アーリトンCの傾向 2017
阪神1600mで行われる3歳GⅢ「アーリントンカップ」。

過去の上位馬からはミッキーアイル、ジャスタウェイ、ディープスカイ、ローレルゲレイロ、ロジック、ウインクリューガー、タニノギムレット、エイシンプレストンなどが後にGⅠ馬になっている。

ちなみに07年以降は改修されてコースが変わっており、改修後は今年で11年目。


 アーリントンCの傾向 (過去10年の連対馬+3着馬データから) 2017


<実績>
最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。

ただ、該当するのは…

「新馬1着、ジュニアC3着」のヤングマンパワー
「ダート新馬2着、未勝利3着、4着、1着、500万8着と3着(芝は初)」のキョウエイバサラ

次点は「500万勝ち」で、OP以上が…

「萩S3着、東スポ杯2歳S9着、シンザン記念6着」のレインボーライン
「ラジオNIKKEI杯5着とシンザン記念3着」のタガノグランパ
「OP以上不出走」のコパノリチャード、ノーザンリバー、ザタイキ
「すずらん賞3着、デイリー杯2歳S5着、京王杯2歳S3着、シンザン記念4着」のカオスモス
「京王杯2歳S3着、シンザン記念7着」のオリービン
「新潟2歳S13着、ききょうS4着、京王杯2歳S5着」のコスモセンサー
「クローバー賞2着、コスモス賞3着、いちょうS11着」のマイネエルフ
「朝日杯FS9着のみ」のエーシンフォワード

「GⅠ1戦」「重賞初出走」「重賞3~5着」が多い。

残りは「OP以上連対」8頭。うち5頭が「重賞連対」。

(3着も「新馬勝ち直後」1頭で、他の「新馬勝ち」では「+きさらぎ賞7着」や「+京都2歳S4着ときさらぎ賞9着」。「未勝利勝ち」は500万以上が「シンザン記念5着」。次点の「500万連対」は「野路菊S4着、萩S3着」や「京王杯2歳S3着など」「シンザン記念9着」「OP以上出走無し」。残りは「OP勝ち」と「GⅡ勝ち」。)



<距離> 
全馬に共通するのは「1400m以上連対」。

1400mまでだったのは…

「ラジオNIKKEI杯5着とシンザン記念3着」のタガノグランパ
「芝は不出走、ダート1400m2着」のキョウエイバサラ
「朝日杯FS9着のみ」のエーシンフォワード

次点は「1500m連対」。

「ダート1400m勝ち、芝は1500m2着と1600mは1戦して未勝利3着」のノーザンリバー

残り16頭は「1600m以上連対」。

※1400mが多いが、改修後は直線が延びた影響もあってか「1600m以上連対」の比率が上がってきている。

(3着は「1200m以上勝利」。1200mまでは、1400m以上が「シンザン記念9着のみ」。次点は「1400m」で「1600m以上初」と「新潟2歳S3着と朝日杯FS5着」。残り7頭は「1600m以上連対」。ちなみに「1800m2戦」や「2000m3戦」で「1600m初」が2頭3着になっている。)



<コース> 
「阪神連対」9頭、「初出走」8頭。

残りは…

「ラジオNIKKEI杯5着のみ」のタガノグランパ
「未勝利3着のみ」のノーザンリバー
「ききょうS4着のみ」のコスモセンサー

いずれも「1戦のみ」。

(3着は「阪神連対」3頭、「初出走」7頭。)



<脚質>
「逃げ」3頭、「先行、マクり差し」13頭、「差し」2頭、「追い込み」2頭。

1000mは59.1、60.8、58.8、60.7、61.1、59.1、59.6、59.2、58.4、58.9で、平均より速いが開幕週なので「実際の時計よりも遅い」と考えている方がいい。
直線が長くなって、かなり後方からでも通用するが頭数が13頭以下の時。開幕初日という事もあって「前が強い」。
(3着は「逃げ、途中逃げ」3頭、「先行」1頭、「差し」5頭、「追い込み」1頭。)




<その他>
1番人気4連対、2番人気3連対、3番人気2連対。

4番人気2連対、5番人気3連対、9番人気3連対で、残りは6、11、12番人気。
堅めの年と人気薄が絡む年とマチマチ。

3着は7、7、6、4、6、5、8、3、10、3番人気


上位人気で4着以下だったのは…

「キャリア2戦以下+(今までよりも後方の競馬)」
重賞3戦以内やOP勝ちの後の「朝日杯FS組」
京成杯からの「距離短縮」
連対のない「距離延長」
ダート4戦4勝からの「芝初出走」
長距離輸送が初めてだった「初関西」
「連対率100%」

などがあげられる(朝日杯FSが14年から阪神になったので変化が出てくる可能性も)。

連対馬にも該当している場合もあるが、馬券圏内から外れている方が多いので、「人気馬の見極め」が重要かと。未対戦の馬も多い上、「この時期は3歳GⅠに向けての『新星誕生』に期待する傾向が強い」ので、気を付けたい。反対にOPに対する実績軽視も…。



「上がり3ハロン3番手以内」は10年で14頭。

直線が長くなったが、先行勢が多い割に該当している馬は多い。
ただ、改修後の方が上がり3番手が最も多くなっており、早めに動くタイプがいい。
(3着は10頭中6頭。)



「鞍上」は「M.デムーロ」騎手と「福永祐一」騎手の3連対ずつが複数。

現役では他はバラバラ。
他には「武豊」騎手は6勝をあげており、上記の2人も少し延ばしても連対があるので、相性は良い。



10年で5回馬券に絡んでおり、「逃げ」が多め。

旧コースでは有利であり、しかも開幕週もあって多かったが、改修後も3頭が58.8と58.4と59.6のペースで「逃げ」て勝っており、数は減っているが相性は悪くない。
3頭ともに「スタート直後の100mほどでハナ」に立ち、「単騎で逃げ」ている。さらに2頭は「1600m新馬を0.4秒差以上の差をつけて逃げ切り勝ち」があり、「逃げる素質」を持っていたのかと(1頭は2戦目の未勝利で初逃げ0.8秒差勝利)。

ゲートを開くまで展開は分からないが、新馬戦で良い逃げ勝ちの馬がいたら狙ってみてもいいかも…。



過去10年で連対は「1~14番」で「内14:外6」と「内が多い」。

「馬番」は「3番」「6番」「12番」が3連対、「2番」「8番」が2連対ずつ。
開幕週に加えて、頭数が10~16頭で平均出走頭数が12.9頭なので、内が多くなるのも仕方ない…。
(3着は「内5:外5」。)



[PR]
by a_doctrinaire | 2017-02-21 00:18 | 競馬(傾向) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://desktheory.exblog.jp/tb/23872229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中山記念の傾向 2017 フェブラリーSの結果 2017 >>


競馬重賞の傾向とMHP3rd、太閤立志伝4やレトロゲーム
検索
最新の記事
画像一覧
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
記事ランキング
ブログジャンル
リンク