前哨戦】
「川崎記念(1、1、3、3着)」4頭、「東京大賞典(5、5着)」4頭、「東海S(1、3、1着)」3頭、「根岸S(1、3、1着)」3頭、「旧JCD(1、1着)」2頭、「チャンピオンズC2着」1頭、「旧・平安S」1頭、「1600万1着」1頭、「フェアウェルS9着」1頭。

着順は「GⅠ5着以内」、「GⅡとGⅢは3着以内」がメイン。「1600万勝ち」のカジノドライヴは海外GⅡ勝ちでローテーション的にやや例外。「フェアウルS(OP)」9着のコパノリッキーは長期離脱明けの2走目なので崩れていたのも仕方なしかと。

ちなみに前哨戦としての「旧・平安S」は「東海S」に、12月のGⅠ「JCD」は「チャンピオンズC」に変わっている。



【その他】
「人気」は1番人気5連対、2番人気3連対、3番人気4連対。

5番人気2連対、7番人気2連対で、残りは4、6、9、16番人気。
14年の16番人気コパノリッキーは、過去にベストウォーリア(3番人気)に圧勝していたのだが、長期の故障離脱から復帰2戦で復調気配も見えなかったのが影響していた所もあった。

通常時は「1~7番人気」中心で、大きく荒れる事はあまりない。



上位人気で4着以下に敗れたのは…

「初ダート」
「後方からのレース(出遅れ含む)」
「距離不安」
「競走中止」

などで、故障などレース中の事に関しては仕方がない部分もあるが、戦前から怪しい馬もいた。
過剰人気になるケースには注意したい。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で15頭。

さすがに「逃げ」は該当していないのだが、「先行の多さ」の割には該当馬が多い。
実績馬は2番手の競馬でも上がりが速くなるので、力のある馬なら前からでも脚は使える。



「年齢」は…

「4歳」6連対
「5歳」7連対
「6歳」3連対
「7歳」2連対
「8歳」2連対

ダートという事もあり、高齢馬も絡んでいるが「2着止まり」で、「勝ち馬」が「5歳」5勝、「4歳」3勝、「6歳」2勝と、やはり中心は「4歳と5歳」。



「鞍上」では「幸英明」騎手3連対がトップ。


現役では「M.デムーロ」騎手、「武豊」騎手、「岩田康誠」騎手、「内田博幸」騎手の2連対が続く。
馬同様に関西所属の騎手が多い。



20頭中10頭が「東京ダート重賞連対」。

残りは「東京ダート重賞」が…

「1戦のみ」4頭
「出走無し」5頭
「5戦してフェブラリーS4着や5着など」1頭

「実績+コース」の併せ技で「東京ダート重賞」もチェックしたい。



需要はなさそうですが…

フェブラリーSなどは『生粋のダート戦ではないっ!』。

枠にもよりますが「スタートして短くても150mほどは芝」を走る。
10年で20頭中8頭が『芝連対』があるのも頷(うなづ)ける。

残りは「芝不出走」、「3戦未勝利5着など」、「新馬5着のみ」、「地方馬で共同通信杯7着とスプリングS11着」、「東京優駿18着のみ」、「芝4戦未勝利6着2回など」「新馬4着、未勝利7着、毎日杯7着」と、出走が少ない事が多い。


さらに「芝とダートの境目がコースに対して斜め」になっており、「外の方が芝を走る距離が長い」。

内外は30mほどらしいが、先行争いや走破時計に影響を及ぼしてもおかしくない。
10年で勝ち馬は「内3:外7」で「外が多い」。

芝部分でのアドバンテージがある方が結果が出やすいと考えてもよさそう。



「所属」は「関西17:関東2:地方1」。

関東馬は輸送は少ないし、騎手も慣れていると思うのだが、関西馬が優勢。今後は芝のように関東馬の活躍馬も多くなってくるのか…。




[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-13 10:00 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23857294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フェブラリーS3着の傾向 2017 共同通信杯の結果 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
セレクトセール2017の1歳..
at 2017-06-29 02:16
CBC賞の傾向 2017
at 2017-06-28 00:06
ラジオNIKKEI賞の傾向 ..
at 2017-06-27 00:04
宝塚記念の結果 2017
at 2017-06-26 00:01
宝塚記念の予想 2017
at 2017-06-25 02:46
宝塚記念の予想候補 2017
at 2017-06-24 02:06
宝塚記念の枠順決定! 2017
at 2017-06-22 15:44
宝塚記念3着の傾向 2017
at 2017-06-21 10:08
宝塚記念の傾向 2017
at 2017-06-20 00:06
ユニコーンSの結果 2017
at 2017-06-19 00:25
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク