京都牝馬Sの傾向 2017
京都1400mで行われる古馬牝馬GⅢ「京都牝馬ステークス」。

2015年までは1600mで1月の3~5週に行われていたが、ターコイズSの新設(昇格)やそれにともなう愛知杯の左遷によって、距離1400mへと短縮して最終週に移った。コレによって(どちらが先か分からないが)阪神牝馬Sは1400mから1600mに距離延長となっている。

距離短縮の影響もあって、「牝馬の高松宮記念前哨戦」という一面が…。

1ヶ月ほど後の開催となりますが、実績などはそのままで…。距離が短縮されるので、京都1400m重賞のスワンSとファンタジーSや近い時期の斑鳩Sを参考に載せておきます。


 京都牝馬Sの傾向 (距離短縮後の3着まで+1600m時10年データ+α) 2017


<実績>
2016年は…
「フィリーズR1着、秋華賞2着」のクイーンズリング
「クイーンC2着」のマジックタイム
「チューリップ賞2着、京都金杯1着」のウインプリメーラ


15年までの10年の最低連対ラインは「1000万勝ち」。

該当するのは…

「1600万とOPへ出走なし、重賞はシンザン記念4着、フィリーズR5着、NZT6着、ローズS5着」のドナウブルー

次点は「1600万連対」。

「1600万勝ち、OPはパラダイスS5着、重賞は7戦して府中牝馬S6着や京都牝馬S6着など」のゴールデンナンバー
「1600万2着、OPは忘れな草賞10着のみ、重賞はローズS16着と愛知杯4着」の10年時のヒカルアマランサス
「1600万勝ち、OP以上不出走」のベストロケーション

次々点は「OP連対」。

「白百合S2着、重賞はチューリップ賞6着、ローズS3着、秋華賞10着」のウリウリ
「忘れな草賞1着、重賞は優駿牝馬10着、ローズS6着、秋華賞15着」のザレマ

残り14頭は「重賞連対」。内9頭が「重賞勝ち」、4頭が「GⅠ連対」。



<距離>
2016年は…
「1400~2000m連対」
「1400~1800m連対」
「1600~1800m連対で、1400以下初」


京都1400mの重賞であるスワンSとファンタジーSの過去10年では…

スワンS
「連対20頭中19頭に1600m以上勝利、残り1頭は1400m勝ち」
ファンタジーS
「連対20頭中13頭は1400m以上連対、残り7頭は1200勝ち」

近い時期の京都1400mの1600万の斑鳩S過去9年連対18頭(08年は雪でダート開催)では…

「1200mまで」1頭、「1400mまで」5頭、「1600m以上連対」12頭。


ちなみに1600m時の過去10年では「連対20頭全馬が1600m以上連対、19頭は1600m以上勝利」。



<コース>
2016年は…
「京都連対」「初出走」「京都連対」


15年までの10年の連対馬は「京都連対」16頭、「初出走」2頭。

残りは…

「秋華賞16着と京阪杯5着」のハナズゴール
「秋華賞4着、エリザベス女王杯5着2回」のアドマイヤキッス

京都重賞で5着以内をクリアしており、特に難しいコースではないのでこなせて不思議は無い。


スワンSとファンタジーSの過去10年では…

スワンS
「京都連対」15頭、「初出走」1頭。残りは「菊花賞6着と4着」「4戦GⅡ7着2回」「3戦GⅢ9着など」「新馬10着とOP9着」
ファンタジーS
「京都連対」6頭、「初出走」10頭。残りは「デイリー杯6着か7着」4頭。

特に難しいコースではないので、あまり気にする必要はなさそう。



<脚質>
2016年は…
「先行」「差し」「差し」。800mは46.9(重)。


スワンSは…
連対は「逃げ」5頭、「先行」8頭、「差し」7頭。
800mは46.2、46.1、46.4、46.8(稍重)、46.7、45.3、46.3、46.1、45.4、45.2(稍重)。

ファンタジーSは…
「逃げ」4頭、「先行」10頭、「差し」5頭、「追い込み」1頭。
800mは47.3、47.7、47.3、45.8、45.9、45.9、46.6、46.5、48.9、45.6。

京都1400mの斑鳩S9年(08年は雪でダート開催)は…
「逃げ」1頭、「先行」8頭、「差し」9頭。
800mは47.5(稍重)、46.1、45.8、47.5、47.9、46.8、47.6、45.6、47.5(重)。


ちなみに1600m時は…

「逃げ」2頭、「先行」6頭、「差し」9頭、「追い込み」3頭。



<その他>
2016年の「人気」は…
1番人気→6番人気→3番人気

1600m10年の人気は…

1番人気6連対、2番人気4連対、3番人気全滅。
5番人気2連対、7番人気2連対、9番人気2連対で、残りは4、6、8、15番人気。

スワンSは「1~4番人気」が13頭で、二桁人気も1割ほど絡んで荒れる事も。
ファンタジーSは「1~4番人気」が5割ほどだが4番人気率が高く、二桁人気は1.5割。



「上がり3ハロン3番手内」は
2016年は…「3番手タイ」「2番手」「5番手(タイをのぞくと4番手)」


距離は変わるが1600mの10年で14頭。

1400m重賞は、10年でスワンSは9頭、ファンタジーSが10頭。
最終週になるので、馬場の良し悪しもポイントになりそう。



鞍上は「M.デムーロ」騎手→「柴山雄一」騎手→「川田将雅」騎手

1600m時の10年は「浜中俊」騎手の3勝がトップ。
「M.デムーロ」騎手と「岩田康誠」騎手の2連対が続く。

スワンSでは「福永祐一」騎手3連対、「浜中俊」騎手、「四位洋文」騎手、「池添謙一」騎手の連対など。
ファンタジーSは「川田将雅」騎手の3連対で、後はバラバラ。


「年齢」は…
2016年は4歳→5歳→6歳

1600m時の10年では…

「4歳」7連対
「5歳」7連対
「6歳」6連対

若い方が多いが、特に抜けている感はないので、6歳くらいまでは侮れない。



別定戦だが、賞金やクラスで52~56キロと背負う斤量が違う。

人気や結果に結びつく事が多いので、その辺りには注意したい。



距離は変わるが、1600m時はドナウブルー、ショウリュウムーン、ヒカルアマランサス、ウイングレットなどが複数連対しており、「リピート率」は高めだった。

2年連続もあれば、隔年もあるので、狙い過ぎると危ういか?
あくまで京都1600m時の傾向なので、1400mになって開催月も変わってどうか…。




[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-15 13:28 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23861641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小倉大賞典の傾向 2017 ダイヤモンドSの傾向 2017 >>


競馬重賞の傾向と嵐世記や太閤立志伝4などのゲーム
検索
最新の記事
菊花賞の予想 2017
at 2017-10-22 09:53
富士Sの結果 2017
at 2017-10-22 02:54
ブレイニーランのデビュー戦
at 2017-10-22 01:25
富士Sの予想 2017
at 2017-10-21 01:06
菊花賞の予想候補 2017
at 2017-10-21 00:24
富士Sの予想候補 2017
at 2017-10-20 00:40
ブレイニーランのデビュー!
at 2017-10-20 00:04
菊花賞の枠順決定! 2017
at 2017-10-19 14:44
富士Sの傾向 2017
at 2017-10-19 00:01
菊花賞3着の傾向 2017
at 2017-10-18 00:02
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク